スポンサードリンク

 

男性に多い【男性脳】
女性に多い【女性脳】というものがあって、

本人の努力や理性ではどうしようもない違いがある。

 

ということは、ある程度納得はしています。

 

それも”ある程度”考慮して息子たちを育てたいとも思っているし、

典型的な【男性脳】の旦那との付き合い方も、

その理論を参考にしています。

 

しかし、しかしですね、

同じ研究結果、同じデータでも、

分析する人、考察する人によって、

やはりかなり、メッセージはかわってくるのだな、と思いました。

 

私はもう、約40年生きてきたし、
いろんな本も読んできたので、

この本を読んで、

「ムムム・・・それはちょっと言い方が違うんじゃなかろうか・・・」

と思えましたが、
例えば20代の女の子なんかが読んだら、

その子の将来が心配です。

 

20代の我が息子が読んでも、
変な方向に受け取り、道を間違えそうです。

言っていること自体はとても興味深いんです。

 

生殖相性(遺伝子配合の相性)は、人としての相性に反比例する。
生殖相性を決定するのは、遺伝子の免疫抗体の型。

夫婦というのは、無意識の反応が同じにならない組み合わせになっている。
そうすれば、どちらかが生き残れるし、子孫に残す遺伝子の組み合わせも増えるからだ。

しかし、心理学的には、ことごとく予想を裏切る行為に出るので、
癇に障ることになる。

脳の違いに基づいた、夫婦がうまくやっていくためのヒント、
をまとめた本です。

 

しかし、しかし、おそらくこの著者ご本人は、

性別による脳の違いを受け入れ、
その中で夫婦が上手くやっていくためには、

妻は夫を立て、夫に書斎とボーッとする時間を与え、
夫は妻のおしゃべりに付き合い、

利点を愛し、欠点に目をつぶっていきましょう、

というメッセージです。

 

でも、でもさ、【理性】と【知恵】を持った人間は、

もっと柔軟な形で、より良い夫婦関係を目指してもよいんじゃないだろうか、

と思いました。

 

そして著者の彼女自身にも息子がいて、

 

「そんなの、男として格好悪い」

 

という叱り方をして育てたそうです。

 

育て方は自由ですが、やっぱりどうしても私は納得がいかんです。

 

男だろうが、女だろうが、子供だろうが老人だろうが、

格好悪いもんは格好悪いし、

みんながみんなに優しく、同じように泣き、笑い、

みんながそれぞれ自立して、強くたくましく、

時に支えあい、生きていけば良いと思うんです。

 

そこに生まれながらの性差という基準を入れると、

どこかで不利になる性別が出てくると思うんです。

性別は肌の色と同じで本人の努力では変えられないので、
性別による区別には、注意が必要だと思うんです。

私が読むなら、イイトコドリができる本ですが、
息子たちには40歳までは読ませたくない本でした。

いやー・・・情報としてはと
ても面白いんですが、
あまり好きではない本であり、著者でした。

 

 

【お知らせ】

『ワーキングマザー3.0』有料会員募集中です。

お金相談やメルマガ、ワークショップにイベントなど、ワイワイしてますのでぜひ寄ってみてください。

詳細・ご登録はこちら

7/21(土)『ワーキングマザー的 お金と人生に効くワークショップ』

まだ残席ございますので、こちらもぜひのぞいてみてください。

詳細・ご登録はこちら

 

 

↓のバナーをクリックいただけるとブログランキングのポイントが入ります。

登録がなくても、どなたのクリックも対象です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

RECOMMEND