スポンサードリンク

 

会社で仕事をしていた時によく思いました。

仕事人としてふたつの人種に分類するとしたら、このふたつにも分類できるな、と。

①「できない理由」を探すに留まる人

②「どうしたらできるか」を考える人

 

私自身が相手に①の対応をされると

「は?それじゃなにも発展しないじゃん」

と思ったので、私はクライアントに対しても、社内に対しても、

②の対応をしようと気を付けていました。

①では単純に、おもしろくもなんともないし。

二兎を追う者は一兎をも得ず

諺って、いちいち的を得ていてムカツクほどで、

「昔の人は頭がよかったのねー」と思います。

 

時間もお金も、両方欲しい。

モヤモヤとそう考えていた、ちょっと前の自分がいます。

しかし途中で、

「いまのこのテクノロジーと情報社会をもってして、

『時間とお金』ってもはや【二兎】なのか?

と思い至り、いまのフリーランスの私がいます。

(あ、開業届出さなきゃ!)

 

確かに、頭が良くて、真理を突くことが上手だった人が、昔、いました。

そしてその真理は、今でも十分活用できるために、語呂の良さも手伝って、諺となりました。

でも、ちゃんと落ち着いて考えると、現代に当てはめて考えるには

結構限定的な状況でないといけないかもしれません。

現代で言う【二兎】は…

『毎晩の飲み会』『我が子との健全な親子関係』とか、

『道路に飛び出しそうな子供』『倒れそうなベビーカー』とか、

『運動嫌い&暴飲暴食したい』『格好良いスタイル』とか(あれ?三兎か)、

状況をかなり限定しないと、

【どちらか一兎を選ばないと二兎とも逃す状況】にならないのかも。

 

人生で「AかBか」と迷ったら、答えは「両方」かもしれないと考える図々しさが必要だ。

本を読むとこんなフレーズばかり目に付くのは、

今の自分の状況に当てはめて考えやすいから。

図々しさはかなり身についたので、最近もうひとつ重要だと思うのは、

【クリエイティビティ -Creativity-:創造性】。

食パンを食べながらワニを作って遊ぶ子供を見習い、

思いもよらない組み合わせの、思いもよらない二兎を得る方法を考えています。

 

飲み会だって、毎晩じゃなく月1回なら、健全な親子関係には何ら影響がないだろうし、

しかも相手が旦那なら、健全な夫婦関係が得られるかもしれない。

道路に飛び出した子供を追ってベビーカーが倒れて卵が割れても、

【ぐりとぐら】ごっこができて楽しいかもしれない。

 

ただし!

40台を超えると、ちょっとやそっとの運動だけでは、

暴飲暴食は取り返せないので、要注意。

 

Stay creative!

 

 

↓のバナーをクリックいただけるとブログランキングのポイントが入ります。

登録がなくても、どなたのクリックも対象です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

最後までお読みいただきありがとうございます。

ひとりでできることには限りがある。

 

【お知らせ】

『ワーキングマザー3.0』有料会員募集中です。

お金相談やメルマガ、ワークショップにイベントなど、ワイワイしてますのでぜひ寄ってみてください。

詳細・ご登録はこちら

 

RECOMMEND