子供はきっと、超えてくる

 

いいですか?

うちの次男(2歳半)の妙ちきりんな嗜好を聞いてもらえませんか?

赤ちゃんのときからだったのですが、彼は妙に、【髪の毛】が好きでした。

髪の毛です。

いちばん好きなのは、私の髪の毛です。

私のが触れない時は、自分の髪の毛を触ったり、保育士さんの髪の毛もよく触っているそうです。

赤ちゃんのとき、抱っこして寝かしつけようとしていると、まだ生後2ヶ月とかなのに、

頑張って手を伸ばして、私の髪の毛を触ろうとしていました。

かわいくて、私も首を伸ばして触らせました。

 

いまも、夕方保育園にお迎えに行くと、

「ママー!」と駆けてきて、抱き着くよりも先に、

私の髪の毛を両手でわしづかみにして、しばしウットリ、髪の毛に集中します。

それから、抱き着いてきて、「おかえり!」と言ってくれます。

 

家に帰っても、お風呂に入ってご飯を食べた後のくつろいでいる時間は、

ほぼずーっと、私の髪の毛を追いかけています。

いま彼がはまっているのは、私の髪の毛をひとつかみして、

それで自分の耳の穴をクリクリするという、ヒジョーに妙な行為です。

写真、見ます?

 

 

テレビを見たりボーッとしながら、私の髪の毛で耳の穴をクリクリしています。

コレ将来彼女やパートナーの髪の毛でもやるのかなぁ…

私が立ち上がろうもんなら、

「かんもけ(かみのけ)、さありたいのぉー!!!」

と追いかけてきます。

 

なんですか、コレ?

前世は美容師?もしくは髪の長い女性?

と姉と想像を膨らませています。

 

前振り長くなったんですが、この前会った方がこう言っていました。

「10歳の長男が、Youtuberになりたいと言い出した」

 

おお~!ザ・時代!!!

「いいじゃないですか~!」

と言おうとしてハタと思いました。

 

実際に、自分の息子がYoutuberになりたいと言ったら、

私は心から応援することができるだろうか。

女の子であれば、【キャバクラ嬢】がなりたい職業で上位にランキングされている時代です。

 

おそらく、いや絶対ですよね。

子供は必ず、親の想像は超えてくるでしょう。

 

いま私は、息子らが宇宙飛行士になりたいと言っても、ヴァイオリンを極めたいと言っても、

医学博士になりたいと言っても、サッカー留学したいと言ってもサポートできるようにしたい、なんて思っていました。

しかし、しかしですよ。

おそらくどれもハズレるんでしょうね。

きっと予想もしていなかったことを言うはずです。

 

なんせ20年後には、いまは存在しない職業がワンサカ生まれているでしょうから。

 

Youtuberは大変な職業だと思います。

なんなら、広告代理店の営業よりは大変だと思います。

でも私には、正直、正直な話どこかで、Youtuberという職業を軽く見ているところもあります。

職業として新しすぎて、オバチャンはまだ100%ついていけていません。

 

私が18歳でアメリカに留学したいと言い出した時、当初は両親に反対されました。

いま思い返すと、自分でもなぜ留学じゃなきゃいけなかったのか、うまく説明できません。

でも若く無鉄砲な私は「これだ!」と強く思いました。

最終的には応援してくれましたがその時母は、こう言いました。

 

「そんなこと言うなんて、想像もしてなかった」

 

そう親に言わしめた私は、きっと子供に同じことを言わさられるのでしょう。

なんにせよ私の元からは離れて行ってしまう子たちのために、

この本は本棚の最前列に並べておきます。

 

 

↓のバナーをクリックいただけるとブログランキングのポイントが入ります。

更新の励みにさせていただきます。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

いつも応援いただき、本当にありがとうございます。

本当は不安でたまりません。

 

Twitterでフォローしよう

RECOMMEND