なんでこんなにイライラするんだろう

 

こんにちは。ワーキングマザー・サバイバルのみゆきです。

日曜日の朝、いつものように子供たちに起こされてベッドから出て、

後から夫も起きてきて、着替えさせて、

ご飯を食べて、私は洗濯やら片付けでしばらくパタパタと歩き回る。

その間夫は、リビングのソファで毛布をかぶって寝てしまう。

とはいえもう4歳半と2歳。

テレビを見ながらオモチャで遊んだりして、特にずっと見ていなくても問題はない。

ケンカが始まれば夫も最低限の仲裁はしている。

 

なのになぜか、イライラする。

なんでだろう。

 

私がお願いしたから(本来私がお願いするものおかしいのですが)

子供とほぼ同じ時間に起きてくれる夫。

子供の着替えはやってくれるし、オムツも替えてくれる。

ただ、ご飯の後にリビングで寝ている、ただそれだけで、

どうしてこんなにイライラするんだろう。

 

なんだかエゴのにおいがすると思って、キレる前に考えてみました。

どうして私はこんなにイライラしているんだろう、って。

 

洗濯物を畳みながら、汚れた食器を食洗機に入れながら、

結構時間かかりました。

 

そしてたどり着いた私の結論。

 

私には多分、理想の家族像があって、

早寝早起きで活動的な家族でいたいんだと、気づきました。

そう、私はただ、もっと外出したかったみたいです。

というのも、前日の土曜日も、お昼を家で食べて、

午後1時ころに近所の公園へ行って、スーパーに寄って帰ってきただけ。

次の日の日曜日も、全く同じ内容。

 

忘れていた記憶を思い出しました。

夫と結婚して、子供が生まれる前。

夫はもともと、とてもインドアで夜型な人です。

そもそも一緒に暮らし始めて、一緒にベッドに入らない時点で

ちょっとびっくりしました。

一緒に「おやすみ~」とベッドに入って寝る、

一緒に暮らすってそういうもんだと思っていたのですが、

彼とは寝る時間、起きる時間が違いすぎました。

 

私は規則正しい早寝早起きが心地いいタイプです。

それがいちばん体調が良いからです。

しかし彼は、逆に規則正しい生活に我慢がならないタイプ。

 

なので週末ともなると昼過ぎどころか夕方まで寝ていて、

夜9時ころになって「ご飯なに~?」という感じで、とても戸惑いました。

私の理想は、週末のうち1日は出かけたり、外でご飯を食べたりしたかったのですが、

出かけたくない人を連れ出すことにも疲れて、

ひとりで出かけるようになっていました。

 

夫も私も、良くも悪くも根本的に変わっていなくて、

私はお外に出たい、そして新しい場所に行きたい。

対して夫は、できるだけ家の中にいたい、そして出かけるなら同じ場所で良い。

 

この違いによるジレンマであり、イライラであったんだと、

考えてみてやっとわかりました。

 

なので例えばですが、週末のうち土曜日は、朝から出かけて外でお昼を食べて、

いつもとは違う場所へ行って、夕方に帰ってくる、ということがしたい私。

ひとり、もしくは姉と子供らで毎週のように出かけて、その間夫は留守番、

というのをやってみたい、と夫に申し出てみました。

 

しかし夫は「うーん…」と難色を示します。

それをやり始めてしまったら、

もう二度と自分は子供と一緒に遠出しなくなってしまうような気がする。

そしてそれは、少しさびしい気もする。

かと言って、私のペースでお出かけや旅行がしたいわけではない。

で、「うーん…」です。

 

彼のその気持ちも、よくわかるような気がしました。

彼だって別に、積極的に『でかけなくたい』と言っているわけではないんです。

ただ、小さな子供を連れて出かけるのは大変だから、大変でない場所にしたい。

そしてその彼の『大変ではない範囲』が、私には狭すぎる、というだけのこと。

彼にとっての『大変ではない範囲』は、

車で1時間程度の場所

でも子供いるから結局公園

公園なら近所の公園で十分な気がする。

という思考回路かと思います。

 

しかし私にとっての『大変過ぎない範囲』は、

いまの子供らなら、飛行機で1時間の距離なら、十分行きたい範囲です。

新幹線で2時間とか?電車で2時間とか?車で3時間とか?

 

なので、どこに出かけるか、となった時もかみ合わないんです。

最終的に夫は大抵、

『やっぱりいまはまだ小さいから、近所の公園で十分』

となってしまい、私が物足りない、というパターンです。

 

なので…

一旦、夫に留守番してもらい私が子供と3人、もしくは姉などと出かける、

というパターンをやってみようと思っています。

夫には、途中で寂しくなったら『寂しい』と言ってもらうようにします。

 

そしてなんなら旅行だって行きたい。

だってだって、親とお出かけ、親と旅行なんて行ってくれるのは、

頑張って中学生まで?いや、私の記憶では小学生がいいとこです。

女の子ならまだ、高校生や大学生になってまた親と行ってくれるようになるかもしれませんが、

男の子なんてそんなことしてくれるほうが珍しいわけで。

そうなるとあと、10年とかそんなもんです。

 

行きたいところがありすぎて困っているくらいなのに、

10年なんて短すぎる。

別に隣の県だろうが、新しいもの、新しい場所、初めて見るもの、

初めて触るもの、でっかいもの、きれいなもの、いっぱいなもの、

何かに驚き、ワクワクで輝く子供らの表情を、たくさん見たいだけです。

彼らの目を通して、二度目、三度目の【初体験】をしたいんです。

 

「来週はドコソコに行くけども、一緒に行く?」

と夫に毎回聞くようにしようと思っていますが、

その時点で既に、行く前提。

吉と出るか、凶と出るか。

 

さ、来週末はどこへ行こう。

お弁当持って、どこへ行こう。

 

 

↓をクリックいただけると、ブログランキングのポイントが入ります。

お忙しいところすみません。。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

いつも応援ありがとうございます。

自分以上に頼りになる人、いますか?

コメント一覧
  1. 千晶 より:

    うちの夫が、かなりみゆきさんの夫と人種が似ています。
    彼は休日に昼寝するのが至福、という人で、私は土日近所のスーパーに買い物だけなんて、ストレスが溜まるタイプです。
    車で1時間までOKでしたら、千葉か奥多摩にデイキャンプはいかがですか?火や川がまだちょっと危ないですかね・・
    大人は慣れないとちょっと大変かもしれませんが、全てレンタルできて、洗わなくていいという、いたせりつくせりのキャンプ場もあります。

    一度連れて行ったら、夫もハマりまして、
    うちは、私が出かけたいと行ったら、夫が提案するのはキャンプ一択になりました。笑

    • みゆき より:

      千晶さん、ありがとうございます。
      キャンプかぁ、いままであまり思い付かなかった選択肢です。
      やってみようかなぁ。
      もしかしたらうちの旦那も、キャンプなら、って可能性もありますね。

      新しい視点、ありがとうございます!
      試してみます。

      • 千晶 より:

        もし、出かけるのは人混みが嫌いとか、他の人に気を使うからのが疲れる、とかだったら、もしかしたら気に入っていただける可能性もあるかもしれません。

        薪とか、火とか、川とか、危ないかもしれませんが、お子さんにも新しい刺激が沢山あると思います。
        マシュマロを炙るだけでも、楽しいものです^ ^
        決して楽なレジャーではありませんが、元気のある時に是非。
        以前、尾木ママがキャンプをIQ発達に良いとおススメしていて、なるほどなと思った記事を貼っておきます。
        http://www.coleman.co.jp/features/familycamp/ogimama.html

        • みゆき より:

          千晶さん、火や川は危ないとはいえ、もう下の子も言葉がわかるので、
          そろそろ経験させても良いですね。
          マシュマロをあぶるだけでも楽しい、ってすっごくよくわかる気がします。

          わ~、なんだかまたやりたいことが増えてしまった。

  2. ようこ より:

    三人で出掛けてみて‼
    案外大変でないと思う‼
    ママしかいないと兄弟なかよく過ごしてくれるかもしれないし、初めての場所でキッズも興奮すると思う
    みゆきさんのおうちからなら、新幹線で日帰りも大丈夫だしね。未就学児だから、無料で乗せて空いてる席に座らせても、すいている時なら怒られないと思うんだよね
    みゆきさんの、行きたい所に朝から是非お出掛けしてください。
    私も、子ども二人連れて電車でお出掛けとか飲み屋とかしてるよ‼今しか出来ないから楽しんでくださーい。

    • みゆき より:

      ようこさん、そうですよね!
      3人で出かければいいんですよね!
      もうそろそろ次男も育ってきて、出来そうな感じがしてきました。
      そうそう、新幹線に一緒に乗りたかったんです。

      でもな~、ようこさん宅のような女子たちなら行けそうですが、
      飲み屋はまだ次男が無理かな~…でも、行きたいな~

コメントを残す

Twitterでフォローしよう

RECOMMEND