スポンサードリンク

 

平日は、旦那のご飯は作りません。

理由は、単に時間がないからということと、

時間や段取りをやりくりして作る負担の大きさと、

『精神的な見返り』が見合わないからです。

大変な思いして作っても、お礼もなければ「ごちそうさま」すら言われない、

「もはや電子レンジと同じ扱いですか?」

みたいな感じだったので。

そして先日書いた、↓記事による理由も相まって、平日の旦那のご飯は作らないことにしました。

 

彼は会社の帰りにコンビニで買ってきたり、食べて帰ってきたりしています。

 

しかし何事にも光と影があり、表と裏があり、

年月も経ち、私も旦那も変わり、お互い様案件だという結論に至りました。

というのも、息子ふたりと2LDKマンションに住む我が家ですが、

間取り的に子供の成長に合わせて引っ越ししたほうがよさげです。

無理すればこのまま行けるのかもしれませんが、

『できれば避けたい無理』のレベルだと私は思っています。

なので次のマンションなのか戸建てなのか、買わなきゃね~、と話すのですが、

その点が旦那にとっては

『精神的な見返りが見合わない』と感じていたそうです。

 

今住んでいるマンションの頭金は、旦那が払いました。

頭金と言っても、サラリーマンではなく個人事業主の彼が払わなければいけなかった頭金のその額は、

2千万円です。

それだけ頭金として払わないと、ローンが組めませんでした。

当時の私には、貯金はほとんどありませんでした。

そしてその2千万がどこから来たかというと、それまでに彼が汗水たらして働いて、

【妖怪 貯金男】(=もはや人の域を超えた貯金体質)となってコツコツ貯めたお金です。

その大事な大事な2千万を、私を含めた家族のために

ドゥォ~リャ~!!!!と払ったのに、

大したお礼も言われず、ご飯すら作ってもらえないなんて、全然見合わない。

しかも俺が大変な思いして買った今のマンションを買い替えるなんて軽く言って、

また次の家も買わされて、なんだかなー!!!オレってなにー!?

というのが彼の気持ちでした。

かと言って、

「じゃあ次の家は私が買うね」

ということではなく、むしろ求めているのは

いま買った家や、そのために払った彼の犠牲と努力に対する【ねぎらい】と、

『買ってよかった』『買ったかいがあった』と思わせてくれるなにか。

それが彼にとっては、会社から帰って出迎えてくれる家族と、

【手作りのご飯】だったのです。

 

彼にとって、ご飯を作ってもらえるというのは、とても大きな意味を持つことなのですね。

それを言ったら私だって、私のために誰かがご飯を作ってくれるなんて

『極楽か?』って感じですが、

彼も毎日作ってほしいと言っているわけではないので、

【お互い様案件】はお互いが歩み寄ることでしか解決しないわけで。

 

これまで作っていた週末のご飯の後、

「あれ?オレ『ごちそうさま』言ってない?

ごちそうさま。美味しかった、ありがとう!」

と言うように気を付けているようなので、

私もできる限り彼のご飯を作って『おかえり』してあげようかなー、どうしようっかなー…

という感じです。(ウソウソ、たまに作ろう、と思ってます)

 

かと言ってね、

うちの旦那の望むメニューって片手で足りるバリエーションで、

カレー

生姜焼き

焼きそば

シチュー

チャーハン

…みたいな。

「あと餃子も!」

って言うと思います。

 

 

↓をクリックいただけると、ブログランキングのポイントが入ります。

登録がなくてもどなたのクリックもポイント対象です。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

いつも応援ありがとうございます。

みなさまなくして今日の私はありません。本当に感謝しています。

コメント一覧
  1. しーちゃん より:

    おはようございます!www
    みゆきさんには共感しまくりですよ!
    それこそ成仏しないネタも数々ございますし、
    休日の夕方には度々散髪の予約もぶっこまれますし、
    私はこれが好き!とあからさまにプレゼントの内容を
    指定しても、彼好みのモノをプレゼントされます!笑。
    「察する」には程遠い感じですね~。
    でも、みゆきさんの旦那様と同じで素直なところがあり、
    ケンカすると自分から謝ってくれたりもします。
    私の方が全然素直ではないです。
    お互い様案件も確かにありますね~。
    今晩は餃子にしようかなー。もちろん市販品で!笑

    • みゆき より:

      しーちゃんさん、またしても共感いただきありがとうございます。
      共感は大好物でございます。共感できます、と言われるだけでHPが増えます。
      しーちゃんさんの旦那さんも素直なんですね。素直さではうちの旦那もなかなかのものです。
      私も見習わなきゃな、とたまに思います。
      素直さって、たまに無敵ですよね。
      餃子はもはや、手作りする意味が見出せません。だって市販(冷凍)が十分美味しく、安く、かつ簡単で、作ったほうが美味しくないってどういうこと?みたいな成熟したエリアなので、もう数年前から冷凍一本です!
      それでも焼くだけで、『手づくり枠』ですから、最強!

  2. とら より:

    手作りのご飯かぁ、どこまでも母の影がちらつきますね。
    みゆきさんは、命をはって旦那さんのこどもを妊娠し、出産しているわけですよね?しかも二回も。そのために自分のキャリアの変更を余儀なくされてます。もちろん自分の意思でこどもがほしいと言うのもあるかと思いますが、他の男性を選ぶのもありなのに旦那さんを選んであげたんですよね。
    この辺はたかが2000万円の頭金くらい払ったくらいでは足りないかと。
    で、実際そのままいうと溝が深まる人もいるので、そのくらいの気持ちでどーんと構えて交渉したらどうでしょうか。

    • みゆき より:

      とらさん、その妊娠、出産の件は、私も彼に実際言いました。
      「その私の労力とリスクに対する対価は?」と言ったら無言でした。
      「それを言うなら洗濯1回いくら?ごはん1回いくら?子供の分は半額負担で1回いくら?」
      とやったら、「そう言われるとそうなっちゃうね…」としぼみました。
      要は気持ちの問題なんですよね、お互いに。
      日々のねぎらいや労わりという形にならないもの、それさえあれば、頭金も妊娠も、笑って喜んで犠牲を払えるんでしょうね。
      それがわかっていても、なかなかうまくいかないのが夫婦ってもんでしょうか。。

  3. たままん より:

    みゆきさんこんにちはー
    お互いさま…ですよね、なんですけどなかなか気持ちがついていかず、、、
    うちは旦那と「私がこれしてあげた」「俺はこれだけしてあげた」の応酬を繰り返してます。
    うちの旦那は料理以外は私より家事スペック高い&気がつくので最近は「私はあなたのお母さんじゃないのよ」と言われてます。
    心の中で「はー??」ですが。
    不毛な戦いとはわかっているんですが
    うちはまだまだ続きそうです…

    • みゆき より:

      たままんさん、不毛な戦いになりがちです、うちだって。。
      なんで夫婦だと、不毛な戦いになってしまうんでしょう。
      他人だから?毎日一緒にいるから?
      見返りを求めない無償の愛、って、もう少し簡単なのかと思っていたんですが、こと夫に対しては、なんでこんなにも、というくらい難しいのです。
      息子のためならこんなに簡単なのに。
      それもお互い様なんでしょうね。
      ここまで難しいのに、なんであえて一緒にいなきゃいけないのか、そこも人類の謎。

コメントを残す

旦那のことの関連記事
RECOMMEND