スポンサードリンク

 

長男4歳、なんだかまた、成長してきました。

長男は赤ちゃんのときこそ大変だったものの、

気づいてみたらとても聞き分けが良く、素直で、気持ちの切り替えの早い

手のかからない子になっていました。

(とはいえ弾丸のようにすぐどこかへ飛んで行ってしまうので、追いかけ回すのは大変)

私、朝ごはんにはフルーツをいっぱい食べたいし、食べさせたい派なんですが、

「最初にフルーツを食べて、最後にパンを食べなさい」

と言うと、長男は普通に言われたとおりフルーツから食べます。

しかし、魔の2歳児だからなのか、次男は何を言われたかわかっているのに、

普通の顔してパンを最初に食べます。

 

しかしそんな素直な長男も、

怒られる内容が高度化するにつれて、

だんだんと言うことを聞かなくなってきました。

 

いや、素直なので聞くことは聞くのですが、

素直に「はい」とは言わず、

どこで覚えてきたのか、

「バッッキャロ~メ~…バッッキャロ~メ~…」

と憎まれ口を叩くようになりました。

いや、順調に成長していることの証なんでしょうが、

なんせ長男はすべてが初めてなので、腹が立ったり、途方に暮れたり。

うーん…反抗期が楽しみです。

 

5歳まであと半年を切り、数字はもう完璧で、30くらいまでは数えられるし、

10から逆さに数えるようになりました。

トイレにアンパンマンのカレンダーを貼った効果も多少あったかと。

トイレから、数字を読み上げる声が聞こえてくるので。

 

それなら!とこれも貼ってみました。

我が家ではジョージなら長男も次男も私も好きなので、

Amazon Videoでよく見るのです。

見ていくうちに、どんどんジョージがかわいく見えてきます。

まるで3歳の男の子のようで。

 

それにしても、『黄色い帽子のおじさん』てホントお金持ちなんでしょうね。

ドアマンのいるマンションに住んで、田舎には広い一軒家を持っていて、

仕事に行っているようで、決められた時間で働いているようには見えず。

日本語でも英語でも、結構検索したのですが、

『黄色い帽子のおじさん』『The Man in the Yellow Hat』の職業はわからず。

名前はかろうじて、【Ted】と呼ばれていた映画があったそう。

 

不定期に(おそらく)仕事へ行き、

博士たちと仕事をして、

毎週末のようにオープンカーに乗って田舎に遊びに行き、

たまにジョージを連れて海外にも行き、

普段はドアマンのいる都会の高級マンションに猿と暮らす。

ちょっと羨ましい生活です。

 

元々はフランスで書かれたものだそうなので、

いつか子供らをフランスへ行って、

パリの街でジョージに出会えたら素敵だな。

 

でもまだまだ、次男よりも長男よりも、ジョージのほうが賢い。

もうそろそろ長男が追い越すかな。

 

にほんブログ村テーマ ワーキングマザーへ
ワーキングマザー

↓のバナーをクリックいただけると、ポイントが入ります。

そのポイントでランキングが上がる仕組みです。

もはや私のというよりも、読んでくださっているみなさんのブログ。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ  

RECOMMEND