スポンサードリンク

 

何度も書きましたが、いまの私の上司は

高校生の息子さんがいるワーキングマザーです。

 

私の上司であり、会社の役員でもあります。

私がふたり目の育休中に入社されて、

1年足らずで役員会入りを果たしました。

カリスマ性というのではない気がしますが、

会議でもなんでも、場の空気を支配するテクニックを持っています。

 

上司として、人として、私と相性がいいとは思いませんが、

まともで頭が良くて、フットワークが軽く、

私が言うのもおこがましいですが、とても有能な方です。

怒ると怖いですが、それはやはり、

それだけの責任を背負っているので仕方ないですし、

理不尽なことで怒ったりはしませんし、

部下に責任をなすりつけたりもしないし、

部下の手柄をかすめ取ったりもしません。

 

そんなことしてるヒマあったら他のことやるわ、って感じです。

 

そんな彼女はやはり、私の会社にビュンビュンと新しい風を吹き込んでいる気がします。

 

↑の記事の件もそうですが、先日の雪の日のこと。

朝から雪が降ることがわかっていて、彼女は来て早々大きな声で、

 

「今日はもうさ、帰れる人はどんどん帰って、家で仕事すればいいから。

わざわざ夕方まで会社にいてさ、雪まみれになって帰れない、

みたいになったらバカみたいだから。帰って、帰って~」

と言いました。

 

私はまんまと便乗して、午前中にはもう会社を出ました。

そしてやはり、夕方になると電車が止まったり遅延したりしました。

うちの会社はいまのところ、在宅ワークを制度的には認めていません。

でも彼女の回りでは、合理的と判断されれば

必要に応じて柔軟な働き方ができます。

もちろん、やることはやらないと超怖いです。

彼女に吊るし上げられている人も目撃したことがあります。

 

でも、彼女の求めるパフォーマンスを上げれば、

とても働きやすい、次世代のリーダーなのかもしれない、と思いました。

 

私はもはや、会社にとっては去る人間なのですが、

もし残ることになっていたなら、彼女が社長になったわが社を、

見てみたい気持ちになりました。

 

これまで私の知る限り、社長は本社から送り込まれた外人男性でした。

一度だけ日本人の男性の時もありましたが、女性社長は今までいません。

会社として時代に合わせて進んでいるようで、実情は結構男尊女卑だったりします。

 

そんなうちの会社において、社長に近いところにいる彼女。

まだまだ彼女も40代。可能性はぜんぜんあると思いました。

 

彼女のような有能で逞しい人が、最前線で実際にがんばってくれるから、

社会が少しずつ、少しずつ変わってくるのです。

私も、違う頑張りで、なんらか貢献したいとも思っています。

 

にほんブログ村テーマ ワーキングマザーへ
ワーキングマザー

↓のバナーをクリックいただけるとブログランキングのポイントが入ります。

登録がなくても、どなたのクリックも対象です。よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

いつも応援いただき本当にありがとうございます。

みなさんの役に立つ記事を書けるよう頑張ります。

RECOMMEND