スポンサードリンク

 

旦那と付き合い始めて初めての彼の誕生日。

私の好きなブランドの男性用のお財布を選んで買っておき、

バースデーケーキを予約して、

「はっぴぃば~すで~とぅ~ゆぅ~♪」

とやりました。私の部屋に泊まりに来た時に。

「お誕生日おめでとう!」

とプレゼントを渡しました。

 

…ん?いまいち反応が薄いぞ?

すると彼は、

「…ありがとう。これはこれで嬉しいんだけど、

プレゼントはお互い欲しいものを教え合って買うもんじゃない?」

「そーいうもんなの?」

 

後日知ったのは、彼はサプライズというものが

ちっとも嬉しくないのだということ。

結婚して一緒に住み始めて、新婚さんで、

週末の朝に、私が近所の美味しいパン屋さんでパンを買って、

スクランブルエッグとかソーセージとか、サラダとか、

ちょっと浮かれた朝食を作って彼を起こすと、

ん…?起きない…

ぜんっぜん、起きない…

午後になって起きてきて、ひとりでテレビを見ながら、温めなおしたご飯を食べて、

何も言わない…

 

子供ができて、旦那ひとり留守番で、私が子供と公園や買い物に行って、

帰ってきたときにマンションの下からインターフォン鳴らして、

「パパー!」って子供にやらせてオートロックのカギを開けてもらうとか、

そういう【ちょっかい】というか【じゃれ合い】みたいなもの、

私にとっては小さな【愛情表現】の一種なんだけども、

旦那はそれを、どちらかというと【面倒なもの】と捉えるようです。

 

『なんでカギ持ってるのに、わざわざ俺を動かしてカギ開けさせるの?』

みたいな。

 

私にとっての【愛情表現】や【愛情、愛着を伝え合う方法】が、

旦那とはことごとく、ことごとく、合いません。

今となっては知っているので驚きませんが、

彼にとっての私→彼への愛情表現は、

好きな時に好きだけ寝かせてくれて、身の回りの世話をしてくれること。

 

そして彼→私への愛情表現は、

必要なもの、欲しいものを買ってくれること。

そしてその金額の大きさが、愛情の大きさ、です。

 

こればっかりは仕方がないというか、

どちらも正解でも不正解でもないし、良いも悪いもない、

価値観の問題です。

だから仕方がない、と納得しています。

 

ただ、その違いを認めるたびに、

なんだかなぁー…、うまくいかないもんだなぁー…と思います。

もったいない、というか、こう、もう少しうまく噛み合ったら、

お互いもう少し楽に気分よく過ごせるのにな、と。

お互いある程度好きで結婚した者同士、

忙しい中でその【愛情】が、もう少し効率よくお互いに通じ、届いたら、

それはとても幸せなことだよなぁ、と。

生物学的には、違う相手こそ【正しい】相手なのかもしれませんが。

 

友人やら姉やら、私の【愛情】が、意図した形で効率よく伝わる相手がいるのに、

いちばん近くにいる人間には伝わらない。

「ママは俺には優しくない」と言われました。

そう言われると私としては、

「うーん…そか」としか言えなくて、

彼の思う『私からの愛情表現』を、できる時にするしかないわけで。

彼の歩み寄りを感じる時もあるし、でも私と同じように、的はズレがちです。

 

いや、敢えて違いに目を留めるとこういうことがあるだけで、

私たちには似ているところもたくさんあるので、

文句を言っているわけではなく、ただただ、事実を書いているだけなのです。

違うからこそ、お互いを補い合えるのも事実ですし。

 

違いを知り、違いを受け入れ、その違いを愛することが、

こんなにも難しいことだったとは。

こと、夫婦の間だと。。

でも、

「難しいよねぇ~」

と当の旦那と言い合い、

「うん、難しい」

と、その部分で共感しあえただけで、少し波立ちは収まるんですよね。

そこでも旦那は「そお?」って言うんでしょうが。

 

 

↓をクリックいただけると、ブログランキングのポイントが入ります。

登録がなくてもどなたのクリックもポイント対象です。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

いつも応援ありがとうございます。

みなさまなくして今日の私はありません。本当に感謝しています。

コメント一覧
  1. ようこ より:

    わたしは、正直ママ友と子連れで公園とかホームパーティとかする方がウキウキします。
    旦那含め家族で公園も幸せではあるもののウキウキはしません。

    お姉さんとお出掛けのが、みゆきさんは楽しかったりしませんか?
    旦那さんが家族で一緒に出掛けたいときだけでもいいかもーと思いました。
    無理して頑張って合わせるの、お互い疲れちゃうから適度に距離をおいたほうがいいような…
    そうしてるうちに、旦那さんが歩み寄ってくれるかもしれませんよ

    • みゆき より:

      ようこさん、ウキウキか…確かにウキウキと言われると、姉と出かけるほうがウキウキします。
      それって頻度の問題なんでしょうか。旦那とはいつも一緒に公園に行っているから、旦那でもたま~にだったらウキウキするのかな。
      距離を置きたいのは山々なんですよね。おそらく距離があるほうが、一緒にいたときに仲良く楽しいと思います。
      でも、旦那が行きたいときだけだと、さすがにひとりで二人連れて行くのはキツイしなー
      ま、でも、それこそ価値観なので、お互いがお互いの喜ぶことを、できる範囲でやることで、思いやりや労いを伝える、それしかないんですよね、きっと。

  2. 千晶 より:

    わかります。私の夫も似たタイプです。こちらが何かを頑張ったとしても、全般的にリアクションとか、感動が薄いです。
    持論ですが、男女共にリアクションが大きい人はモテますよね。リアクションで相手を満足させられるかななのかなと思っています。

    みゆきさんが紹介していた、「キレる男と懲りない女」を読んで、目から鱗でした。
    義務を果たすのが、男性の愛情とは・・・。

    • みゆき より:

      千晶さん、そうなんですね。千晶さんのところも似た感じなんですね。それはそれは…お察しします。
      リアクション薄いですよねー
      かと思うと、全然わからないところにひとりでテンション上がってたり。
      合わないなー、っていつも思います。

      「キレる男と…」は、私もウロコがたくさん落ちました。
      愛情、そんだけ?と思いましたよ。。

コメントを残す

旦那のことの関連記事
RECOMMEND