スポンサードリンク

 

いやぁ~、なにってさ…

年取ったわぁ~…

もう立派も立派、超立派な四十路女ですわ。

…と、プロにメークしてもらって、プロに髪の毛セットしてもらってキレイキレイしてもらったうえで、

プロにホイホイおだてられて撮影してもらって、もうこれ以上は絶対無理!

という状態の写真を見て、思いました。

ま、別にグラビア・アイドルになりたいわけじゃないのでいいんですが。

 

まがりなりにも、【講演】というものをやらせていただいています。

しかもお金を頂戴して。キエーーーーーー!!!

そんでそんでしかも、全国のワーママさんから、お金の相談をお受けしています。

これも、お金を頂戴して。

再び、キエーーーーーー!!!

すごいことです。自分でもまだまだ慣れませんし、たまにほっぺをつねりたい心持になります。

 

ブログをずっと読んでいただいている方々がほとんどなので、

私がどんな人で、どんなことを考えているのか大体わかった上でご相談をしてくれたり、ワークショップに来ていただいたりしていると思いますが、でもそうだったとしても、やはりそれでもすごいことです。

会ったこともない、どんな外見かもわからない人のために、わざわざ時間を取って…

 

起業の先生たちにも、ずっと言われ続けてきました。

「早くプロフィール写真を撮って、ちゃんと載せなさい。

あなた、その見た目でお金の話するって、ギャップがあって面白いし。」

 

ふえ~ん…

と、ずっと言っているわけにもいかず、

「どぅお~りゃ~!」

とひとまず予約を入れました。

予約さえしてしまえば、あとはもう行くのみ。

はぁ~…予約するまでが大変でした。

 

だって、プロフィール写真撮るとこって、東京にも死ぬほどあるのね~…シラナカッタアルヨ~・・・

もうね、

「誰か教えて~」

って言って、教えてもらいました。

もう、きっと私なんてどこで撮ったって同じさ。

 

まずは、準備。

撮影の数日前に美容院へ行き、次の日に銀座へ衣装を買いに。

無印のジーンズとシャツを着て、ビルケン履いて、

お財布と相談した結果UNITED ARROWSへ行き、いちばん年上そうなお姉さんに挙動不審で話しかけました。

(でも近くで見たら若い~おそらく20代後半)

「あのぉ~…私こんなんで講師的な仕事をしていましてぇ~…

今度プロフィール写真を撮るにあたって~…衣装を探しているんですが…

ぜんぜんわからなくて、選んでいただけませんか…?」

もちろんアレコレ持ってきてくれて、たくさん試着して、あーでもない、こーでもない、とやってくれて、アクセサリーまで一式で購入しました。

「あ…領収証ください…」

そしていざ、メイク~撮影!

@タクミジュンMake-up Salon

表参道にあるメイクアップサロンで、プロフィール撮影もやっているところです。

入ってみると、

 

お…?ギャ、ギャルの店か…?場違いか…?

いやいやでも、こういう場合、もはや頼るべきはギャルのほうだな…

 

40年生きてきて、こんなにたくさんのアイテムを使ってメイクを施したのは初めてでした。

まだまだあるもんですね、『生まれて初めての経験』。

スタジオへ入り、プロのカメラマンさんに

「ちょっとだけ右に回って~、顎を少しだけ左に、で…目線はこっち!

お!ばっちり半目!もう1回!

手はだらーんとしてー、ニコッ!…

もう1回、爆笑!もっといける?!」

 

言われた指示にひとつずつ従うので精いっぱいで、かつ頬の筋肉が疲れた~

モデルさんて、重労働~、すごいな~。

 

何枚か自分で選んだ写真をプリントしてもらって、写真データで買い取って、

お家計は締めて26,000円。

「あ…領収証ください…」

 

美容院代を入れないとして…

お洋服代(¥33,000)+メイク・撮影代(¥26,000)=¥59,000

…高いのか安いのか、よくわかりませんが、なんとか終わりました。

猛暑の中、日傘をさしながら、

また無印のジーンズとシャツを着て、ビルケン履いて、

メイクだけばっちりで、不愛想な顔して(顔の筋肉が疲れて)帰りました。

 

え?撮った写真?

どこかのページにあります。ハズカシイ、ハズカシイ…

にほんブログ村テーマ + フォトスタジオ +へ
+ フォトスタジオ +

にほんブログ村テーマ ワーキングマザーへ
ワーキングマザー

↓のバナーをクリックいただけると、ポイントが入ります。

そのポイントでランキングが上がる仕組みです。

日陰もんの身ですが。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ  

お知らせ

私がやりたかったことは、ファイナンシャル・プランとはまた別のもの。

わかっていても貯金できないから困っていたんです。

苦労して見つけた、仕組み。

 

↑最後に撮ってくれたオマケ写真

RECOMMEND