スポンサードリンク

 

以前、荒川区へ引っ越そうか検討している、という記事を書きました。

 

子供たちと遊びに行くのにも、

荒川区の公園にはずいぶんお世話になっています。

なので、とても好意的に思っていたんです、荒川区。

 

広いし、地価が安めだし、でもそこまで治安悪くなさそうだし、

公園たくさんあるし、子供がいたら住みやすそうだな、と。

しかし、しかしですよ!

 

し、知らなかった。

荒川区、そんなヒドイ区だったのね。

 

知っていました?

 

23区で唯一、荒川区では1歳未満の子供は

認可保育園では17時までしか預けられません。

 

17時、夕方5時です。

7時じゃありません。

 

5時までということは、4時には会社を出ないと間に合いません。

それってつまり、フルタイムは諦めろ、ということです。

私がもし、荒川区に住んでいたら、0歳のときは認可保育園ではなく、

認証や認可外を利用せざるを得なかったでしょう。

 

だって、そもそも私の会社では、16時なんて早い時間に会社を出られる制度はありません。

時短制度はありますが、それでも16時半終業です。

それでは17時には間に合いません。

 

いま、荒川区に住むワーママさんたちは署名を立ち上げ、

0歳児の保育時間の延長を求めているそうです。

→こちら

 

そして更にびっくりしたのが、

その0歳児は17時まで、と決めた荒川区議会での発言内容です。

 

子育て支援部長「子どもの健やかな成長には心の安定が必要という観点から、ゼロ歳の間はできる限り家庭の中で保護者と接する時間を長くとってほしい」

荒川区議会議員「生まれたら、四十八日目、子どもさんを保育園に預けて、小学校に行ったら学童に預けて、中学校に行ったら、部活や塾に行って、どこに親子のきずなとか家庭のきずなが生まれるのかなと。(中略)

私は三人兄弟で、保育園も幼稚園も行ったことはないけれども、それなりに生きてきているというふうなことを考えたときに、何で保育園に預けなきゃいけないのということを実はいつも私は非常に疑問に思っています。決して教育費が高いからとか、いろいろある。 お母さんは働きたい、いい暮らしをしたいと、否定はしないけれども、生まれたら保育園に預けるのが当たり前みたいな、そういう考えじゃなく、また、幼稚園に三歳から預けたっていいじゃないですかというのも当然あるんだけども、何かわだかまりがあるんですが」

 

うーん…

 

↓の本にも書いてあったんですが、

いまの世の中、科学的に立証されていることや、データに基づいたこと、

をみんな信頼して、支持するんです。

 

なのに、子育てや教育、という話になった途端、

急に人は、自分の経験を持ち出して、それをよりどころに判断しようとするんです。

 

自分の育てられた環境や方法を否定することは、

いまの自分を否定することのような気がするから、

人は逆にやはり、自分の育てられた環境が唯一正しい、

もしくは比較的正しい方法である、と思いたいものなんですかね。

 

↑の『子供を保育園に預けたら親子の絆が築けないのでは?』

と発言した区議さんは、60歳のオジチャン、もしくはオジイチャンです。
彼は、保育園にも幼稚園にも預けられなかった自らの経歴だけを参照して、

いまの荒川区に住む何万人の働く母たちの前に、

重い重い扉を閉ざしたんですね。

 

そして、【子育て、応援します!】と高らかに謳っている荒川区では、

【子育て支援部】なる部署があり、その部長は、

こうも発言しています。

 

保育園をつくるということについては、ニーズが具体的にございますので、全力で取り組んでいるところでございますけども、一方で、一歳にもなっていないお子さんと保護者、言葉を選ばずに言えば、引き離すような施策をやって果たしてどうなんだというように言ってくる方もいると、そういう認識でございます。本当に悩ましくてしようがないんです。

 

保育園にも幼稚園にも預けられていない区議さんが立派な大人になっているのと同じように、

 

1歳にもならないうちに親と”引き離されて”

保育園に預けられて育ったたくさんの人が、”心の安定”を得て、”親子の絆”を築き、

立派な大人になって幸せに生きています。

 

保育園にも幼稚園にも子供を預けない社会では、

 

子供を持つこと=女性が仕事のキャリアを諦めること

 

です。

 

それでも満足だった女性もたくさんいるでしょうが、

たくさんの女性が、仕事という自己実現の道を持ちたくても持てず、

子供を持つために大きな犠牲を払って、子供たちを産み、育ててきたのでしょう。

 

東京23区にそんな区があるのなら、

日本はやっぱり、少子化の道をゆくしかないのだと思います。

 

なんだよ、荒川区!

子育て、応援なんかしてくれないんじゃん。

ガッカリしたよ。

 

 

↓のバナーをクリックいただけるとブログランキングのポイントが入ります。

登録がなくても、どなたのクリックも対象です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

最後までお読みいただきありがとうございます。

ひとりでできることには限りがある。

 

【お知らせ】

『ワーキングマザー3.0』有料会員募集中です。

お金相談やメルマガ、ワークショップにイベントなど、ワイワイしてますのでぜひ寄ってみてください。

詳細・ご登録はこちら

 

コメント一覧
  1. とら より:

    私の住んでいるところ、認可保育園は育休の間は四時までしか預かってくれないそうです。産後まもない母にはきつい仕打ちだと思います。
    なぜ保育園になると、預かってやってる的な発想になるんでしょうかね?理不尽な行政の制度、多すぎ!

    • みゆき より:

      とらさん、そうです、そうです。
      育休中の保育時間の規制も同じくそういうことなんです。
      子供をどれだけ預けるか、親ではなく行政が決めること自体が、なんだかおかしいんです。
      もちろん、際限なく預けることが良いことだとは思っていませんが、それでもその行政の決め方が、
      個人の偏った意見で決められていることに問題があると思うんです。
      なんでみんな、子供や保育園のこととなるとそんなに感情的にヒステリックになってしまうのか、すごく不思議なんですよね。

  2. ようこ より:

    そうなんだー、知らなかった
    仮に0歳で時短使って預けたら、ズルズルと時短使っちゃいそうな構図だね
    統計とかデータとか使ってほしいね
    感情論なんて、なんの意味もないのに。

    • みゆき より:

      ようこさん、うちの会社だったら、時短使ったって間に合わない時間なんですよ!
      つまり会社続けられない時間なんですよ。そしたら、認証か認可外しか道はないんですよね。
      それって、なんのための認可保育園なのか、よくわからないんですよね~

  3. どら より:

    江戸川区もひどいです。
    認可は一歳からで、一歳未満は保育ママ、といっても制度だけで預け先は足りない状態。
    なんだか「子育てにやさしい江戸川区」のイメージがありますが、幼稚園児にやさしく、公園が多いだけで、ワーキングマザーには最悪です。
    学童も18時までなんです、延長なし。
    ほんとに江戸川区はおすすめしません!!

    • みゆき より:

      とらさん、えー!江戸川区ー!?
      それこそ子育て超謳ってる区ですよね?!
      マジかー!調べてみたら、江戸川区は区立の認可保育園が1歳以上で、私立の認可保育園は0歳から受け入れているところもある、
      って感じなんですね。その数が、そもそも足りてません、て話なんですね。幼稚園児に優しいって…
      いや~、どの区も、実情はそんなに良いもんじゃないんですね…ガックシです。

  4. 千晶 より:

    先日は、イデコの件で詳細のコメント返信有難うございました!ふるさと納税、夫婦でフルでやってます。住民税下がる→保育園も下がるカモとは盲点でした。ふるさと納税も続けたいと思います。

    しかしこの話題・・荒川区ひどいですね、そもそとこの区議会議員の「お母さんの仕事は趣味、もしくはお金が欲しいから」と前提と考えている気がします!
    子育ては夫婦二人の仕事なのに、なぜ世間は母親にだけ犠牲を求めるのでしょう・・・。妊娠中の現在から、そういう雰囲気すでに感じていて、こういうムードが「生みづらさ」へもつながっている気がします。

    • みゆき より:

      千晶さん、ふるさと納税、夫婦で満額、素晴らしい!保育料下がるといいですね!
      荒川区、ひどいでしょ?
      なんで母親だけ、そんなにもヒステリックに子供にしばりつけようとするのか、その辺がとても感情的なんです。
      母親だけに犠牲を求める、そうなんですよ。だからなんだか、そこまでの覚悟がないと子供は持っちゃいけないんですよ!って言われているみたいで、
      そんな中に子供増えるわけないだろー!って話なんですよ。

コメントを残す

世の中のことの関連記事
RECOMMEND