スポンサードリンク

 

最近の我が家、とても平穏です。

 

しかし少し前は、私の心が荒れているときもありました。
そしてこれからも、そんなときはいくらでもあるでしょう。

ふたり目妊娠中だったとき、上の子の保育園の送り迎えを
旦那が一切してくれなかった暗黒時代


『私ががんばらなきゃ』

とも思っていましたが、こうも思っていました。

 

『旦那には、いつか絶対仕返ししてやる』

そのとき脳裏に浮かんでいたのは、こんな復讐劇でした。

 

-子供が大きくなって独立したある日、
私は子供たちにこう言います。

 

「お父さんと離婚するね。」

 

突然のことに驚く息子たちと旦那を残して
さっさと家を出る私。

残るのは、ひとり寂しい、寂しい旦那。

後悔しても遅い、と悔やみながらひとり死んでいく旦那。―

 

あるいはこんなもの。

 

-子供が小さいうちに旦那と離婚する私。

片親で忙しいながらも、祖父母の協力も得ながら
充実した私と息子たち。

方やひとり残された旦那。

たまの息子たちとの面会を楽しみに、
職場と家の往復の日々。

子供がいない毎日は楽だけど、寂しいな~
と後悔を募らせる旦那。―

 

当時の私は、

こんなこと想像してる私って、病んでるな~

と思っていました。

しかし!

こんなことを本で読んで、納得しました。

 

復讐、仕返しは、人間の根本的な本能である。

『やられたらやり返す』と、人は快感を感じるようにプログラムされている。

復讐、仕返しは、老若男女、すべの人種の人間にとって

最高のエンターテイメントなのだ。

 

だから『忠臣蔵』はいつまでも人気が衰えないし、
映画やドラマの題材に、『復讐劇』は頻出する。


な~る~ほ~ど~!!!

だから私は、ちょっとしたことでもすぐにやり返したくなるんだ。

photo by Dave Peterson

 

私だけが意地悪なわけじゃ、なかったんだー!

理不尽なことを言う上司

電車で横入りするニイチャン

エレベーター内でギャーギャーうるさいバアチャン

よくわからないことで怒鳴り散らすジイチャン

子育てに当事者意識のない旦那

暇だから余計なことばかりするオバチャン

ドイツモコイツモ!!!

あーして、こーして、こーんな仕打ちをしてやる~!

と想像するのは、あなただけではありません。

安心してください。

それはあなたの本能であって、

あなたがオカシイんじゃない。

 

にほんブログ村テーマ ワーキングマザーへ
ワーキングマザー

↓のバナーをクリックいただけるとブログランキングのポイントが入ります。

登録がなくても、どなたのクリックも対象です。よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

いつも応援いただき本当にありがとうございます。

みなさんの役に立つ記事を書けるよう頑張ります。

 

RECOMMEND