スポンサードリンク

 

何度も言いますが、子供って遺伝の影響が半分だそうです。

そしてその遺伝の影響は、年を取るごとに大きくなるそうです。

いまの私の性格の半分は、親からもらった遺伝子の影響。

 

残りの半分は、子供同士の仲間環境の中にある、とのこと。

その詳細や証拠となる研究に関しては、ご興味のある方は↓の本など読んでみてください。

 

 

つまり、子育てに関して無駄にガッカリしたりイライラしたりしないためには、

家の中でどう育てるかにこだわるのではなく、

子供の環境選びにこだわったほうが合理的だということ。

 

環境選び、つまり学校選び、もしくは住む場所選び。

 

例えば、学力の高くない学校に行っていたら、

勉強して良い成績をとることが、仲間内では【からかわれるネタ】になるかもしれません。

一方、回りがみんな学力の高い子供たちばかりだったら、

勉強して良い成績を取ることは、【格好いいこと】かもしれません。

 

同じ【科学オタク】でも、

【キモイ】と言われたり、【すごい】と言われたり、

それは環境によります。

 

実際、”非行”と呼ばれる行為に走る少年は、

引っ越しをして住む場所さえ変えれば、ほとんどの子は更生する、

という研究結果も出ています。

 

そして例えば私。

 

横浜市の郊外で、公立小学校から公立中学校に進学しました。

小学校では成績は【オール3】程度。

しかし中学校2年から成績はメキメキ伸びて、テストはほとんど満点でした。

成績も当然オール5。でもそこまで勉強はしていませんでした。

自分は回りの子より、頭が良いんだと思いました。

そして姉と同じ、学区で一番偏差値の高い公立高校へ進学しました。

 

しかし高校へ行ってみると、自分がそこまで頭が良い子ではないことに気づきました。

私の中学校から、その高校へ進学した子は10人もいませんでした。

しかし、別の中学校からは数百人がその高校へ来ていました。

つまり、私の行った中学校の学力が低かったんですね。

 

そんな私が、もしもっと学力の高い中学校へ行っていたら、どうなっていたでしょう。

当時の私には、学区で一番の高校が天井でしたが、世の中にはもっと偏差値の高い高校があります。

違う中学校に行っていたら、もしかしたらもっと勉強して、もっと良い高校へ行っていたかもしれません。

 

どっちが正解というわけではないんですが、

人生を左右する選択である、ということです。

 

…ということで、

家ではなんでも『鬼が来る』と脅して言うこと聞かせていますが、

学校選びはそれなりに考えようかと、旦那とミニセッションしました。

まず、基本方針。

 

いまの時代、良い大学へ行くことが必ずしも正解でない、と思います。

特にアテもないのであれば、とりあえずそれなりの大学へ行ったほうが、

安全で選択肢が増えるかもしれませんが、

それは子供たち次第。

 

なので、大学どうするかは、彼らが中学生、高校生になってから考える。

これが基本方針です。

 

どうしても勉強が嫌いなら、無理して大学行くこともないし、

留学したいかもしれないし、何かの修行をしたいかもしれない。

 

私なんぞ、進学校の高校へ行き、

学年の99%が大学へ進学する中、ひとり留学してしまいました。

子供が何を言い出すかなんて、わかりません。

 

そして、大事なこと。

 

子供の学校選びには慎重になりたいです。

それが彼らの今後の人生を大きく左右すると思うからです。

 

でもね、大事なことは、

 

無理をしないこと。

 

子供のためを思っても、上を見たらキリがありません。

例えば我が家が、無理をして港区や千代田区へ引っ越したり、

全国的に有名な私立の学校へ通わせることも、不可能ではないかもしれません。

 

でもそこまでするのは、違うな、というか、

らしくないな、というか、

快適な範囲内での【より良い環境】は選びたいですが、

決して無理はしたくないです。

で、結果。

 

小学校は近くの公立。

その後、都立中高一貫校への進学を目指します。

 

倍率が、低くても5倍とかなので入れないかもしれませんが、

入れなければ中学校は公立。

 

中学校の間に、また少し彼らの特質を見極めたいです。

 

中高一貫校を目指すには、小学校のうちに必要な対策をする必要があります。

 

ということで、まずは↓コレを読みます。(まだ読んでませんww)

 

あ、何か情報知っている方、

もしよければ教えてくださいwww

 

にほんブログ村テーマ ワーキングマザーへ
ワーキングマザー

↓のバナーをクリックいただけるとブログランキングのポイントが入ります。

登録がなくても、どなたのクリックも対象です。よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

いつも応援いただき本当にありがとうございます。

みなさんの役に立つ記事を書けるよう頑張ります。

コメント一覧
  1. 千晶 より:

    中高一貫はコスパ良さそうなイメージありますね〜。
    実は過渡期の小石川卒業生です。わたしが高校三年生の頃に、中高一貫一期生が入ってきました。
    中高一貫のことはわからず、変わっている事も多いと思いますが・・・。

    高校時代の小石川は公立の中では教科書通りではなく、特に理系科目で考える力を育てる授業が行われていました。生物のレポートは名物で、私は物理の授業がすごく楽しかったです。文系ですが。

    勉強以外の部分としては、文化祭の演劇・体育祭が盛んで、熱中する為に、当時は浪人して、早慶国立を目指す層が多かったです。
    文化祭は続いてはいると聞きますが、当然変わっているものと思われます。

    • みゆき より:

      千晶さん、ありがとうございます!
      おお、まさに当事者の声!
      卒業生がそういう風に”名物”と言える特徴がある学校ってすばらしいということですよね。
      ますます行かせたくなりました!

      • 千晶 より:

        小石川教養主義といって、文系でも理系でも一通りの教科を学ぶという、変わった方針でした。三年生では選択制の授業が多く、必要な科目のみを学べましたが。

        私は中学受験もしてますが、子供が素直に勉強しないタイプだと、親は相当しんどいと思います〜!本当に親子二人三脚という感じです。
        どこまでの熱量で頑張るか(子供が自主的に頑張らない場合、どこまで子供に頑張らせるか)、で中学受験は親子にとって全然違うと思います。本気でやるなら・・かなりハードです。。親子ともに。
        まだお子さんが小さいですから、小学校三年生くらいで、学力テストなど受けて、考えられてもいいと思いますが。

        • みゆき より:

          千晶さん、ですよね~…汗
          中学校受験は親子受験だと聞いたことはあります…
          ハードですかぁ…そうですね。小学校3年ころで、また考えないとですね。
          きっと、あっという間に来ちゃうと思いますが、とりあえずは頑張るつもり(私が)です。
          それもそれで、良い親子経験かな~とも思います。

  2. ヒロママ より:

    都内ではないですが、地方の中高一貫校に通いました。
    高校受験に追われない分、受験英語でない英会話の授業が多かったり、伸び伸びできた気がします。
    田舎で幼馴染はみんな公立だったので、中学校時代の話についていけず、そのあたりは少しさびしいですが。都内なら中学受験の割合も多そうなので、気にならなそうですね^^

    • みゆき より:

      ヒロママさん、中高一貫ならでは、ってのはやっぱりあるんですね。
      参考になります!
      伸び伸びかぁ~、その子によりますが、いいですねぇ。
      逆に中高一貫校のデメリットってあるのかなぁ…

  3. ぴよこ より:

    我が家はご存じかと思いますが、関西私立中高一貫に通わせています。
    都内ではありませんので、あまり参考にならないかもしれませんが・・・。

    メリットは、高校入試がないため、内申書を気にしなくてよかった。周りが勉強するのが当たり前なので、よほどの事がない限り勉強する。文武両道(学校による)親子受験を突破してきているため、親子関係が良好。などでしょうか?娘の話を聞いていると、優しい子がすごく多いです。いじめはほぼ皆無(くだらないという認識)

    デメリット。娘の通っている学校は偏差値が70以上なので、勉強をサボると途端についていけなくなります。留年も毎年数人います。公立高校にドロップアウトは基本的に出来ません(成績が低迷していると内申点が低いため)
    私的には、これ以外はありません。概ね満足しています。

    千晶さまもおっしゃっていますが、中学受験は本当にハードです。
    我が家は毎年、娘の母校の先生を夏休みにお迎えするのですが
    関東で家庭教師をされているので、関東の受験事情をよく話して下さいます。

    関西は親がノータッチの場合が多い(子供の自主性に任せる)
    関東は親が管理しないと受験出来ない(そういった風潮にある)

    この差がすごく、上手に導かないと自主性のない子供が育ってしまうのと
    自主的に勉強しなくなるパターンもよく見かけると言われていました。

    親がどこまでかかわれるか?それが大きく作用するのが中学受験です。

    参考になれば幸いです。
    長々と失礼致しました。

  4. ぴよこ より:

    あ・・・大事なことを言い忘れていました。
    中高一貫の最大のメリットは、高3のあがる時点ですでに授業がすべて終わっている事。
    高3の一年はすべて大学受験に費やすことが出来ます。
    娘もこれが一番のメリットだと言っていました。

    裏を返せば、公立から現役で国立大学に受かる子供はすごいとも言えます。

    何度もすみません(^^;

    • みゆき より:

      ぴよこさん、ありがとうございます!とても参考になります。
      やっぱり実際の経験者の声がいちばんです。
      そうですね、ぴよこさんの娘さんは優秀なのでメリットしか感じないのかもしれませんが、
      うちの子たちがどの方向へ転がるか、見極めてからまた考えねばですね。
      大学は行きたくないなら行かなくていいと思っているので、彼らにとってどちらがいいか、都度判断できたら良いかな。
      とはいえ小学校のうちから適性がわかるとは思えないので、とりあえず公立の中高一貫を目指す、という方針です。
      ハードなんだろうけど、私たちなりに頑張ってみます。

  5. アサ より:

    都内の私立中高一貫出身です。といっても私は小中高一貫だったので中学受験はわからないのですが。(しかも女子校です、すみません)
    他の方も仰っているように、物を隠したり嫌がらせをしたり、労力のかかるイジメは皆無です。生徒間のカースト?的なものも当時はあまりなかったです。メイクして合コンする子も、アニメや漫画が好きな子も、普通に仲良し。(ただ女子の集まりなので、小規模な無視はそれなりにありました)
    今振り返ってみても、あの環境では荒れようがないよな〜、と思います。私立で教員の異動がないので、20年、30年選手のベテラン先生が多いのも要因かもしれません。

    • みゆき より:

      アサさん、やはり一貫校ならではの特長がありそうですね。
      荒れるというか、いじめというか、確かに私立や一貫校のほうが少ないのかもしれません。
      その、メイクして合コンする子も、アニメや漫画が好きな子も仲良し、というのが良いですね。
      確かにそういう雰囲気は、公立には無かったような気がします。(私はずっと公立なので)
      とてもためになる情報をありがとうございます!

コメントを残す

RECOMMEND