スポンサードリンク

 

仕事が忙しくなってきました。

 

パソコンの時間をチラチラ見ながら、
髪の毛が逆立ちそうなほどに集中力を総動員して、
なんとか定時に仕事を一区切りつけるわけです。

どうしても終わらないものは、子供たちが寝てから片付けます。

 

定時でパソコンを閉じて、カバンへ突っ込み、
ぺたんこの靴に履き替えて、
早足で会社を出ます。

駅まで小走りで急ぎ、満員の山手線に乗り込みます。

電車では本を読むと決めているので本を開きます。

電車を乗り換え、保育園最寄駅に着きます。

 

ここから、気もちを切り替えます。

仕事のことを頭から追い出し、
今晩の子供のご飯など、子供のことを考え始めます。

自転車を漕いで保育園に向かう間も、
子供モードで行くことにしています。

平日の、1日のうちでいちばん好きな瞬間に向けて。

そうです。

平日、慌ただしい仕事を終えて、
保育園に子供をお迎えに行って、

子供たちが私を見つける瞬間、
その笑顔が、いちばん好きです。

photo by OMAR EL ZoMoR

 

まずは長男を先に迎えに行きます。

教室の壁の上からのぞいて、
遊んでいる長男と目が合って、

「ママ!」

と良い笑顔を向けてくれます。

大体はまっすぐこちらへ走ってきて、
まずはギュッとします。

長男の荷物を取って、先生にご挨拶をして、
次男の教室へ。

 

まだしゃべれない次男は、
私の顔を見るとビックリ顔のような笑顔になります。

しゃべれないながらも、自分のロッカーへヨタヨタとバッグを取りに行き、
大きなバッグを引きずって、キャッキャッと声をあげながら
私のほうへ走ってきます。

そして同じく、ギュッと抱っこします。

 

旦那がこの前思わず言いました。

「ママのなにがそんなに好きなの~?」

 

なんでしょうね。

対して良い人間でもないし、ましてや良い女でもないし、
もちろん良い母親かどうかも未知数だし、

それでも彼らは全身で、

私を求めてくれるんですよね。

 

10時間ぶりに会う彼らは、
飽きもせずに毎日毎日、

私に再会することを全身全力で喜んでくれます。

 

その瞬間は、手こずっているプロジェクトのことも、
頭から吹き飛んで、

彼らの笑顔を心して味わっています。

気を付けていることは、
お迎えの瞬間は、マスクをつけていても外して、

こちらも笑顔で臨むこと。

 

最初に目に入る顔は、笑顔であるべきだと思いました。

お迎えに行った後は、
またふたりの世話に追われる慌ただしい時間なのですが、

それでもやっぱり、あの笑顔は毎日見ても薄れない、
私の幸せの象徴です。

 

にほんブログ村テーマ ワーキングマザーへ
ワーキングマザー

↓のバナーをクリックいただけるとブログランキングのポイントが入ります。

登録がなくても、どなたのクリックも対象です。よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

いつも応援いただき本当にありがとうございます。

みなさんの役に立つ記事を書けるよう頑張ります。

 

RECOMMEND