辛抱する?愚痴ってごまかす? モヤモヤを解決する方法
スポンサードリンク

ずいぶん古い記事なのに、継続的に一定数の方に読まれているこの記事。

人生で一番大変な時に助けてくれないパートナーなんて、いらない。
2018.2.15
多分いまが、私の人生で一番大変なとき。そんな時に助けてくれない人は、パートナーと呼べますか?...

それもそのはずというか、検索データを見てみると、

世のママたちの苦しみが伝わってきます。

「助けてくれない旦那」

「ワーママ 限界」

「ワーママ 離婚」

パソコンやスマホでこんな文字を検索して、

私のブログを訪問している人がいるかと思うと、とても悲しくなります。

なんとかなんないのかなー…なんて。

切実なメッセージをいただき、メールのやりとりをした方もいます。

我が家だって、いまはとりあえず夫婦仲も良く平和ですが、

この平和は約束されてはいません。

子供が大きくなれば、またその分問題も大きくなるでしょう。

しかし、私は

モヤモヤしたら、モヤモヤをそのままにはしないことにしています。

愚痴れば一時でも心は晴れるし、

だましだまし辛抱して、環境が変わるのを待つこともできますが、

やっぱりそのままにはできない性分なようです。

自分でも面倒だし、旦那にも面倒がられますが、

モヤモヤしたら、納得するまでそのモヤモヤに取り組むことにしています。

なぜかというと、こんな言葉に出会ったから。

それを癒すためには、それを感じなければならない。

もはや何の本で読んだのかも忘れてしまったのですが、

腹落ちしたのでメモだけしておいた言葉です。

苦しい、悲しい、つらい、悔しい、

癒したい感情があってそれを癒すためには、

その嫌な感情を感じる必要があります。

当の嫌な感情を感じないことには、原因も解決策も探れません。

ではそうしたとき私がどうするかというと、

私の場合は本を読み漁ります。

簡単に聞こえますが、モヤモヤしたら、そのモヤモヤを【満喫】すべく

たくさんの本を読みます。

旦那のことでモヤモヤしていたときは、【そっち系】の本を読み続けました。

そうするとやはり、また更にモヤモヤが蘇ったり、

自分の落ち度を指摘されるような表現に出会ったりと、

実は余計に苦しくなる瞬間も訪れます。

目の前の霧が晴れるような瞬間なんてありません。

それでもモヤモヤとした霧の中に、ごくたまに

解決策や原因と思しき光に出会えることがあります。

でもその光を見つけるまでには、私の場合しばらくは

本を読み続け、次の本を探し続け、しばらくモヤモヤし続ける必要があります。

モヤモヤのことは考えないようにしたり、友人に愚痴を聞いたりしてもらえば

一時心は晴れるし、モヤモヤを忘れることもできますが、

それはやはりまた、同じように戻ってきて、相変わらず繰り返し

モヤモヤさせられるのです。

だからできるだけ、放っておかず、モヤモヤの中へ飛び込むために、

藁をつかむ思いで、本をつかみます。

いまであれば、私の本棚は独立起業系、ビジネス系の本ばかり並んでいます。

たまに息抜きのために小説を読み、また眠いのを我慢してビジネス書を読む日々です。

それはやっぱり、ネットの情報とは違うと思っています。

ネットの情報は、当然ですがその情報価値を見極めるのが難しく、

私にはそんな時間はありません。

なので代わりに、出版社というまっとうな会社が情報価値を認めたであろう書籍に頼っているわけです。

ということで、ワーママならではのモヤモヤを抱えている方向けに、

いままで紹介したことのない本を数冊ご紹介してみようかと。

もしご興味あれば、藁の代わりにつかんでみてください。

↑「介護不安」とサブタイトルにありますが、介護の話だけではありません。

的外れなものもあるかもしれませんが、

これらをフックに、Amazonでお勧めとかに手を出してもいいし、

とにかく、解決したいモヤモヤがもしあるなら、どっぷり浸かってみるのもいかがでしょうか。

にほんブログ村テーマ ワーキングマザーへ
ワーキングマザー

↓ランキング参戦中!クリックしてくれると嬉しいでござる。

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

  • 昨日の続き~働いてないけど保育園に子供を預けている人に関して考えた~
  • 赤ちゃんや子供に関するプロパガンダがタマラナイ…
  • 仕事だけしてて、それ??
  • 保育園は必要なのか?
  • 『苦情が殺到』って言うけど、実際何件が【殺到】なのかは疑問だよね~
  • 好きだったのに、荒川区!幻滅、そんな区だったなんて知らなかった!
RECOMMEND