スポンサードリンク

 

ひとり目を産み、復帰してまたふたり目を妊娠し、

2回目に復帰してちょうど1年後くらいで、会社を退職しました。

独身時代に入社した、勤続10年ほどの会社でした。

もう退社したんでぶっちゃけますと、直近ではお給料として、

手取りで月40万弱いただいておりました。

直近でふたり分の育休を取っていた私にしては、まあ頑張ったほうじゃろう、と

とりあえず満足はしていたのですが、

ふとしたきっかけで目にしてしまった同僚たちの給料額にショックを受けました。

 

同じ仕事内容で、自分より勤続年数が短くて、

それで年収の差が100万円以上ある人もいました。

外資系は、勤続年数が長いより、転職を機に給料アップというのが定説なので、

ひとつの会社に長くいることが原因なのも知っていました。

でもやっぱりショックでした。

上を見たらキリがないし、私より大変で私よりお給料に恵まれていない人もたくさんいるんでしょうが、

やっぱり人は、身近な人と自分を比べるもんです。

 

会社では、毎年一度、上司と同僚から評価を受けます。

それにより、会社の業績次第ではありますが、昇給や昇進が審査されます。

ふたり目の産休に入ったのがちょうど12月で、

当時の上司や社長の力添えがあって、出産直前にメールで昇給の知らせを受けました。

そして育休が終わって復帰した月から昇給した給料で働き始めました。

ですがやはり、1回、2回と年単位で仕事を休むと、

ただでさえ少ない昇給や昇進のチャンスがさらに少なくなります。

そして復帰しても、残業できないという引け目があり、

どうしても強く昇給を希望できません。

 

それもあっての、年収100万差です。

残業ができないことで、担当できない仕事がありました。

でもそれを言うなら、英語ができない人が担当できない仕事は、

私には担当できました。

【残業できないこと】 vs. 【英語ができないこと】

外資系の会社ではどちらが大きいでしょうか。

 

でもやはり、毎日毎日のことなので、【残業できないこと】のほうが

印象としては強いような気もします。

 

だからと言って、雑誌に出てくるような【デキる】ワーママのように

午前3時に起床してお弁当を作って、たまにベビーシッターを雇って、

とまでは、できにゃいのです。。

だってああいう人って多分ですが、

そもそも子供がいようがいまいが【デキる】人でしょー?

少なくとも、かなり【頑張れる】人でしょー?

 

アタシ、そこまでできないもーん。

ダラダラする時間だって必要だし、

子供をベビーシッターに任せてまで会社にいたいとは思わないし、

家のことだってできるもんならもうちょっとやりたいしー。

それにそもそも、そんなに高い能力はないのよー。

それなりに要領よく器用にこなすことはできるけど、

すごい頭がいいわけでもないし、専門的な技術もありましぇん。

 

そういう【スーパー】ではない、【凡人】のワーママは、

やっぱり高い収入は諦めるしかないんですかね?

子供がいなかったり、男性だったりすれば、

凡人でもごまかしをきかせる方法がほかにもありそうですが、

会社の中で少数派で、時間制限があるという目立ちやすい特徴のある

【凡人】のワーママは、目立たないように生きていくしかないんですかね。

取引先にいました。

超デキるワーママで、

お子さんが5歳くらいで、部下がいーっぱいいるマネージャーで、

英語がネイティブで、話していても頭の回転が速すぎてついていけなくて、

こっちが必死になってやっと、

「はい」か「いいえ」が答えられるくらいの女性が。

 

そんな優秀な人がさ、頑張っちゃっている時点でさ、

私のような【凡人】はさ、もうどうしたらいいのかわからなくなります。

 

っていうのもあって、私は会社という仕組みからは脱落しました。

脱落と言っても、ポジティブな理由があっての脱落なので、

気持ちは晴れやかですが、ただ、

もし自分がスーパーに優秀な人間だったら、どうしていたかな、と思ったまでです。

咲く場所はそれぞれに適所があるので、妬む気持ちはあまりないですが、

ちょっとあった時期もありました。

 

でもやっぱりさ、結局行きつくところは【働き方改革】なんですかね。

9時~17時だけきっちり働きます、年収1,000万!というのが普通にならないと、

ワーママだけじゃなく、みんながみんな必死こいて働かないと暮らせない、

って感じになってしまうんでしょうかね。

 

ま、私は今後はこう、社会の隙間のようなところで、パッと咲いちゃおうかな、

なんて思ってるんですがね。

 

 

↓のバナーをクリックいただけるとブログランキングのポイントが入ります。

登録がなくても、どなたのクリックも対象です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

最後までお読みいただきありがとうございます。

ひとりでできることには限りがある。

 

【お知らせ】

『ワーキングマザー3.0』有料会員募集中です。

お金相談やメルマガ、ワークショップにイベントなど、ワイワイしてますのでぜひ寄ってみてください。

詳細・ご登録はこちら

 

コメント一覧
  1. まいこ より:

    はーわかりすぎて色々と思います。だけど、信じてます。みゆきさんなら花が咲く日がくると!!

    • みゆき より:

      まいこちゃん!わかる?わかる?わかるよねー!!!
      私も、自分がどこかで咲けることはわかっていると思うので、ボチボチがんばるですよ。
      まいこちゃんも、とりあえず出産~赤子育てを経て、じっくり辛抱強く、一緒に頑張ろう。

  2. ようこ より:

    わたしは、もっと稼がなくても今より使わなくても幸せになる方法を模索してます。

    炊飯器が壊れたのを機にガス使って鍋で炊いてるんだけど、すごく美味しくって早く炊けることを知りました。お金を消費するよう洗脳されていたんじゃないかなぁと最近よく考えます。

    あっ、私はみゆきさんよりもかなり低い収入です。

    • みゆき より:

      ようこさん、その観点、すごく良いと思います。
      お金持ちになろうとするよりも、逆にいまは時代に合っているというか、そんな時代が近い将来来ると思いますし、そうも言われています。
      お金を消費するように洗脳されているって、本当、その通りだと思います。
      子供の教育費を考えると、まったくお金を使わないことは難しいけども、その額を最小限で留めることはできると思います。
      でもきっとそれは、お金を稼ぐことと同じくらい大変なことかもしれません。
      なのでどっちにしても、試行錯誤ですね~

  3. たままん より:

    いままさに今の会社に残るか他の道を行くかで悩んでます。派遣会社の営業として働いてますが、地域限定社員&30分の時短のため給与カットされ勤続13年位経ちますが月手取り10数万円です。
    金額を挙げても仕方ないかもしれませんが額はモチベーションに直結しますよね。
    仕事させてもらえるだけでもいいと思わなきゃとも思ってましたが、最近やるせなさが積もり積もってます…
    もともと好きな仕事内容ではない分余計にそう思うのかもしれません。
    自分が本当はどうしたいのか、何がしたいのか自問自答の毎日です。
    とりとめのない愚痴のような内容ですみません!
    みゆきさんの勇気ある決断、応援してます!

    • みゆき より:

      たままんさん、お悩みのところでしたか。。
      金額は確かにモチベーションに直結します。
      でも、モチベーションに一番大きく影響するのは、仕事の貢献度とも言われています。
      今と同じ給与、就業状況でも、社会の役に立っていると実感できたり、その仕事のおかげで助かっている人が「ありがとう」と毎日言ってくれるような仕事だったら、きっとモチベーションが保てるのだと思います。
      仰る通り、好きな仕事内容でも、モチベーションはぜんぜん違うんでしょうね。
      何がしたいのか、自問自答の毎日…少し前までの私がそんな状況でしたし、自問自答はいまも続いています。
      とりとめのない愚痴でも、ぜひお時間のある時はこうしてコメントいただけると、私としてもとてもうれしく思います。
      そして、応援も、とても心強いです。本当に。
      あっけらかんとしているようでも、たまに不安に駆られることもあり、そんなときはたままんさんをはじめ、皆様からの応援が頼みの綱です。
      頑張ります!

  4. ひな より:

    このモヤモヤめっちゃ分かります!!私も時短(とはいえ17:30まではびっちり勤務)のせいで、どんなに成績出しても(あっ私も営業職です)、キックオフで表彰されても、役職つかず(;_;)みゆきさん、ぜひ次のステージでは思う存分活躍されてください!!ブログ通してですが、応援させて頂きます^ - ^

    • みゆき より:

      ひなさん、ともに営業職ですか。大変なところもあり、融通の利くところもありますよね。
      営業は成績が数字に現れる分、わかりやすくもあり、余計にモヤモヤしたりもします。
      でも成績を出しているなら、図々しく昇給や昇進を要望していってもいいかもしれませんね。
      難しい部分もあるんでしょうが、図々しさも大切ですよね。
      まさに次のステージで、一からもがき始めています。
      応援ありがとうございます。頑張ります!

コメントを残す

RECOMMEND