スポンサードリンク

 

これも結局は、遺伝の影響が強いんでしょうね。

 

胎児は、生まれた当初はメスで、

成長する過程で男性ホルモンを浴びて、その量によって

男の子になるか女の子になるかが決まる、というのは有名な話(事実)です。

 

そしてその男性ホルモンを浴びて性別が決まる過程で、

脳の中の【脳梁 -のうりょう-と呼ばれる組織の太さが決まるようです。

【脳梁】は一般的に、男性より女性のほうが太いと言われています。

 

【脳梁】は、右脳と左脳をつなぐ神経の束で、

右脳と左脳間の連携をする組織です。

 

右脳は知覚や感性、左脳は言語や論理的思考を担当します。

 

例えば簡単な例だと、感情を言葉で説明してみようとするとき、

距離や場所を言葉で説明するとき、

左右の脳が脳梁によって連携します。

こういう本(小説)を読んでいるとき、

 

『私の脳梁はきっと太い…』

 

と思います。

 

うちの旦那も本を読みますが、

多分彼は好きではない類の本です。

 

情景を説明するのに1ページ費やしたりする本は、好きじゃないそうです。

 

でも私は好きなんです。

文字だけから、その情景や、人物の細かい動きや、

感触や匂い、温度を、頭の中に描き出すのが好きです。

加えて、その言葉の並びや語呂や響きが、感覚的に楽しいと思うこともあります。

庭の花水木にとまっていた茶色い小鳥が、枝を揺らしてどこかへ飛んでいった。空は淡い水色で、飛行機雲がひとすじのびていた。暖かい休日になりそうだった。

中国野菜の育て方(まぶた)小川洋子

 

こういう文章を口や頭の中で、小さく声に出して読んで、

【音】を単純に楽しむ、ということもします。

 

それってやはり、太めの【脳梁】のせいなのかな、と。

 

こういう本は、比較的ゆっくり、一語一語をちゃんと読んで楽しみます。

 

でも、ビジネス書などは情報を吸い上げることが目的なので、

なるべく早く読みたくて、↓の読書法を練習中です。

 

小学校のころから、教えられてもいないのに本が好きでした。

図書館の本を、端から全部読もうとしていました。

情報としての本を読み始めたのは大人になってからで、

 

『これは速読の勉強したほうがいいんだろうな~』

 

とずっと思っていて、最近やっと始めました。

持っている時間と比べて、読みたい本の量が多すぎるんです。

 

『やんなきゃな~』と思っていたことを実際にやる。

『やんなきゃな~』と思う前にやる。

『やんなきゃな~』と考える時間勿体ないので、

やってしまったほうが早いのだ。

 

 

なぜだろう。

次男が急に、

 

「なっとう!なっとう!なっとう!なっとう!」

 

と歌い始めました。

 

納豆なんてあげても食べないのに、「なっとう!なっとう!」と歌います。

 

これもきっと、響きの問題。

 

 

↓のバナーをクリックいただけるとブログランキングのポイントが入ります。

登録がなくても、どなたのクリックも対象です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

最後までお読みいただきありがとうございます。

ひとりでできることには限りがある。

 

【お知らせ】

『ワーキングマザー3.0』有料会員募集中です。

お金相談やメルマガ、ワークショップにイベントなど、ワイワイしてますのでぜひ寄ってみてください。

詳細・ご登録はこちら

 

RECOMMEND