こんにちは。ワーキングマザー・サバイバルのみゆきです。

 

モラハラ、DV、浮気や借金、決定的な理由のある離婚と、

『そうでない熟年離婚』があるそうです。

 

『そうでない熟年離婚』とは、

周りが聞くと些細な愚痴にしか思えないような理由で

妻が離婚を切り出すんだそうです。

 

夫からすると、

突然離婚を切り出されて、青天の霹靂

という感じなんだそうです。

 

しかし、この些細な理由(に思われる)からの離婚に至るケース、

かなりの件数にのぼり、夫にはある共通点があるそうです。

 

なんだかわかりますか?

それは、

奥さんに【母親】を求めている男性

だそうです。

 

いやぁぁぁ~・・・

 

納得。

 

今年一番くらいの【納得】でした。

 

人生のパートナーではなく、

【母親】として、当然のように世話をやいてくれる女性を求める男性、

多くないですか?

 

ちなみにウチの夫も、典型的です。

お世話してもらって当然

ちょっとしたミスや手違いにキレる

文句を言うと逆ギレする

 

そんな夫を持つ妻は、

子供が成人したら『自由になりたい』と、

離婚を切り出すんだそうです。

 

子供が成人する前に離婚するほど、ヒドイ夫ではない。

でも、子供の世話が終わって、夫の世話をするのはイヤ。

 

私の周りにも、離婚した女性、離婚を決意している女性、います。

そして共通していること。

 

妻が夫に対して文句を言わなくなるのは、

離婚の決意を固めている証拠。

文句を言っているうちは、

一緒にやっていく気があるという証拠。

 

しかし夫からすると、逆に思えるんでしょうな。

だから、離婚を切り出された夫は、いつでも驚いているんでしょうな。

 

妻の心の中には、スタンプカードがあります。


photo by Todd Terwilliger

 

『離婚、しようかな・・・』と思ったときに、心の中でひとつ【離婚】スタンプを押し、

『やっぱり一緒にやっていけそう』と思ったら、ひとつ【離婚】スタンプを消し、

押したり、消したりして、

それがいっぱいになったときに、心が固まる。


死ぬまでいっぱいにならない妻は、離婚しない。

 

先日、

先日家族全員(私+夫+乳幼児2人)で出かけようとしたところ、

出掛けに夫が玄関の掃除を始めました。

長男は、既に来ているエレベーターが行ってしまうと言って、

ボタンを押してなぜか泣いている。

 

「先に降りてていいよ!」と夫が言う。

 

乳幼児2人をひとりで連れて降りるのは大変なので、

「簡単に言うわねぇ~」と私が言う。

 

すると、

「お前が普段玄関を掃除しておけば、俺が掃除しなくて済むんだよ!」

と夫がキレる。

 

・・・書いていても、つまらなすぎてびっくりしました。

私の不満はひとつ。

 

「なにも、そんな言い方しなくても。」

 

と思うやりとりが多くて、疲れるということ。

それを後から謝られても、ただただ疲れる。

元気なときは、言い返せるんですけどね。

 

 

私も決して、『良い妻』ではありませんが、子供がいる今、

仮に夫から離婚を切り出されても、

私にはそんなにダメージはないんですよね。

私のスタンプカードは、まだ埋まってはいませんが、

スタンプは着々とたまっていますwww

 

 

↓のバナーをクリックいただけるとブログランキングのポイントが入ります。

応援クリックいただけると喜びます。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

最後までお読みいただきありがとうございます。

ひとりでできることには限りがある。

 

【お知らせ】

『ワーキングマザー3.0』有料会員募集中です。

お金相談やメルマガ、ワークショップにイベントなど、ワイワイしてますのでぜひ寄ってみてください。

詳細・ご登録はこちら

Twitterでフォローしよう

RECOMMEND