スポンサードリンク

 

以前も、子供を持ってみて変わったことを書きました。

 

そしてもうひとつ。

それはある意味、子供ができて、とにかく時間が足りなくて、
他の人の手を『少しだけ』煩わせて、

他の人たちの時間を分けてもらっている感覚です。

 

どういうことかというと、

自分で調べるのと、人に聞いてしまうのと、
どっちが早いかと比べて、

聞いたほうが早いと思ったら、

速やかに聞く、というシンプルなことです。

 

しかし以前は、道がわからなくても極力自分で調べていたし、

人に何かを聞くのであれば、
先に自分で調べてみて、それでもわからなければ聞くようにしていました。

photo by Bernadette Jarrard

 

人の手を煩わせることに、ちょっと抵抗がありました。

 

しかしいま、
ちょっと目を離すといなくなっているか、
なんかいたずらしている3歳児と、

ベビーカーの1歳児を連れて歩いていると、

スマホで道を調べるのもひと苦労だし、
まして迷って歩き回るのなんて勘弁してほしいです。

 

なのでもう、基本的にすぐに、人に聞いてしまうようにしています。

 

その辺りの道を知っていそうな地元の人を見分けて、

「すみません」と言えば、大抵親切に教えてくれますよね。

 

道以外でも、先日とある事情があって
不動産屋さんの方と連絡をとっており、

ショートメッセージで先方から連絡があったので、

それに乗じて、なにかわからないことがあったら
パパッとショートメールを打って聞いてしまうことにしました。

 

中には、『○○という書類に記載がございますが・・・』
自分で調べればわかったようなこともあったのですが、

その場合、ちゃんと

『すみません。お手数をおかけしました。』
と謝れば、まあ大事には至らないわけで。

 

こういうとき、

『皆さんの時間をちょっとずつ拝借して、

自分の時間を節約してしまったな・・・』

 

と思います。

 

わざわざ電話をかけて聞くとなると、
こちらも先方も負担が大きいのですが、

ショートメールやらLINEやら、
こちらも先方も好きなときに対応できるタイムの連絡方法だと、

お互い最小限の時間負担で済むと、思っています。

 

仕事や子育ての時間は、

人には頼れない時間です。

 

自分の時間の中で、
最大限のパフォーマンスを発揮しなければいけない時間です。

そうすると、それ以外の時間を捻出するのが、
思っている以上に大変です。

ちょっとした調べものの時間、
ちょっとした電話予約の時間、
ちょっとした書類の記入の時間、

そういう時間も、結局睡眠時間を削ることでしか捻出できないんですよね。

 

独身のとき、
テレビを見るともなく見ながら、
3時間とかボーーーッと過ごしていた日々。

週末に予定が何ひとつ入っていなくて、
パソコンでゲームなんかして時間を潰していた日々。

懐かしいwww

 

にほんブログ村テーマ ワーキングマザーへ
ワーキングマザー
↑参考になります。

↓ランキング参戦中!クリックしてくだされ~

ブログランキング・にほんブログ村へ

RECOMMEND