スポンサードリンク

 

完璧な人なんていません。

私が悪いのかなぁ・・・

 

いつもいつも、私が悩んでしまうのは同じことなんです。

これからの長い将来、旦那とずっとうまくやっていく自信がなくなります。。

 

でも、相手を変えることはできなくても自分は変われるんですよね。
うーん・・・できるかなぁ・・・

以前の記事にも書きました。

先日、夕食の席で旦那と何かの話しをしていて、
おそらく私は自分のことで頭がいっぱいで、
旦那の気に触ることを言ったようです。

 

「お前のその言い方が、癇に障る」

 

と言われたので、

「そっか、そんなつもりはなかった。ゴメン」

 

と言ったのですが、

そういう時必ず彼は、

こちら側の心も同じくらい、もしくはそれ以上に傷つけることで
自分の気を晴らそうとします。

 

言い返す気も起きないような言葉をぶつけてきます。

「今の言い方、嫌だ。謝って!」

と伝えてくれれば改めるし謝るのに、
それ以上に私を傷つけようという【悪意】に満ちた言葉に、
いつも言葉を失ってしまうんです。


photo by Tyler

 

おそらく、反射的な自己防衛です。

純粋でシンプルな人なので、無意識だと思います。

 

だからこそ余計に、
直したくても直せるものではないんじゃないかと思うんです。

 

だから余計に、
自信がなくなるんです。。

そして、そういう攻撃に言い返すのが苦手な自分も、
そう簡単に変えられるものでもないんです。

 

彼に反省して欲しくて、書いてるわけでもないんです。

どうしたらうまくいくか、探りたくて書いているんです。

書くと整理できるし、考えが浮かんだりもするので。

まずはやはり、彼の気に障るようなことを言ってしまう私が悪い。

 

夫婦は、何でも正直に語り合えるフェアな関係がベストですが、
目指すのは、

定説を追うことではなく、

【良い夫婦関係】を保つこと。

 

やっぱり書いていると何かを見つけられる気がします。

ベストな夫婦の形は、それぞれの夫婦によって違うはず。
私たちのベストな形は、どんなものなんだろう。

そしてそれは、いつかは見つけられるものなんだろうか。

 

 

 

↓のバナーをクリックいただけるとブログランキングのポイントが入ります。

登録がなくても、どなたのクリックも対象です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

最後までお読みいただきありがとうございます。

ひとりでできることには限りがある。

 

【お知らせ】

『ワーキングマザー3.0』有料会員募集中です。

お金相談やメルマガ、ワークショップにイベントなど、ワイワイしてますのでぜひ寄ってみてください。

詳細・ご登録はこちら

 

RECOMMEND