5歳児には早いんじゃないか、と思うアニメの話

 

おはようございます。ワーキングマザー・サバイバルのみゆきです。

5歳長男、相変わらず自転車にハマッています。

先週末もまた交通公園へ行き、

炎天下の中自転車を漕ぎ続け、

若干気持ち悪くなっていました。

 

体調不良は、直前に食べすぎたためと思われますが、

長男が自転車にハマッているのは、このアニメの影響もあるのです。

 

Amazon Prime Videoで、みんなで見ているのですが、

私はいまいち、

 

「まだ早いんじゃないかな・・・」

と思っています。

 

どのアニメを、いつ見せるのか、

各ご家庭によってさまざまであり、

賛否両論あると思います。

これは私の個人的な意見であり、我が家の状況であり、

ほかのご家庭がどうしようと、それはそれぞれのご判断だと思います。

 

また、『弱虫ペダル』については、

個人的にも好きなアニメです。

ここではあくまで、『5歳児に見せるアニメ』としての話です。

 

まだ早いんじゃないかと思う理由

①敵キャラの使う言葉が『強い』

アニメをご存知の方はわかると思いますが、

敵キャラとして出てくる御堂筋クンが、なかなかに濃いキャラクターで、

敵キャラとしてとてもよくできています。

 

その御堂筋クンのよく使う言葉が、

私が5歳児に見せるものとしては少し、『強い』と感じます。

 

その言葉は、

 

『キモイ』

 

とにかく連呼します。

 

「キモイキモイキモイキモイキモイ・・・」と。

 

ストーリーの中では成立していますし、

5歳児にも一緒に見ながら言い聞かせています。

 

「絶対に使ってはいけない言葉」だと。

 

でも一度パパに使い、こっぴどく怒られました。

 

アニメで使われている言葉と、実際に使っていい言葉、

それは常に区別していかなければならないことだけど、

それをするにはまだ5歳は早いんじゃないか。

まだ早いんじゃないかと思う理由

②女子マネージャーの胸が、不自然に揺れる揺れる。

 

男の子を主役にしたアニメは、まーいいんじゃないかと思うんです。

実際、男子部があり、男子の中でスポーツなどを経験するであろう今の社会ですから。

女子マネージャーがいるのも、

100歩譲って目をつぶるとしても、

 

彼女の胸は不自然に大きく、

オープニングの歌の中で毎回毎回、

主人公の髪が風になびき、

彼女の胸が揺れます。

 

この胸の描写、必要???

私には気が散って仕方がありません。

(ドラゴンボールとかを見ていても、同じ気持ちです。)

 

それもね、別に中学生なりの年齢の子供たちに見せる上では、

仕方がないというか、

100歩譲れるかなと思うのです。

 

実際女の子向けのアニメの中での王子様的な男子の描かれ方と

事情は同じですし、時代に合わせて徐々にアニメも変化してくるでしょう。

 

しかし、しかし、5歳なんです。

 

アニメで描かれることは、

 

現実とかけ離れている場合には、

『これはフィクションだ』と認識されますが、

 

現実にもありそうなことの場合、

その状況を肯定し、その認識を強化する役目を果たしてしまう、

 

と聞きました。

 

例えば、

簡単に人を殺してしまう描写は、フィクションだと認識されますが、

 

男性が、女性の胸の大きさに関して、本人に何か言う、

という状況。

 

現実社会でも、あってはいけないのに、あるわけです。

そんな時にアニメは、

その状況を肯定してしまう、ということです。

 

アニメだけでなく、テレビや映画も同じですが。

 

とはいえ夫の意見。

 

長男クンなら、ちゃんと言い聞かせながら、一緒に見れば、

きっとわかる。

パパが長男クンと一緒に楽しく見れる数少ないアニメだから、一緒に見たい。

『弱虫ペダル』については、大丈夫な範囲だと思う。

 

私だけの子ではないので、

夫の意見も尊重したいです。

夫の判断基準は、概して私より『緩い』ことが多いですが、

とはいえ私は、彼を信頼しています。

 

彼なりに子供たちの将来を自分事として考え、案じていることはわかります。

 

そして私よりも比較的『緩い』であろう環境で育った夫が、

今現在どうかというと・・・

 

真っ当に働き、

逮捕歴もなく、

健康で、愛する家族を大切にしようと、

日々健全に賢く生き、

すこぶる幸せそうです。

子供をずっと温室で育てることはできませんし、

ならいつから温室の外の『現実』にまみれさせるのか、という問題。

 

あー・・・難しい。

 

『弱虫ペダル』に関しては、

上記ふたつの点以外は、

とても素晴らしいストーリーの、スポーツアニメです。

 

諦めずに、くじけずに頑張ること、

仲間がいればなんでもできるということ、

誰にでも得意なこと、好きなこと、向いていることがあるということ、

 

素晴らしいメッセージが含まれていると思います。

 

すべてがすべて、ぬるま湯のようなコンテンツばかりではないと思うのですが、

その年齢が一体いくつが妥当なのか。

 

引き続き悩み続けます。

 

にほんブログ村テーマ 弱虫ペダルへ
弱虫ペダル

 

↓をクリックいただけると、ブログランキングのポイントが入ります。

お忙しいところすみません。。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

いつも応援ありがとうございます。

自分以上に頼りになる人、いますか?

お知らせ

私がやりたかったことは、ファイナンシャル・プランとはまた別のもの。

わかっていても貯金できないから困っていたんです。

苦労して見つけた、仕組み。

Twitterでフォローしよう

RECOMMEND