スポンサードリンク

 

昨日に続き、

自分のやりたいこと、向いていることを見つける具体的な方法

についてです。

 

早速参ります。

10億円あったら何をするか、考えてみてください。

10億円あれば、そうですね。生活のために働かなくて大丈夫でしょう。

10億円あったら、まずいまの仕事辞めます。

家を買います。旅行に行きます。

服や靴を買います。家具を買います。

遊んで暮らします。

で、その後、何をしますか?

おそらく数ヶ月も遊んで暮らしたら、ヒマになります。

そこで例えば『【ボランティア】かなぁ…』とか浮かんだら、

それはやはり誰かに『ありがとう』と言われることに時間を使いたい、

ということなのだと思います。

『本を読み、書くことだけをしていたい』と思うなら、

それはやはり物を書いて生きていきたいということでしょう。

大人をしばらくやっていると、自由な発想がしにくくなります。

『こんなことだけやってちゃ生活できない』という観点で、

発想を制限しがちです。

そこで『10億円あったら…?』と具体的に考えることで、

本当にやりたかったことを炙り出そうという作戦です。

 

こうなっていたい将来の自分像を出来るだけ細かく描く

夢物語や妄想で良いので、将来自分がこうなっていたらいいな、

と思う自分像の細部を細かく描いてみてください。

どんな服を着て、誰とどこにいて、何の話をしていますか。

手には何を持っていて、何に興味があって、どんな髪型で、

何を食べていますか。カーテンの色は?持っているお財布はどんなもの?

どんなグラスで何を飲んでいる?

なぜ細部をこと細かく想像するかというと、

将来の自分を出来るだけ身近に感じるためです。

 

人は、将来の自分といまの自分を、まるでふたりの別の人格のようにとらえがちです。

20年後、30年後の自分となると特に。

そして今の自分と将来の自分との距離が近ければ近いほど、

やろう、やりたいと思うことに対して、行動に移しやすくなるそうです。

将来の自分がいつまでも、いまの自分とは離れた別の人格だと、

いろいろと考えるばかりで行動できないと。

 

「こんな夢はあるけど、生活あるし無鉄砲なことはできないし、

きっと私には無理だし、具体的なステップ考えただけで気が遠くなるし、

いまだって別に十分幸せだし」

と行動を起こさない理由を探しがちです。

いまが本当に幸せならそれでいいのですが、そうでない場合は

時間の無駄です。

やりたいことを見つけるには、ある程度いろいろとやってみる必要があります。

そんな時にいちいち二の足を踏んでいる時間は勿体ないのです。

 

ここまでのステップで、結構な時間がかかるかもしれません。

それこそ私は、ここまでのステップで2年ほどかかりました。

毎日このことばかりを考えているわけにはいかないので、

考えられるときにできるだけ考えるようにして、

しっかり混乱して、その後になんとなく見えたような気がしました。

 

そしてぼんやり見えたような気がしたら、答え合わせ。

いまと同じことをし続けるにしても、いまとは違うことをするにしても、

あなたがやりたいこと、やるべきことは、これに当てはまることが理想です。

【能力と情熱と需要】が出会うところにあること。

 

自身が子育てに悩み、子育て論についてさんざん勉強して知識があり、(能力)

同じように子育てに悩む親は世の中に五万といて、(需要)

そんな人たちにその知識を広めることに使命のようなものを感じられるなら、(情熱)

子育てに悩む親たちのサークル、駆け込み寺、【子育て教室】のようなものを

運営することが、その人がすべきことかもしれない。

そこまでとはいかなくても、子育て論に関するブログを書くことでもいいかもしれない。

 

ファッション雑誌の近くでずっと仕事をしてきて、(能力)

オシャレなもの、流行のものに対する並々ならぬ興味があって、(情熱)

子育てしながらオシャレでいたいけど時間がない人がたくさんいるなら、(需要)

世界中の最先端オシャレを集めた、

ママとパパ、そして子供のためのオシャレお洋服&雑貨オンラインショップができるかもしれない。

世界中を旅してまわりながら一次情報を集めて発信するだけでも副業になるかもしれない。

お金にならなくても趣味でも、情報発信することが生活にハリを生んで、

日々が充実すればそれで良いかもしれない。

世の中には、思いもつかないことをして生活している人がたくさんいます。

お金持ちの老夫婦のための専任【便利屋さん】として年間1千万で契約している人もいれば、

特定の観光地だけの可愛くて実用的な【観光MAP】を作って販売しているだけの人もいれば、

洋服が好きで洋服屋さんで働いた経験を活かして、

お洋服屋さんをひたすら頻繁に回って、その情報を発信するメルマガで生活している人もいます。

仕事は仕事で割り切ってやりながら、応援するアイドルを追いかけて

常に全国を旅している人もいます。

 

もちろん、仕事にするなら簡単ではないと思います。

でも、1日中やっていても苦痛ではないくらい好きなことなら、

頑張ることすら苦痛じゃないはず。

ましてや趣味の範囲にとどめるなら、生活にメリハリが出ていいことづくめです。

 

何度も言いますが、いまが満たされていて幸せで、

これから先20年後もいまのままで幸せでいられそうならそれでバッチグーなのです。

そのままでゴーゴーなのであります。

 

ただしもしそうでないなら、【自分】を知り、【自分】が何をしたいのか、

それをはっきり知ることが、命運を分ける時代になると、

いろんな本に書いてありますぞ。

 

という話でした。

長くなりましたが、もしご興味があれば。

 

にほんブログ村テーマ ワーキングマザーへ
ワーキングマザー

↓のバナーをクリックいただけると、ポイントが入ります。

そのポイントでランキングが上がる仕組みです。

もはや私のというよりも、読んでくださっているみなさんのブログ。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ  

RECOMMEND