スポンサードリンク

 

昔、よくある大家族のドキュメンタリー番組をテレビで見ていたときのことです。

その家族は子供が10人くらいいて、どこか地方に住んでいて、
お父さんの仕事が安定していない時期や年末には、
給料日までの食費さえままならない、という感じでした。

そのため給料日までは家にある食べ物や近所からのおすそ分け、
納豆や豆腐でしのいでいました。

 

そして給料が入るや否や、スーパーへ行ってお肉をたくさん買って
久しぶりに家族でお腹いっぱい食べて、今月も何とかなったね~、と言っていました。

 

私はただ何も考えずに楽しくボーッとテレビを見ていただけなんですが、
この大家族のお母さんは、なんて物を知らないんだろう、とびっくりしました。

 

世の中のスーパーで、どの種の食べ物が値段が高いか安いか、
どんな食べ物がお腹にたまるか、
それを知ってさえいれば、
もっとずっと家族にたくさんご飯を食べさせてあげられるのに、と思いました。

 

なんせお母さんが給料日に買っていたお肉は、
あらかじめタレが付いている味付きの牛肉でした。

それを何パックも買っていました。

いやいや、育ち盛りの子供がたくさんいるんだったら、
もっと安い肉をたくさん買って、適当に味付けて出すほうが
ずっと満足度高いだろうよ~
牛肉を買うにしても、
味付きの肉を買うべきは、料理の手間と時間をお金で買いたい人であって、
給料日を待たないとお肉が変えない人ではないでしょ~っっ

私には、この家族やお母さんを馬鹿にする気持ちは毛頭ありません。

 

でもでもやっぱり、
もうちょっと考えて暮らせば、もう少し経済的に余裕ができるんじゃない?
と思いました。

ま、これはただの余計なお世話なんですが、
いやいやマジで、何が大切ってやっぱり

情報

ですね。

私のスマホ代が月々1,500円程度で済んでいるのも、
そのための情報があってこそ実現したことです。

年会費3,900円払うだけで、ありとあらゆるテレビ番組や映画がテレビ画面で見放題なのも

1年分の米が、2,000円で手に入るのも

なにをしたって、

 

【ググッた】

だけです。

 

もともとはアメリカが軍事用に作り、その後民間に魅了で開放したインターネットの世界は、

いまや人類の英知に簡単にアクセスできるツールです。

 

もちろん無料だからこそ、有象無象の情報であふれているので
使える情報と使えない情報を見極める目は必要ですが、

「ねー、これ使ったことある?便利なの?」

と隣の席の同僚に聞くように、理論上31億人の人に聞くことができるということです。
(※2015年のインターネット利用人口:31億7千人)

 

何か困ったことがあるとき、
何かを買おうと思ったとき、
何か必要だと思ったとき、
何か不思議に思ったとき、

まずはとにかく、【検索】しましょう。

 

言われなくてもしてるよ、と思ったら、これはどうでしょう。

【検索ワード】の精度、充分ですか?

 

Googleの検索エンジン(Yahooも同じ)は、その細かい仕組みは公開されていないものの、
基本理論は簡単です。

 

存在するすべてのウェブサイトの左上から順にテキスト情報を読み、
【検索ワード】との親和性の高いものから表示します。
(※【広告】と表示されているサイトを除く)

 

そしてウェブサイトの中でも、"成績”の良いサイトから、上位に表示されると言われています。
”成績”とは、サイトが存在する期間の長さや、他サイトからのリンク数など、
その細かいところは公開されていませんが、基本的に上位になればなるほど、

『検索している人にとって有益であろう』ウェブサイト、ということになります。

 

↑にも書いたとおり、ウェブサイトのテキスト情報をを読み取っているので、

なんと書いてあるウェブサイトを探しているのか

そのフレーズを検索することが大切です。

 

たとえば、
週末のアンパンマン・ミュージアムがどんだけ混んでるのか
を知りたい場合。

 

『アンパンマンミュージアム』と検索するだけでは不十分ですよね?

この場合おそらく、実際に週末に行ってみた人のブログなどの情報をみるのが
もっとも信憑性が高いと思われます。

 

それであれば、
『アンパンマンミュージアム 週末 混雑』

 

もしくは

『アンパンマンミュージアム 週末 混んでた 時間 列』

 

など単語を足していけば、どんどん精度の高い検索結果があがってきます。

 

昔結婚する前、経済的にかなり困窮していた時代がありました。
日々使う化粧水などを買うお金もなく、でも時間だけはあったので、

『化粧品 無料』
『サンプル 化粧品』

 

などで検索しまくり、無料サンプルだけでしのいでいた数年間がありました。

ご存知のとおり、いえ、あなたが思っている以上に、
インターネットに存在する情報は膨大です。

探している情報は、ほぼ必ずインターネット上に存在します。


知らないことは、存在しないことと同じ

知らずに済ませたほうが幸せなこともある

これもいずれも真実だとは思いますが、
よほど社会と断絶した世界で生きるのでなければ、
【情報強者=豊かな人生を送れる者】

という時代だと思います。

 

情報強者になるためには、【検索】するのみ。

↓参考図書

にほんブログ村テーマ ワーキングマザーへ
ワーキングマザー
↑参考になります。

↓ランキング参戦中!クリックしてくだされ~

ブログランキング・にほんブログ村へ

RECOMMEND