夫に求めていることが何か、わかった気がする

 

こんにちは。ワーキングマザー・サバイバルのみゆきです。

 

子育てって、
24時間休み無しで数年間続く耐久レースのようだと思いました。

 

24時間歩き続けろと言われる。

時に走らされ、障害物に阻まれ、回り道をし、道に迷い、引き返し、

食料も満足に与えられず、泥にまみれ、雨に打たれ、傷だらけになり、

それでも足を休めることは許されず、

リタイアすることもできない。

 

休息がいつ、どれくらい取れるかはその時にならないとわからず、

疲れて倒れても、それでもなお立ち上がる以外に選択肢はない。

それも、たったひとりで。

 

何度も振り絞ったやる気やモチベーションはカラカラに干からびて、

それでも自分の内側からしかやる気を得ることはできない。

カラカラの心を何度も絞り、1滴のやる気を糧に足を進める。

たったひとりで。

 

しかしそこに、

共に歩いてくれる【夫】という名の【仲間】がいてくれたら、

それだけでそれは、【耐久レース】という名の【レジャー】になる。

 

「汚ねっ!」とか言いながら、泥道に足を取られて笑い、

寒い夜には体を寄せ合うこともできる。

励ましあうことで、やる気の源が3つくらいになる。

野草もふたりで食べれば「まじっ」と笑える。


photo by Bill H-D

 

でもそれが、

『来れるときだけ、来たいときだけ』来るなら、

【仲間】ではなく、ただの【サポーター】だ。

物資の提供だけなら、それも【サポーター】。

【サポーター】は【耐久レース】をサポートしてくれるだけで、

決して【レジャー】にはしてくれない。

 

【サポーター】は【祖父母】や【保育園】であって、必要なときにお願いしている。


私が欲しいのは【仲間】だ。


つらく苦しい、逃げ場のない【耐久レース】を

【楽しいレジャー】にしてくれる【仲間】だ。

 

【耐久レース】をひとりで耐え、歩き続けている人はたくさんいる。

みんなやっていることだ。

でもその【みんな】の中には、心療内科にかかっているひとがたくさんいる。

ならそれはやっぱり、

ひとりで歩きぬくには厳しすぎる道なんじゃないか?

 

少しでも早く家に帰ってきて欲しい。

朝、少しでも早く起きて欲しい。

週末はいつだって、家族全員で過ごしたい。

 

そこにいるだけで、特にやるべきことがない時間も長いかもしれない。

でもそこにいて、他愛もない会話をしているだけで、

同じものを食べているだけで、

子供とブロックでおウチを作っているだけで、

ゴミを拾って食べている赤子を叱っているだけで、

【耐久レース】は【レジャー】になる。

 

そして一番大事なこと。

本来、この【耐久レース】は存在しないはずのもの。

 

子育ては、

【ひとり】だから【耐久レース】になるのであって、

本来は【仲間】と【サポーター】と一緒に、

楽しくワイワイと過ぎて行く日々のことなんじゃないか。

 

でも悲しいことに、ひとりで【耐久レース】を歩きぬく覚悟を

しなければならないこともある。

もし私がその覚悟を決めるなら、

【耐久レース】が終わっても、ひとりで生きていく。

【耐久レース】が終わってからすり寄ってくる【夫】はいらない。

【彼氏】で十分だ。

 

 

↓のバナーをクリックいただけるとブログランキングのポイントが入ります。

応援クリックいただけると喜びます。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

最後までお読みいただきありがとうございます。

ひとりでできることには限りがある。

コメント一覧
  1. coske より:

    はじめまして。
    4月から2人目育休復帰したcoskeと申します。
    育休復帰の1カ月前くらいから仕事への焦りと旦那に対してモヤモヤしたものを感じていました。

    みゆきさんのブログを見つけ過去の記事も一つ一つ読ませていただいています。
    そして見つけました。「仲間」。
    そう、私は旦那に仲間になって欲しかったのです。一緒に苦労して一緒に笑ってほしかったのです。
    家計のメインとなる旦那様に煩わせちゃいけない、という思いがどこかであり、大変な夜泣きや病気の時、機嫌が悪い時は「私がやらなきゃ」という変な正義感?責任感?を感じていました。
    でも一緒に大変な思いを共有して欲しかったのだと気付きました。旦那にこれを伝えても「?なんで?どっちかが交代で大変になればいいじゃん」と言われそうなのでまだ伝えていません。
    は 男女の脳の構造が違うのはわかっているのですが、こうも共感が得られないと思うと打ち明けられずモヤモヤはたまる一方です。
    モヤモヤを突き詰めて、傷を癒せるまで考えたいと思います。

    • みゆき より:

      coskeさん、コメントありがとうございます。
      ふたり目ですか。我が家がそうだったのですが、子供一人だと、平日も休日も、親ひとりで大抵のことはなんとかなってしまうので、旦那はまさに「お客さん」状態で、好きな時だけ子供の世話をして、好きな時だけ子供と遊ぶ、っていう感じでした。
      でも子供がふたりになると、途端に私一人では抱えきれなくなって、強制的に旦那にも一人前の仕事をしてもらわないといけなくなった感がありましたが、coskeさん宅はいかがですか?
      「?なんで?どっちかが交代で大変になればいいじゃん」て、まさにうちの旦那が言っていたことです。
      いまでも油断すると手を抜こうとする姿勢は変わっていませんが、以前に比べたらずいぶん「仲間感」が出てきました。
      伝え方が難しいですよね。「仲間になってほしい」と伝えたら「は?」って言われるだろうし。
      難しいんですが、旦那さんが具体的に何をしてくれたらモヤモヤが晴れるのか、考えてみてはいかがでしょうか。
      私の場合、毎朝同じくらいの時間に起きてくれるだけで、かなり楽になりました。
      「私も朝寝坊したいのー!!!でもできないなら、あなたが一緒に起きてくれたらそれだけで楽になるの!ひとりじゃ心細いの!寂しいの!ムカツクの!」と切れまくったらやっと応じてくれました。
      それをひとつずつ具体的に伝えて潰していきました。
      気が遠くなる作業ですが、後のことを考えたらちょっとずつ進めたほうがいいと思って、なんとかやってみましたが、いかがですか?

  2. coske より:

    さっそくお返事ありがとうございます。
    そうなんです、伝え方が難しいんです。
    女性特有の感情的なものの考え方が一切理解できない旦那です。
    理解しようとしないのではなく、「できない(can not)」んですよね。だからこの「仲間になってほしい」気持ちを具体的かつ明確に伝える言葉を探しているところです。
    私は1人目の時からそうでした笑
    かれこれ四年半、この気持ちを抱いています。
    子ども1人だけの時はよく、感情のままにぶつけていましたが、下の子が生まれ仕事もしているとじっくり話をする時間もなく思いが宙ぶらりんになっていました。
    でも子育てはまだまだ先は長いですよね。何をしてほしいのか考え、旦那に伝える努力をしてみます。
    ありがとうございます!

コメントを残す

Twitterでフォローしよう

RECOMMEND