スポンサードリンク

外資系のわが社。
男女比はほぼ50%ずつ、と思われます。

まだまだ役員の中での女性比率は低く、
サポート部署の女性比率は高いです。

とはいえ一応、現場社員の男女比は50%ずつに見えます。

席が近い女性の同僚がいます。
年齢は私と同じくらいで、独身。

私は割と仲が良く、よく話すし、
ランチにも行くし、やはり年齢が近いので
腹を割って話せるほうです。

だがしかし、彼女はなんとも、
社内であまり評判が良くないのです。

 

仕事ができる、できない、とかそういうことではないようで、

彼女のことを『キライ』『癇に障る』と公言する社員が多数。

しかし私には、理由がいまいちわかりません。

 

彼女は個性的ではありますが、
そんなこと言ったらみんな個性的ですし、
『キライ』と言っている側も、
普段は割と許容範囲の広い大人たちです。

 

ただし、彼女を嫌っている人は、
100%男性、なのです。
年齢はさまざまですが、男性ばかり、彼女に嫌悪感を示すのです。

女性は、男性たちが嫌っている彼女の一部分を
【個性】と割り切れるのに対して、
男性はとても感情的に嫌悪感を示します。

IMG_1752

ずっと不思議だったんです。

男性たちは、彼女の何が、そこまで嫌なのか。

普段、とても温厚な男性が、急に彼女に対して
反射的に感情で反応するので、ビックリします。

とはいえ別に、
私だってみんなに好かれているとは思えないし、
私のことを嫌いな人もたーくさんいると思いますが、
大人になってから、しかも職場で、
あれほど感情的に嫌われた経験はありません。

たまたま先日、彼女をハッキリ『キライ』と言った男性の
ボヤキを耳にしました。

そしてそれは、息子を育てている私は特に、
気をつけねばいけないことなのだと身に沁みたのです。

 

注意ポイント①しつこくせずに任せること

 

「だってさ~、メールでXXXお願いします。って送ってきて、
15分後にご丁寧に電話で同じこと言ってきて、
更にまたさっき電話ですよ~?
わかってるよ~、ホント。マジで嫌い…」
こんなことが常にあるんだそうです。
お願いしたいことを何度もメールしたり、
何度も電話したり、


そういうことをされると、特に男性は
自分が無能だと思われているような気になるんだろうと思います。

女性の場合、私が彼女に同じように何度も同じことを言われたら、
直接彼女にこう言います。

 

「も~、わかってるってばwwwしーつーこーいwww」^^

そして彼女がこう返して、


「ごーめーんっっなんか心配になっちゃって~」^^

チャンチャンと場が和やかに収まります。
双方、わだかまりなく。

しかし男性は、こういう反応ができない、というか、
その前にカチン!と来ちゃうんですかね。

息子に同じことを言われないように、気を付けます。

「何度もうるせーんだよー!!!」

と大きくなった息子に言われている自分が目に浮かびます。

IMG_1485

 

注意ポイント②問題を大きくしない

 

仕事上、私にとったら『問題』でもない出来事も、
彼女はすぐに
『問題』として大きく捉え、扱おうとします。

恭しく上司に報告したり、逆に上司に進言したり、
全員宛てに大々的にメールをしたり。

そのたびに男性陣の表情が険しくなります。

年を取ると、「まあまあ、いいんじゃない?なるように…」
済ませる範囲が広くなります。

その範囲がおそらく年齢にしては小さい彼女は、
すぐに全員宛てにケンカ腰のメールをしてしまいます。

私やほかの女性陣は、そんなメールが来ても気にならず、

あとで彼女本人とこんな会話ができます。

「大丈夫だよー、そんなに大きな問題じゃないよー」
「えー?そうなのー?アタシもう心配で…」

しかし男性陣はダメなんですね。

【嫌悪感】が見て取れます。

 

注意ポイント③組織の序列を尊重する

 

彼女はよく、直属の上司を飛び越えて
社長に直談判したり、
自分の判断で別の部署の偉い人に進言したりしてしまいます。

先日読んだ本では、
男性は特に組織の序列を重んじ、
乱されると混乱する、

ということが書いてありました。
だから、警察も軍隊も、会社も、
男性たちが作り上げたあらゆる組織には序列が存在するのだ、と。

彼女の言動も、おそらく同じことかと思いました。

 

いやいや、何度も言いますが、私は彼女が嫌いではありません。
不器用ですが、普通の良い人です。

超仲良し、でもありませんが、同僚としては合うほうです。
しかし彼女の言動を分析してみると、
私自信が息子の嫌悪感を煽るような言動をしないための
注意ポイントが見つかりました。

私にも、彼女の持っている要素が
少なからずあると思うので、
くれぐれも気を付けます。

お母ちゃんはいつだってウルサイ生き物なんですが、
嫌われたくないっっ

 

にほんブログ村テーマ ワーキングマザーへ
ワーキングマザー
↑参考になります。

↓ランキング参戦中!ポチッとしてくだされ~
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

RECOMMEND