スポンサードリンク

ふるさと納税に関して、↓の記事にも書きましたが、

 

しつこいですが、やっぱりこんなにお得な話はありません。
収入のある方は、絶対やったほうがいいです!

 

繰り返しますが、私の2015年の所得に対して、下記合計4万円分の寄付をしました。

 

①岩手産新米60kg(20kg×3回の配送):寄付額3万円
②大阪産高級タオル(バスタオル×2枚、フェイスタオル×2枚):寄付額1万円

 

返礼品は既にすべて送られてきていて、
おいしいお米とフカフカなタオルに大変満足しています。

特にお米は、これを頼んでおけば1年間お米を買わずに済むので
かなりの節約になります。
なのでお米は既に、2016年分も申し込み済みです。
特にこれは↓人気なので、売切れてしまうので。

 

そしてつい先日、今年の住民税の納付額の通知が来たので、
ちゃんと【ふるさと納税】で得できているのか、確かめてみました。

 

↓が、私が今年の3月に提出した確定申告書です。

 

赤枠の3箇所が、ふるさと納税の寄付額を書き込むところですね。

私はサラリーマンで、主な収入が会社からの給与なので、
それ以外の箇所は会社からもらった源泉徴収表に書かれている金額を書き写したり、
説明書にあるとおりに計算した数字を書き込むだけです。

 

あと、寄付した後に自治体から送られてくる証明書を貼付するだけです。

なので私は、説明書を読む時間も含めて、2時間もあれば終わりました。

そしてこれを、近くの税務署に提出するだけです。

そして結果、2016年に支払う住民税は、ちょうど38,000円引かれていました。
同じ収入の年の住民税の金額と比べたので、確かに安くなっています。

 

ここまで一連の【ふるさと納税】の手順を踏んでみると、

やっぱりどう考えても、びっくりするほどお得!

国のやることは、やっぱりレベルが違いますね。

たった2,000円で、お米60kgが手に入っちゃうんですよ!

 

ちなみに旦那は、彼の収入分で①フカフカ羽毛布団、②私と同じタオルセット、③焼酎セット
を2,000円でゲットしておりました。

 

2016年も、旦那ともども満額ふるさと納税をするつもりです。
そして2016年は、FXやらなんやらの副収入もあるので、また確定申告せねばです。

確定申告は面倒なようですが、やっぱり税金の勉強になるので、やっといたほうが
あとあと得できそうな予感がします。

 

自分で実感しているんですが、収入が上がれば上がるほど、
当然ですが税負担が大きくなるので、どうしても税金が気になってきます。
いかに節税するかで、どれだけ手元にお金が残るかが、かなり変わってきます。
そんな中でのこの【ふるさと納税】というお国のシステムは、かなり好都合です。

いつなくなるかもわからないし、なんでもっと早くやっておかなかったのか、
それだけが悔やまれる~~っ

じゃあ自分がいくら寄付できるのか、シミュレーションはこちら

 

にほんブログ村テーマ ワーキングマザーへ
ワーキングマザー
↑参考になります。

↓ランキング参戦中!クリックしてくだされ~

ブログランキング・にほんブログ村へ

RECOMMEND