スポンサードリンク

 

小さいころ、まだ40代や50代前半だった父が、

母にいわゆる【にぎりっ屁】をして、

ウシシシシ…と笑っていて、

母が「もうっ!やめてよっ!」って嫌な顔して言っていて、

それを見て私は、双方不思議でした。

 

私は母に、

『それは家族であっても人にしてはいけない、なぜなら失礼だから』

という基準でいろいろとしつけられていました。

例えば、足で人に触ることとか、人をまたぐこととか。

そしてその観点で行くと、【おなら】という臭いものを、

人の鼻にわざわざ持って行く行為である【にぎりっ屁】って、

とても【失礼】だよね?

 

私は親である母に、『失礼なことはしてはいけないこと』と教わっていたのに、

同じ親であり大人である父が、嬉々としてそれを母にやっていたことがまず不思議。

そして母も、すごく嫌な顔はしていたけれども、私たち子供を怒るようには

父を怒ったりせず、何度やられても

「もうっ!やめてよっ!」と言うのみで、だからまた父もやるわけで。

 

とはいえもちろん、いちばん不思議なのは、

そんな下らないことで喜んでいた父。

大人はそんなバカみたいなことしないと思っていたのに。

しかも子供の私でもしないような下らなすぎるイタズラ。

 

そして気づいたら、結婚した友人も、

私自身も、旦那の【ガキとか思えない愚行】に驚きました。

友人は、トイレに入っていると旦那がドアを開けてきて、

「やめて!」と怒るのを見るのを、とにかく喜んだそうです。

失礼ですが、「バカか?」と思うわけですよ。

そしたらたまたま読んでいた本に、そういう言動が、男子/男性の典型的な言動であると書かれていて、膝を打ったのであります。

そもそも男子は子供時代から学生時代、男子同士でこんな会話を繰り返しながら、

男子同士の親しい人間関係を構築していくのだそうです。

A男「お前のさっきのシュート、まじカッコ悪かったよな~」

B男「お前こそ走るの遅すぎだろ~ノロマ!」

C男「お前らふたりともそもそもサッカー超ヘタじゃ~ん」

A男「なんだよ、C男、あんなブスな彼女連れてるくせによく言うよ~」

C男「お前なんて母ちゃん超デブじゃん」

B男「あ!テメエ!オレの靴踏んでんじゃねぇよ!バカじゃねえの!ちゃんと目ついてんのかよ~!信じらんね~!新品なんだぞ!ふざけんなよ~!」

C男「あ、わりいわりい。ってか、新品ならこんなとこに置くんじゃね~よ」

 

おそらく、競争心が比較的強いとされる【男性脳】同志が、

たき火を囲んでマンモス狩りの結果を振り返っている会話も、ほぼ同じ流れだったのでしょう。

 

先日、マザー牧場へ行ったときの話。

マザー牧場は、ちょっとした山の上にあるので、山道を車で走るわけです。

細いクネクネの道を運転する旦那は、少々気が立っていたのでしょうね。

 

対向車が来たので、助手席に座る私がボソッと

「後ろのあそこによけられるね」

と言ったら、

「聞いてもいない、わかりきったことを言ってんじゃねえよ!

聞かれたことだけに的確に答えろ!」

と旦那に言われて、

私としたら急に顔に平手打ちを食らったような感覚で、心がボキッと折れました。

 

なんで急にそんな怖い言い方をするのか、意味が分かりませんでした。

でも旦那にしたら、その言い方で私がそこまで心折れることのほうがわからなかったようです。

あとで和解しましたが、そこはホント、相容れないな~と毎回思います。

もう感覚的に、反射的に、そういう強い言い方をされると、

自分が否定、拒絶、攻撃されているように感じてしまう私と、

ただ割と普通に、親しい相手として会話しているだけの旦那。

どっちが良いとか悪いとかじゃないんでしょうか…

【ガキ的チョー下らないイタズラ】は、私が再三抗議したら、

うちの旦那は途中でやらなくなりましたが、

やめてくれない、という旦那さんの話もよく聞きます。

 

私としては、【ガキ的下らないイタズラ】も、

【攻撃的な物言い】も、どちらの男子文化も、ぜひやめていただきたいんですが、

いかがなもんでしょうか。

ただただ、意味がわからんのです。

 

 

↓をクリックいただけると、ブログランキングのポイントが入ります。

登録がなくてもどなたのクリックもポイント対象です。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

いつも応援ありがとうございます。

自分以上に頼りになる人、いますか?

お知らせ

私がやりたかったことは、ファイナンシャル・プランとはまた別のもの。

わかっていても貯金できないから困っていたんです。

苦労して見つけた、仕組み。

 

コメント一覧
  1. とら より:

    気づいたらうちはやらなくなってましたね~。確かに結婚当初はあって、アホか!と毎回あきれてました。可能性があるとしたら、

    育児でテンパってて常に旦那に対する言動が攻撃的になっていたから

    、、、旦那にしてみたら、しょーもないイタズラをやる必要がなくなったのかもしれません、、、

    • みゆき より:

      とらさん、なるほど~…
      しょーもないイタズラは、うちもかなりひどく言ったらやめてはくれました。
      それはよいとして、乱暴な物言いは直そうとはしてくれず、なんだかなー、という感じです。
      でも彼としたら、特に乱暴に言っているつもりはないと言うし。
      もう、平行線?

  2. たま より:

    しょーもないイタズラ、我が家では私が夫に仕掛けています。さすがに握りっ屁はしませんが。
    そういうのって男子文化なんでしょうか?!
    夫はお上品にしつけられてて、私は田舎育ちでガサツだからなーと思っていました。
    私も夫に、バカか!と思われているのだろうか。。
    息子にはお上品なところはお父さんに似てねと思うけど、そこは私と同じ血が流れている気がします。

    • みゆき より:

      たまさん、しょーもないイタズラにもいろいろあって、握りっ屁はさすがにしない、と言う時点で、
      少し男子文化とは違う気がするんですよね。
      要するに、デリカシーがないというか、あえて人が嫌がることをして、人が嫌がるのを楽しむ、というか。
      予想ですが、たまさんのイタズラは、デリカシーを欠くタイプではないのでは?

  3. さつこ より:

    うちもあります、旦那にしたら大したことない行動なんだろうけれど、私には超不快なこと。
    部屋干ししている私の下着を取り込んで、畳む部屋に思いっきり投げる。
    運転席に座っている私の座席を、後部座席から蹴って呼ぶ。
    普段は旦那にキツい物言いはしないように気をつけていますが、どちらも不快感をあらわにして伝えました。
    止めてはくれましたが、なぜ私が嫌な気持ちになったのかは分かってないと思います。
    旦那とは10歳からの付き合いで、子どもの頃から周りから取り入られる性格でした。
    逆に私はコバンザメのように、人の機嫌を伺って立ち回る性格…。
    旦那の両親も、よく言えば裏表のない性格ですが、思ったことをすぐ口にする人達なので、傷ついたことは数知れず。
    そんな両親に育てられ、元来の性格もあってか、自分のどんな行動や言動が人を不快にするのか学ばないまま大人になってしまったんだと思っています。
    だけど本当に嫌だと感じたことは伝えていい、と思っているので、長々と言わず、シンプルにストレートに言うようにしています。

    • みゆき より:

      さつこさん、やはりいましたか。ものすごく気持ちがわかります。
      うちも私が嫌がるのでやめてはくれたものの、なんでそんなに嫌なのかいまいちよくわかってはいないと思います。
      しかし、会社の人にはやらないと思うので、やはり親しいからこそやっているのだと思ったのです。
      親しい仲でも失礼なことはある、と私は言われて育ったのでそれが当然だと思っていたら、驚くようなことをされて、本当にびっくりするとともにとても不快でした。
      シンプルに言っていたのですが、でもうちはしばらく言い続けないとやめてはくれませんでしたねぇ…

      これまた10歳からの付き合いとは、なかなかのものですね。すごい。長い付き合いですね~

  4. ようこ より:

    うちも小学校からの付き合いです。
    旦那のイタズラ、うちでもあります。
    嫌な言い方もたまにあります。
    そうか狩猟民俗の脈々と受け継がれていた日常会話ならなかなか直らないですね。
    うちは、いたずらはなくならないけど
    嫌な言い方は減ってきました。

    • みゆき より:

      ようこさんもそういえば長いおつきあいでしたね。
      そしてイタズラも言い方違うのもあるんですね。
      そしてイタズラはまだなくならないんですな。。それはまた。。
      そんだけ長い付き合いでも、イタズラがなくならなかったり、嫌な言い方が減りはすれどもなくならないんですね。
      なんだか気が遠くなります。

コメントを残す

RECOMMEND