スポンサードリンク

アメリカに住み始めた直後は、

絶えず聞かれる

 

「How are you?」

 

に正直辟易しました。

 

そんなに頻繁にいろんな人に、「どお?」

と聞かれても、特に答えることもないし、

 

「Fine」「Good」「How about you?」

 

と教科書通りの返答ばかりしていました。

 

しかしだんだんそこでの生活が長くなると、

 

「How are you?」

 

意味というか、その存在意義というか、そんなものが

なんとなく、なんとな~くわかったような。

 

「どお?」と聞くことが第一の目的なのではなくて、

会話を始める糸口というか、相手のことを気にかけているという意思表示というか、

いろんな意味が込められている【文化】のひとつだと思いました。

 

そして先日、とうとう発見しました。

日本語の「How are you?」にあたる言葉。

 

これは私的には結構な発見で、我ながら満足しています。

 

それはね、ムフフ…

 

 

 

 

 

 

 

「忙しい?」

 

特に会社の人、なのかと思いきや、会社以外の人でも、

 

「忙しい?」「忙しいですか?」

 

という決まり文句から、

 

「いや~、そんなに忙しくはないけど、そうそうそういえば、この前のあの話さ、…」

 

と会話が始まることが多々あるような気がします。

 

とはいえこれは、旦那や毎日会う同僚などには使われないので、

厳密な英語の「How are you?」には当たらないかもしれませんが、

ほぼ同義で使われていると思います。

 

私は、この「忙しい?」があまり好きではないものの、

「忙しいですか?」がいちばん使いやすい人が、実はたくさんいることに気づきました。

 

主に同僚、仕事関係の人、

そして久しぶりに会う友人、ですかね。

 

んー…しかしなんだか、個人的にはあまり好きではないです。

 

なんというか、野暮ったい?

 

なんか、あのおじさんが着てる、茶色?カーキ?グレイ?何色なの、それ?

みたいな、あの重そうなコートみたいな雰囲気?

 

スゲー野暮ったいけど、あれさえ着てれば【普通のおじさん】、みたいな。

 

あれ?意味がよくわからないって?

ウムー…

 

 

にほんブログ村テーマ ワーキングマザーへ
ワーキングマザー
↑参考になります。

↓ランキング参戦中!クリックしてくだされ~

ブログランキング・にほんブログ村へ

RECOMMEND