スポンサードリンク

 

次男は、滑り台が大好きです。
でもまだヨチヨチなので、滑るなら完全アテンドが必要です。

パパがアテンド中。
滑り終わるとすぐに「もう1回」とリクエストされます。

「また~!?もういいんじゃね~?

と旦那が文句を言います。(´∀`*)

 

 

さて、先日の話です。
会社で、30代前半と思われる、初めて仕事をする男性と
ミーティングをしました。

 

クリエイティブ系の人で、カジュアルだけどこだわりのある服装をしています。
そして結婚指輪をしていました。

私は社歴は長いのですが、
そのうち2年は産休&育休で休んでいたことを伝えると、
妙に話に食いついてきました。

 

聞いてみると、自身も育休を取ることを考えているとのこと。

 

「会社を休んで、給料もらいながら、
子供の世話をできるなんて、
なんて素晴らしい!」

と言っていました。

 

父親の育休取得を進めるために、
育児休業給付金が最初の半年は50%→67%に引き上げられたことを伝えると、

「おおっ!マジっすか!?」

と喜んでおられました。

 

これから子供を、と考えているようで、
知識レベルはまだまだ低かったのですが、
若者たちの価値観は
確実に変わってきていると思いました。

 

これまでであれば、

 

男は仕事をしてなんぼで、
家のことなんて、まして子供のことなんて興味がなくて、
子供は母親が面倒を見て当然で、
子供が出来たらますます仕事を頑張るべし!

 

という人が大多数であったと思います。

 

しかし彼は、

「産むのは嫁しかできないけど、
その後は男でもできますからね。」

 

と言いました。

 

そして、休んでいる間に会社での自分のポジション、云々・・・
という心配は皆無のようでした。

もともと転職の多い業界だからかもしれませんが、

いや~、世は移ろっておるなぁぁ・・・

 

と、しみじみしました。

 

【イクメン】て言葉も、そろそろ消えてくれるかな。。

 

 

にほんブログ村テーマ ワーキングマザーへ
ワーキングマザー

↓のバナーをクリックいただけるとブログランキングのポイントが入ります。

登録がなくても、どなたのクリックも対象です。よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

いつも応援いただき本当にありがとうございます。

みなさんの役に立つ記事を書けるよう頑張ります。

RECOMMEND