スポンサードリンク

東京23区東部に住んでいます。

小さな区です。

しかしおそらく、住宅地というより会社が多い地域、区だからなのか、
子供とピクニックをするような大きな公園や施設が、あまりありません。

そのため、近隣の区にお世話になることになります。

その中でも特に、

【荒川区】にお世話になっていることが多いと、最近気づきました。

いまのマンションは2LDK、76㎡ほどです。

広さは問題ないのかもしれませんが、
いかんせんどうにも、10年後には確実に、
部屋数が足りないことになりそうです。

いまの家は気に入っているので長く住みたいんですが、
とはいえ子供たちの学校のことを考えると、
長男か次男、どちらかが小学校に上がるタイミングで
広い家に引っ越すのが良いかね~、

と夫婦で話していました。

 

もし引っ越すなら、戸建で車とセット、
もしくは広めのマンション?
どうせなら荒川区?

ということで荒川区や近隣の区のマンションや戸建ての
相場や条件などを、少しネットでリサーチしました。

そしてたどり着いた、某サイト(東京に家を持とう)では、
個人情報を登録しないと物件情報が見れず、
メールアドレスと名前を登録しました。

するとすぐに、営業の人からのメールが来ました。

まあ、そこまでは想定内ですが、
これまた何度も何度も、
物件情報のPDF添付付きで、
何度も何度もメールが来ます。

しかもそのメールもまた、うまいこと書いてあります。

 

「私XX(名前)をうまく使ってください!」
「物件のご紹介以外でも、ローンや税制面のご相談にも対応可能です。」
「見当違いかもしれませんが、取り急ぎの物件情報をお送りします。」

 

なんて、なんともちょうどいい距離感、
絶妙な言い回しを多用しています。

そしてそれが、毎日来ます!

いやいやいや、私は4年とか5年後の引っ越しを検討していて、
いますぐ物件紹介してほしいわけじゃないの~、

と思い無視していても、
4通も5通もけなげにメールをいただくと、

一度くらい返信しなきゃ申し訳ない、と思うわけです。

IMG_1427

返信用の文面を書いている途中で、ハッと気づきました。

ダメダメダメダメ…

まんまとはまるところでした。

人は、お店の人や営業の人などに、
予想以上にいろいろとやってもらうだけで、
なんだか【お返し】したくなったり、
【お返し】しなきゃいけない、と思うことが多いそうです。

 

『こんなにいろいろしてもらったんだから、買わないと申し訳ない。』

 

本来であれば、お店の人も営業さんも、
買ってもらうように仕向けることがお仕事なので、
いろいろしてもらったからと言って、
【お返し】する必要はないはずです。

私の場合、あり得そうだったシナリオは…

何度もメールいただいて申し訳ないからと返信します。

メールで返信するからには、ある程度の事情を書きます。
4、5年後に引っ越しを予定している、とか、
子供がふたりいる、とか、
いまの家では部屋数が足りない、とか。

そうすると、とりあえず、と言って
定期的に希望に合うような物件情報をメールで受け取ることになり、

そのうち『これは!』と思うような
良さげな物件に出会ってしまい、
引っ越しの時期を早めてしまい、
期せずして出費の時期を早めることになる、という感じでしょうか。

まさにそれが、某不動産会社(東京に家を持とう!)の
営業さんの狙いです。

彼はそれが仕事なのです。

お店の人や営業さんにいろいろやってもらったから、
『お返し』の意味でも買ってあげる、という行為は、

買った本人も買ったことに満足できることが多いと、
私は思います。

買った本人も満足で、もちろん買ってもらったほうも嬉しいなら、
双方ハッピーということで何も悪いことはないんですが、

そんな感情論で買うものや買う時期を決めてしまうには、

【家】はちょっと高すぎる~

お洋服や家電、くらいだったら別にいいんですけどね~

ということで皆様、
気をつけなはれや!

あ、結局まだ、返信していません。
まだまだメールが来るのですが。
『うざい』と思えたほうがまだ良いんですよね、きっと…

 

にほんブログ村テーマ ワーキングマザーへ
ワーキングマザー
↑参考になります。

↓ランキング参戦中!クリックしてくだされ~

ブログランキング・にほんブログ村へ

RECOMMEND