スポンサードリンク

 

先日、同僚の40代未婚女性とランチに行きました。

 

最初に言っておくと、彼女のことは好きです。
価値観は違うと思うし、仕事のしかたも違うけど、人として好きです。

久しぶりにゆっくり、いろんな話をしました。
主に仕事や会社の話。

そして彼女は、いろいろな言い方で、
私に言いたかったことを伝えていました。

 

それは、

『仕事と子育て、一体どっちをやりたいのか、はっきりしたら?』

 

真面目で几帳面で完璧主義の彼女は、
時間をかけて丁寧に仕事をしています。

クライアントからの評価も高いです。

一方私は、定時で退社し、効率重視で仕事をせざるを得ません。

子供がいなかったら、彼女ほどでないにしても、
もう少し時間をかけて仕事します。

子供が体調を崩したら急に休むし、
子供を理由に定時以降のミーティングは断ります。

かといって、担当する仕事が彼女より少ないわけではありませんが、

私が子供を優先することで、自分たちにしわ寄せがきている、

と感じているんだな、と思いました。

 

だから、【仕事】からは半分リタイアしたら?ということのようでした。
いわゆる【マミートラック】に行けば?と。

私も子供を持つ前は、そんな風に考えたこともあったので
彼女の気持ちはわかるし、申し訳ないと思いました。

 

でも同時に、今だからわかる、

【日本の息苦しさの原因】
みたいなものが、
見えた気がしました。

唐突ですが、覚えていますか?

2004年、イラクで日本人が拉致されました。

 

人質となってしまった日本人は、外務省が渡航禁止としていた国へ
自ら入国した結果、現地の武装集団に拉致されました。

当時の小泉首相と政府は、救出に全力を尽くすと言いつつも、
その拉致された日本人の行動を非難し、
【自己責任】と切り捨てた面もありました。

 

リスクがあることを認識したうえで、

それでも行動に移した人は、【自己責任】。

だから助ける必要はないし、
不利益を甘んじて受けるべきである。

 

この日本人拉致事件以来、特にこの【自己責任論】が
市民権を得たような気がしています。


2421262047_4a132d67bf_z
photo by peclat

 

仕事のキャリアを断絶させて、
出産~育児という【リスク】をとることを
あえて自分で選択したなら、【自己責任】

権利を主張するなんて言語道断。

不利益も【自己責任】だから仕方ない。

 

同僚女性をはじめ、
大きなリスクをとって、社会的少数派に属したことのない人は、
リスクを取った人は【自己責任】と切り捨てる。

 

切り捨てられる側も、『たしかに【自己責任】かも・・・』と
納得してしまう。

そして一度道を外れると、そう簡単には本道には戻れない。

 

いま日本は、そんな世知辛い、やり直しのきかない社会、
なんじゃないかな、と思いました。

数年前に読んだ↓の本の内容が、今になって腹落ちしました。

 

いろんな働き方、いろんな生き方、
いろんなスタイル、そしてやり直しを許容する
柔軟な心を持っている人もたくさんいると思います。

 

それでもやっぱりまだ、
【自己責任】の【重い足かせ】を引きずって歩いている人は、
たくさんいると感じます。

 

子供を持った人
離婚してシングルマザーになった人
正規社員にならなかった人
新卒で入った会社をすぐに辞めてしまった人
結婚して専業主婦になったけど、また働きたい人

 

【自己責任】と他人事にするのではなく、

『あら、大変ね~』と気軽に手を差し伸べるような空気が、
社会に充満したら、
【足かせ】はただの【多様性】になるんじゃなかろうか。

私だってもっと、誰かを助けてあげることも、できるはず。

 

にほんブログ村テーマ ワーキングマザーへ
ワーキングマザー

↓ランキング参戦中!クリックしてくれると嬉しいでござる。

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

コメント一覧
  1. mco より:

    『みんな違ってみんないい』ではないですがホントにそう思います。
    子供が病気になった時でも安心して働ける社会がいい人もいるでしょうし、子供が病気の時くらい会社休んで看病しても後ろめたさを感じない社会がいい、という人もいるでしょうし。
    自分達で選べて外野も、
    『それがあなた達の選択なのね』と見守ってくれればいいのになぁ、と感じます。
    ところで今みゆきさんは二回の産前産後休暇、育児休業を取得したかと思うのですが、お休みの間何かお勉強や資格取得などしましたか?
    現在2回目の産後休暇、育児休業に移るのですが、時間があるような無いような、何か有意義に過ごしたい、と思いつつ時間だけが過ぎてしまっているような…。
    もし何かありましたら時間ある時に返信いただけたら嬉しいです。

  2. よっちゃん より:

    マミートラック。。。
    そんなトラックなんか無くなれば良い。
    多様性を認め合うのはなぜこんなにも難しいんでしょうね。
    自分に置き換えて考えてみる。って難しいですね。

  3. みゆき より:

    mcoさん、そうなんですよ。
    『それがあなたの選択なのね』とみんながみんなを尊重してくれたら一番いいんですよね。
    おそらくいまは、男並みに働くか、マミートラックか、ふたつにひとつしか選べないから
    息苦しいんです。
    育休中って、時間があるようでない、ようである、みたいな感じですよね。
    それで言うと、ひとり目の育休中に翻訳の勉強をしようとして挫折して、
    結局、英検一級とりましたwww(育休明けに最終的に合格)
    二人目の育休中のほうが有意義で、FXを始めたこと、そしてこのブログを立ち上げたことかな。
    やっておけばよかったなーと思うのは、カメラ(一眼レフ)の勉強。
    私が思うに、「資格とか勉強とかしておくべきかな」と思うようなことは、
    育休中では挫折するような気がします。
    それよりも、もっと「したいこと、したかったこと」をするほうが続く気がします。

  4. みゆき より:

    よっちゃん、そうそう、自分に置き換えて考えるのって、思っていたよりもずっとずっと難しいよね。
    おそらく、自分の親の介護だと考えてもらうと、子育てしている人の気持ちに近いのかな、
    とも思う。
    みんながみんな、違う生き方、働き方ができれば、それで一番いいのに、
    なんでこんなにも画一的なんだろうか。

  5. とおりすがり より:

    それ以前に、2000年前後に就職活動をしていた、いわゆる就職氷河期世代が自己責任で切り捨てられてますよ。
    彼らからすれば、自身の出産・育児に際して「自己責任は間違っている」と言い出した人たちに、ひどい手のひら返しを見た気分でしょうね。

  6. みゆき より:

    @とおりすがりさん、コメントありがとうございます。
    確かに、いろんな理由をつけたり、つけなかったりして、切り捨てられている人は、世の中にたーくはんいるんですよね。
    いずれにしても就職氷河期世代の人たちは、自己責任じゃないですしね。

コメントを残す

  • 息をするようにお金が貯まる 自転車に乗れるようになるのと同じ?
  • マンション大規模修繕で波乱!いろんな人がいても人数さえいれば自治機能が働くのか?!
  • 結婚にはメリットがない?
  • 私の思う、子供ひとり世帯が多い理由(3人目以降は私も知らない)
  • 自給自足生活への憧れは自分勝手な幻想
  • 日本女性特有の悲しいギャップ
RECOMMEND
離婚について
私の周りには、離婚をしている人がたくさんいます。 男性も女性も、子供がいたり、いなかったりと、最近は多いので、 なんかすっかり離婚は身近な...
お金のこと
あなたのご両親の持ち家、 ご両親が亡くなったら、あなたが相続しますか? 相続するとしたら、そのまま住めますか? それとも、高く売れる家(土...