いちばん簡単な『寝ていてもお金が増える方法』
スポンサードリンク

 

「いま貯まってる100万、どうしよう。
定期に入れてもほとんど利息つかないし、かといって投資とか面倒だし。
学資保険とかかな~。」

 

という相談を受けることがよくあります。

私ならその100万は、すべてFXにぶっこんでガリガリ運用しますが、
そんなの面倒だし、興味もないし、なんか怖いし~、みたいな人も多いですよね。

そんな方にお勧めしたいこと。

まず最初に大前提として言わなければならないのが。

 

銀行には絶対に相談しないこと!

 

金融商品を作っているのは証券会社であって、銀行はただの販売代理店です。
そして銀行としては、銀行がいちばん儲かるものを買ってもらうために、
あの手この手でプロの技で売り込んできます。

銀行で金融商品を買うことは、銀行の手数料を余計に払うことです。

せっかく貯めたお金を簡単に運用して利益を得たいのに、

その利益を銀行にもあげなければならないことです。
そのくせ、リスクはすべてこちら側が負担します。

銀行はリスクをとることなく、手数料だけ掠め取ろうとします。

そんな銀行がいま狙っているのは、現金を持っているお年寄りです。
知識の無いお年寄りが銀行に多額の手数料を払うことで、

銀行は銀行員の給料を払っているってことです。

 

そして次に、

貯蓄型保険にも、手を出さないこと!

 

これも銀行と同じ話です。
なぜあえて、保険会社に手数料を払うのか。
本来【保険】と【貯蓄】は別々に考えるものであって、一緒にする意味は一切ありません。

資産運用を管理するのが面倒だから?素人よりプロにお願いしたほうが安心だから?

そんなイメージを持っているとしたら、まさに彼らの戦略にハマッているからです。

 

資産管理は、決して面倒ではありません。
そして、プロに任せる必要もありません。

 

貯蓄型保険て、なんかよくわかんないけど【良い】ものな気がしますよね。
いざというときのための備えにもなって、しかも貯蓄もできて。

ですがこれが、保険会社が彼らの商品を売るために考えた、
大衆の目をくらませる方法です。

保険だけでは売れなくなったとき、保険商品を
複雑でよくわからないけど【なんか良さそう】というイメージにするために考えた戦略です。
いかにして手数料をとるか、狙いはそれだけです。
会社である限り、社員の給料を含む利益をあげなければなりません。
そのために頭の良い人が知恵を絞って、広告でイメージを広めたものです。
うまい方法です。

 

じゃあ、どうすればいいのか。

↓の本に書いてありました。

この方法は私にはちょっと消極的過ぎて向かないですが、
お金のことよくわからないし~、と思っている人には良い本だと思い、
ご紹介してみました。

 

簡単に言うと、自分でネットの証券会社で口座を開いて、
特定の投資信託を買って、そのまま置いとけ、というお金の増やし方です。
確かに、かなりの確立で年利5%くらいで増えると思います。
(私は多少のリスクと手間をかけて、それ以上の利率を上げたいのでやりませんが。)

 

とはいえいずれにしても、大多数の人が銀行や保険会社に騙されてくれて、
多額の手数料を払ってくれるからこそ、
ちょっとした手間をかけた人が儲かる世の中なんですよね。

みんながみんな、宝くじも保険も買わずに
直接証券会社から商品を買って効率的に運用を始めたら、
得をする方法はもっと少なくなるんでしょうね。

知っている人だけが得をする。
ちょっとした手間を惜しまない人だけが得をする。
その【得】が、いまや半端ない金額になっている。

 

そういう歪みが、極端な話、格差を生んでいるような気もします。
調べれば調べるほど、こんなに簡単にこんなにたくさんお金が増えていいものなのか、
と思うことがあります。

知っている人に言わせると大したこと無いんですが、私の印象では知らない人がまだまだ多すぎる。
そしてそれは、女性に多いと思います。

「興味ない」なんて言ってる場合じゃないんですがー、どうですかね?

 

にほんブログ村テーマ ワーキングマザーへ
ワーキングマザー
↑参考になります。

↓ランキング参戦中!クリックしてくだされ~

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

お金のことの関連記事
  • もしかして、まだ宝くじ買ってるの?
  • 私のお気楽チマチマFX
  • 約7年使い続けたネットスーパーを変更するかもしれない件
  • 脳が勝手に解決してくれるんですって
  • お得なんです、絶対!やらないなんて、勿体無い!
  • なぜかお金が貯まらない・・・そんな【習慣】を断ち切るための大切な第一歩
RECOMMEND
【ハグ】や【抱っこ】より
子供/子育てのこと
【ハグ】っていまや、日本でも結構一般的ですよね。そもそもは欧米の習慣です。日本では、恋人、夫婦や近...