スポンサードリンク

 

さて、100年人生の話、まだ続きます。

いろいろと裏の詳しい計算を勉強した結果、
私たちの老後(65歳~)は、夫婦ふたりだとして、
手取(税引後)で大体年間300万くらいあれば、
まぁ、人並みの生活が送れると思われます。

30年後には、物価もわずかであっても上昇していると想定します。

持ち家の有無、地域のよって変動はあると思いますが、
これくらいあれば、たいていの人は倹しくもそれなりに暮らせると思われます。

そう仮定したとして、
【老後の資金】て、いくら必要でしょうか。

それは、95歳まで生きるとしたら、
9千万円ということです。

95歳までなんて生きない?
いえいえ、我らが95歳になるころには、95歳の老人はゴロゴロいて、
100歳越えもそれこそザラにいるというのが、現実的な予想です。

それでじゃあ、その9千万て、どうしたらいいの?という話。

9千万には、もちろん年金も含まれています。

後半から順調に高給取りのサラリーマンとなり、
40年間かかさずに年金を払っていたとしたら、
受け取れる年金はおそらく、160万ほどになります。
それが夫婦ふたりともなら、それだけで320万なので、
大丈夫ですね~、ヨカッタデスネー

しかし!
私たちが高齢者となる30年後、年金支給年齢は確実に引き上げられ、
年金支給額は確実に減っています。
これは、100%です。

もちろん、払った以上にはもらえると思いますが、
現在ほど割のいい“保険”は成立しませんので、
そうですね、妥当なところで考えて、
年金支給開始年齢:70歳
年金支給額:いまの半分
くらいでしょうか。

じゃあ結局のところいくら必要かというと、
おそらくですが、年間200万くらいは、自分で用意しないといけないと思われます。

200万×30年=6千万

これくらいの貯金がないと、まずいでしょうね~、という金額です。

例えばいま、貯金が全くないとして、
いま35歳だとしたら、
毎月いくら貯金に回したら65歳までに6千万貯まるかというと…

毎月16万6千円です。
夫婦でね。

それって、無理じゃないけど結構大変な金額じゃありません?

じゃあどうしたらいいかというと、

できるだけ長く働く

私たちが高齢者となる30年後には、65歳で退職、ということ自体が
まず贅沢な選択になると思います。

70歳、75歳まで働くというのが当然、というか
働かないと食べていけないという人がほとんどになると思います。

でも年間200万と言っても『夫婦で』なので、ひとり100万。
100万なら、パートでもなんでもやれば、なんとかなりそうです。

しかしですね、働きたくても働けない状態になる可能性も高いんですよね。
健康でいられる可能性は、年々低くなるんでしょう。
年を取るってそういうことなのだと思います。

しかも、やっとフルタイムの仕事からも、子育てからも解放されたなら、
楽しいことに時間を使いたくないですか?

いわゆる、【レジャー費】が欲しいところです。

じゃあ、どうしたらいいかというと…

やっぱり運用…

運用って、それなりに増やそうと思うと面倒だしぃ~
興味ないしぃ~…

しかしですね、たとえば800万あれば、
年利0.7%で運用したとしても、複利で運用さえすれば
30年後には986万円になっています。
プラス186万円です。

186万余計に稼ごうと思ったら大変なので、やはり運用って大事です。

しかし、運用しようにも…

結論、やはり元手がある程度必要

5%で毎年運用することさえ難しい時代です。
リスクを取れば高い利率が得られるかもしれませんが、
リスクをとるってやっぱり怖いし、それなりに勉強しなきゃなんでしょ?

それならポイッと入れといたら勝手に増えてるってのがいいな、
でもそうなると、年利はやはり1%がいいところなのです。

たとえ1%であっても800万なら8万円ですが、100万なら1万円。

何が言いたいかというと、【利率=%】の話になると物を言うのは
やはり、元手です。

で、最終的に何が言いたいかというと…

がむしゃらに貯金する時期も、必要。

大人ふたりで働いているのに貯金がないって、
つまりどういうことかというと、
結局のところ、収入に見合わないお金の使い方をしている、
ということに尽きるのです。

それって、
毎日ジョギングしてるのになぜ痩せない?
それってただの食べ過ぎじゃん?
と同じ話なわけです。

たとえジョギングしていても、やはり食べる量をセーブしないと
痩せないのです。
そんで食べる量を増やしたいなら、ジョギングの量も増やさないと
太るだけなのです。

ジョギングの量=収入を増やせないなら、
食べる量=使うお金を減らさないと、
痩せない=お金は減る一方、なのです。

家賃の安い家に引っ越しするのが難しいなら、車を手放す。
車を手放すのが難しいなら、お洋服買うのを我慢する。
お洋服を我慢するのが難しいなら、有機野菜をやめて中国産にする。
中国産が嫌なら、保険を削る。

もちろんダイエットと同じで、
基礎代謝を上げる=いまの生活を維持したままで固定費を極限まで削る、
ということは可能です。

それが格安SIMへの変更であったり、クレジットカードの見直しであったり、
電力会社の変更であったり、住宅ローンの借り換えであったりするわけです。

でもそれをやった上でも貯まらない場合、
やはり何かしらを我慢したり諦めたりしないといけないのだと気づきました。

そして、30代後半、40代の場合、それはある程度の痛みを伴うのかもしれません。
例えば、いま持っている車を手放すのは、もはや
『無理!』とすら思えるはずです。

だって毎日使ってるし。
子供がいるいまの生活には必須!

それはつまり、毎日夕食後にアイスクリームを食べる習慣があって、
それだと痩せないから、我慢してデザートは無し、にしなきゃ、
ということです。

人は誰でも、いま持っているものを失うことに抵抗するものです。

夕食後のアイスクリームを止めることも大事なのですが、
もっと大事なのは、

そもそも食後にアイスクリームを食べる習慣を
つけないこと。

生活レベルを上げないことって、思っている以上にずっとずっと、
大事なことなのですね。

なにって、えっと…

私のダイエットが進んでないって話?

 

にほんブログ村テーマ ワーキングマザーへ
ワーキングマザー

↓のバナーをクリックいただけると、ポイントが入ります。

そのポイントでランキングが上がる仕組みです。

もはや私のというよりも、読んでくださっているみなさんのブログ。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ  

RECOMMEND