スポンサードリンク

 

とうとう早ければ2017年1月にも、配偶者控除は廃止という動きに進んでいるそうですね。

 

いまの私には、これ自体はあまり影響ないんですが、
代わりに【夫婦控除】なるものの導入を検討しているということです。

 

そうなってくると、

 

どれどれ

 

と思います。

 

まぁそもそもは、これまで配偶者控除を受けてきた世帯の反発対策で
新たな制度を作るということです。
こうやってみんなに良い顔しようとするから法律や制度って継ぎはぎになって、
どんどん複雑に歪になっていくんですね。

 

もともとの配偶者控除は、主に妻に一定額以上の収入がなければ
その分を夫の税額から控除しますよ、という制度です。

私の母も、ずーっとこの103万円の壁というやつの中でパートをしていました。

なので年末などは、
「これ以上働くと規定を超えちゃうから」
と言って休んでいたのを覚えています。

 

そして新たに導入される予定の【夫婦控除】というやつは、

結婚して子供を産み育てている(育てようとしている)世帯に対する優遇

だということです。

 

詳細はまだ発表されていませんが、そうなると子供のいない夫婦は適用外になるのか。

ちなみに私は子供を産んで初めて、税金や社会保険料が使われていることを実感しました。

産休~育休中もお給料(の一部)が支給されて、
出産費用も一部支給されて、
子供の医療費は自己負担ゼロだし。

 

もちろん、世の中のいろんなものに税金が使われていることは頭ではわかっていましたが、
目に見えて自分に直接関わっているものに使われているのを実感しました。

配偶者控除廃止に関しては、
これまで103万円以内で働いていた人は、税金や社会保険料の負担を考えると
年収160万円を超えるとこれまでより収入は増える計算になるそうです。

まぁそこは160万円と言わず、どんどん働いてガンガン稼いでいきたいところです。

まだまだ現役世代の私たちが持つ、最大の【資産】はなんだか知っていますか?

 

それは

労働力

です。


photo by Ok Infotech

 

これから働いて、仕事を辞めるまでに得られる収入、それが私たちの最大の【資産】です。

年をとって仕事を辞めるころには、もう年老いて大した労働はできないので、
不動産や現金などの【資産】のほうが大きくなるわけです。

 

たとえば私の税引き後の手元に残る年収が400万円だとして、
この年収がずっと変わらないと仮定して、
10年で4,000万円、20年で8,000万円。
これがいまの私の【労働資産】です。

対して他に私が持っている資産と言えば、

(自宅マンションは旦那の資産)

貯金:100万円
株式:50万円
FX:300万円
計:450万円

 

労働資産8,000万円+現金など450万円

これが60歳には逆転しているはずです。

 

なので、働けるうちはとにかく一生懸命働いてたくさん稼ぐ、
それがお金持ちになるためにはいちばん重要なことなんです。

 

そしてそれを原資に、賢く投資して賢く増やす。

それが大原則です。

 

でもサラリーマンでは時間給にも限界があるので(せいぜい時給換算5,000円とか?)
私は他の方法がないか、捜索中です。

 

手元に残る収入を増やす上で税金はいちばん重い負担なので、
もし【夫婦控除】なるものが適用されることになったら
いくら税金が安くなるのか、楽しみです!

 

にほんブログ村テーマ ワーキングマザーへ
ワーキングマザー
↑参考になります。

↓ランキング参戦中!クリックしてくだされ~

ブログランキング・にほんブログ村へ

RECOMMEND