スポンサードリンク

 

長男4歳、次男がもうすぐ2歳になります。

いま思うとあっという間ですが、

やっとふたりとも、少し手がかからなくなってきました。

 

ちょっと前まで次男には、朝起きてすぐや、保育園から戻ってすぐなど、

しばらく座って抱っこ~という時間が必要でしたが、

いまではもう抱っこの時間も限られてきました。

大分しゃべるようになってきて、

お互い言葉で意思疎通が図れることが増えました。

 

何度も言いますが、いま思うとあっという間ですが、

0歳、1歳児はやっぱり大変ですね。。

もう1回最初からやるなんて、やっぱり私には考えられません…

ああ、ふたりで限界…

3人、4人と育てるお母さん、ガチで尊敬します。

 

 

4歳と1歳ということで、

あと4年は保育園に通うことになります。

 

知り合いの方は5歳違いで3人のお子さんがいて、

保育園に15年通ったと言われて、チョーびっくりしました。

スゲー

 

 

さて、

私にとって保育園通いと言えば…

 

 

 

『靴を脱ぐこと』です。

 

 

だって、会社で働くようになって、

家以外で靴を脱ぐことって滅多になくないですか?

 

靴は朝一度履いたら、夜帰るまで脱がない、

という生活を15年ほど続けた後の保育園通いだったので、

 

『え?靴脱ぐの?』

 

と一瞬たじろぎ、すぐに『そりゃそーか』と納得しました。

 

保育士さんも、仕事中は靴下、もしくは上履き、ですもんね。

 

 

やっぱり足が包まれている部分が多いからなのか、

ロングブーツってヒールがあっても、

パンプスよりは少し歩きやすいじゃないですか。

しかも暖かい。

 

だから、大好きだったんですよね、ロングブーツ。

だから冬は、毎日のようにロングブーツを履いていました。

 

そう、保育園通いが始まるまでは…

 

 

それでも最初のほうは、頑張って履いて行っていたものです。

しかしなんせ、

ロングブーツは脱いだ時がチョー不恰好。

保育園の入り口に、中身の抜けたロングブーツが

【ダラリン】と取り残されている図は、なんとも格好悪いものです。

 

それだけならまだしも、

なんと言っても、着脱が面倒すぎなので、

チョロチョロする園児×2がいる状態で履く、というのは

『キーッ』となりすぎるので、

泣く泣くロングブーツは諦めました。

いまではもっぱら、

『手を使わずに履ける靴』に甘んじています。

次男がもう少し大きくなったら、

手を使わないと履けない靴でも行けそうですが、

いずれにしても【靴の着脱】からは逃れられないので、

ロングブーツはしばらくお預けです。

 

会社の女性たちが毎日のようにロングブーツを履いているのを見て、

 

「そっかぁ…保育園行かない生活だったら履けるんだった」

 

とふと思い出した次第です。

寒いですね。

 

にほんブログ村テーマ ワーキングマザーへ
ワーキングマザー

↓のバナーをクリックいただけるとブログランキングのポイントが入ります。

登録がなくても、どなたのクリックも対象です。よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

いつも応援いただき本当にありがとうございます。

みなさんの役に立つ記事を書けるよう頑張ります。

RECOMMEND