スポンサードリンク

以前にも書きましたが、現在70代の私の父親は、
厚生年金を満額払って定年を迎え、
専業主婦だった母と年金を主な収入源として生活しています。

その支給額は、ふたりで月25万程度。
そこから税金やら介護保険料やら引かれて、手取りとしては20万弱だそうです。

 

かろうじて家があるのでなんとか生活はできますが、
決して余裕のある生活ではありません。
そしてその年金の支給額も、年々下がってきています。
かつ、支給開始年齢も年々引き上げられています。
そうなるとやなり、生活に困る高齢者は、いまでも既にたくさんいらっしゃると思います。

 

ですが、いまはまだそれでも良い方なんだとか。

これから先、年金を納める人口(若者)はどんどん減り、受給者(高齢者)はどんどん増え、
年金システムが年々そのバランスを崩していくのはもう確実です。
これはもう、逃れられません。

 

『年金システムは破綻する!』なんて言われていますが、
年金が全く支給されない、という事態にはますならないでしょう。

ではどうなるのか。

 

おそらく私たちが定年を迎える約30年後には、
まず定年が70歳以上にはなるでしょう。
そして年金の支給開始年齢は、例えば75歳。

支給額はいまの3分の1、なんてのが現実的なところでしょうか。

そしてそれが国民年金なら一体いくらになるのか、見物でもあります。
国民年金を満額払って受け取れる年金額は、いま現在でも8万円ほどです。
つまり『自分で貯めとけよ』ってことですよね。

それが厚生年金でも言えるようになる、というのが極めて現実的な予想です。

 

やはりいまの子育て世代、いまの30代、40代の老後は、
行政システムが実情に合わせて変化する、ちょうどその転換期にかかる可能性が高く、
経済的にかなり不透明な部分が多いです。

逆にいまの20代の定年のころには、人口の年齢分布もまた変わっていますし、
行政システムの転換も一段落ついていることでしょう。

このような状況ももう見えないフリができなくなり、
私は打開策を練っているわけなんですが、
その策のひとつとして、先日書いた、収入源を増やす、という取り組みも始めました。

 

いまの時代、ひとつの収入源に依存するのは、長い目でみてリスクが高いと思いました。
まして旦那さんだけの収入に頼って生活するのは、私にはとても怖くて無理です。
数年前までは考えられないような大企業が経営破たんしたり、買収されたりしています。
この会社に就職すれば安心、という会社はいまは無いに等しいんじゃないでしょうか。

年功序列の給料体制も見直されています。
定年が70歳になるころには、給与は年々上がるものではなく、たとえば50歳をピークに
年々下がるものになるとも言われています。

 

その上、そんな不安定な会社に勤めて年金を払っても、受給できる金額では生活できません。
これはそんなに悲観的な予想ではないです。

そして私が据えた、第2の収入源は、まずは手っ取り早い資産運用です。
3年ほど前から始めてはいましたが、今の形式に落ち着いて半年ほどで、
やっと月10万程度の利益がコンスタントに出せる仕組みを作ることができました。
このまま元手を増やし続ければ、そのまま倍々ゲームになる算段です。
(まだ私自身も試運転中なのですが)

 

たとえばあと5年サラリーマンを続けて元手が十分になったら、
この第2の収入源を主な収入にして、サラリーマンはやめてもいいと思っています。
その間、第3、第4の収入源としてはじめられるビジネスなども画策中です。

月50万の利益を出せるビジネスは難しいですが、
月10万の利益が出せるビジネス×5個なら、なんとかなるような気がしませんか?

もし、少しでもここに書いたような話が現実的に思えたら、
またこんな本でも読んでみてください。

いくつか関連本を紹介していますが、それぞれの本で反対のことを言っていたりします。
「おいおい、どっちなんだよ!」と思いながら、自分の価値観に合う正解を見つければいいのだと思います。
万人にとっての正解は、ないんです。

『これなら私にもできそう』と思えることが見つかると、具体策はおのずと見えてきます。

 

にほんブログ村テーマ ワーキングマザーへ
ワーキングマザー
↑参考になります。

↓ランキング参戦中!クリックしてくだされ~

ブログランキング・にほんブログ村へ

RECOMMEND