スポンサードリンク

 

子供をめぐる悲しい事件、いろいろとニュースや報道番組で目にします。

私は以前、自分は『想像力がある』と思っていました。

『相手の立場に立ってものを考えられる』と思っていました。

でも子供を産んで育ててみて、そんなのが幻想だったと気づきました。

 

子供ができると、子供関連の悲しいニュースは

胸が痛くて見れませんでした。

ニュースの詳細に行くほど、どうしても自分の子に置き換えてしまって

胸が痛くて痛くて。。

 

『私が想像力がある』なんて口が裂けても言えないと痛感しました。

 

そしていつもいつも、いつも思うのが、
報道番組でのコメントの【的外れ感】【ありきたり感です。

 

例えばこのニュースの際、
[4歳男児不明、児童手当詐取容疑で両親逮捕]

結局みんな、公共機関にサポートを求めに行って欲しい、というコメント。

 

そして旦那が言ったコメントが的を得ていたと思うんですが、

育てているうちに子供が死んじゃうような親なら、

公共サービスにも行くわけないし、通報もしない。

だから今までの方法では、子供を守ることはできない。

 

我が家では日曜日朝のサンジャポを見るんですが、
そこでも子供がいる女性のコメンテーターはゼロ。

 

なので子供関連のニュースのコメントはやっぱりありきたり・・・

世の中はやっぱり、【なんとなくの流れ】に弱いと思うんです。

 

『保育園落ちた、日本死ね』も、たった1本のブログが国会で取り上げられ
【なんとなくの流れ】が起きました。

その【なんとなくの流れ】が起きるときに、メディアの力は不可欠です。
やっぱり良くも悪くも、メディアであるテレビとネットの力は侮れません。

なので、おもしろくて話の上手い【子持ちのオバチャン】求む!

女性の芸人さんあたり、なんとか頑張ってーっっ

 

にほんブログ村テーマ ワーキングマザーへ
ワーキングマザー

↓のバナーをクリックいただけるとブログランキングのポイントが入ります。

登録がなくても、どなたのクリックも対象です。よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

いつも応援いただき本当にありがとうございます。

みなさんの役に立つ記事を書けるよう頑張ります。

RECOMMEND