6歳児の成長と『問題』 子育てって超絶難しい

 

おはようございます。ワーキングマザー・サバイバルのみゆきです。

6歳と3歳の息子ふたりを育てながら、フリーランスで働いております。

 

長男の成長と、気になった問題について、自分でも整理したいので書いてみます。

 

先日、お友達家族と遊びに行きました。

屋内施設で遊んでいて、

とある遊具をお友達と取り合っている長男を発見。

 

その取り合っていた相手のお友達は、

大好きな女の子でした。

花を摘んでプレゼントするような、そんな子相手に、

無言で遊具を取り合う長男がいました。

 

5歳~6歳の間、

お友達や大人との間で、

『声を掛け合うこと』がだんだんと徹底されてきた年齢です。

 

赤ちゃん期には、

何も言わず人の物をとったり、

何かをしてもらっても無言だったり、

嫌なことがあったら泣く、抵抗する、だったのが、

 

何かをしてもらったら「ありがとう」

相手の持っている物が欲しかったら「貸して」

されたことが嫌だったら「やめて」

退いて欲しかったら「ちょっとどいて」

 

それが、ふたりとも無言で、

ひとつの遊具を取り合っていました。

遊具の空いているところに手をかけ、

体をねじ込み、押しのけ。

 

そうなると当然、体が大きく力の強い長男が勝ちます。

でもその女の子も、しばし頑張っていました。

 

あれ?と気づき、

少しだけ観察して、

そろそろ介入しようかというところで、

女の子は諦め、後ろに引き、静かに泣いていました。

 

叩いたりしたわけではないけども、

腕力と精神的な押しの強さで、

長男が『勝って』しまった。

 

本人もわかっているんです。

 

「ボク、頭に血が上るとよくわからなくなっちゃう。」

 

少し前に言っていました。

なんでもかんでも、相手が誰でも『思い通りにしたい病』です。

 

その場でお友達の前で叱りつけてもいいことないので、

小声でよく考えるように言うと、

少し落ち着きを取り戻し、渋々という感じで場所を譲りました。

 

いや、でも今思うと、私も長男にばかり気が行ってしまい、

泣いてしまった子への配慮が足りなかったな、と反省しています。

私から彼女には謝ったものの、

本人からもちゃんと謝らせるべきだった。

 

後からいつ、本人になんと言い聞かせるべきか、

そればかりを考えていて、気が回らなかった。

今度会った時にお話したら、聞いてくれるかな。

 

帰る間際も、自分が好きではない遊びをしているお友達にいら立ち、

先に帰ると言う長男。

 

自分に回りを動かす力があると気付き、

それを実感する過程で、

『なんでも思い通りにしたい』とこじらせた、

成長の段階だとは思います。

私自身にも覚えがあります。

母にしこたま叱られました。

 

「自分の思い通りにすることと、

お友達があなたのことを好きじゃなくなって、

もう一緒に遊びたくないと思ってしまうことと、

どっちが大切なのか、ちゃんと考えてみよう。

 

お友達はたくさんいなくてもいいけど、

好きなお友達がぜんぜんいないのは、

すごく寂しいことだとママは思う。

 

考えればあなたなら、きっとわかると思う。」

 

ベッドの中で寝る前に、ふたりきりで話してみたら、

 

「もう考えてるもん!」

 

という半分反抗的な反応で、とりあえず少しは伝わったかなと。

そして朝、

 

「もうひとつ言い忘れてたんだけど。」

 

と私が言ったら、

長男の目がチラリと、隣に座る次男を見ました。

 

やっぱり、次男を含む、ほかの子供の前で叱られたり、諭されたりすることが、

すごく嫌なんだな、とわかりました。

だから次男には聞こえない小声で。

 

「お友達ってね、いろんな子がいるの。

昨日みたいに泣いちゃうAちゃんもいれば、

同じことをしてもなんともない子もいるかもしれない。

でも、その子にとって嫌であればそれは、してはいけないことなの。

 

長男クンが嫌じゃないことも、嫌な子もいるの。

でもそれでいいの。

その子に合わせて遊ぶと、きっともっと楽しく遊べる。」

 

真剣な目をして、私の目を見て、

「うん。」と頷く長男。

 

落ち着いているときに話せば、わかる子なんだとは思うものの、

頭に血が上る瞬間があります。

 

泣いてしまったお友達には、

悪いことしちゃったな、と心が痛みます。

嫌だっただろうなって。

いつもにこやかなお子さんなので、『黙って泣く』

というのは彼女にとって最大限の抗議だったのだな、と。

また次会った時に、ちゃんとふたりで謝らなきゃ。

 

うぬ~・・・

 

『お友達と楽しく遊べる』

ということの価値は、

40歳を超えて身に染みてくるのですが、

子供の時にどれほどわかるものなのか。

 

あー・・・これでまた、違うタイプの次男が同じような過程を経るのかと思うと、

子育てって難しい。

 

 

子供と遊ぶ

ママ友達とのあれこれ♪

++育児の穴++

 

↓のバナーをクリックいただけるとブログランキングのポイントが入ります。

応援クリックいただけると喜びます。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

最後までお読みいただきありがとうございます。

ひとりでできることには限りがある。

コメント一覧
  1. とら より:

    私の娘はやっと特定の仲良しができたみたいで、安心な反面、これから喧嘩もたくさんしていくんだよなーと思います。年中さんあたりから、ぐっと人間関係が濃くなりますね。

    あと、話すタイミング、すごく大事ですよね。あ、大人もそうか。こどもはもう一人前なんだけど、一人前じゃない、難しいなー。

    • みゆき より:

      とらさん、なんでしょうね。
      成長したということなので喜ばしいんですが、また違う難しさが待っている感じ。
      人間関係ということなのかな。

      そうそう、大人も、こっちのタイミングで言いたいことを言っても、
      本来言いたいことが受け付けられないタイミングってありますよね。
      なんかいずれにしても、難しいんですよね~

  2. れふこ より:

    おつかれさまです。楽しく読ませて頂いています。二人子育て中保育士です。

    いつも真摯に子どもと向き合っている姿、素敵だと思います。
    もし自分だったらどうするかなと思い、コメントさせて頂きました。

    ①その場ですぐに
    ②短い文で済ます

    ①個人差がありますが、子どもはかなりその日暮らしです。今小学生とも仕事で関わりがあるのですが、小学生でも同じことを感じます。Aちゃんには取り合いの時にみゆきさんから謝られていますし、次に会った時はもう明るく接するで良いのではないかなと感じました。
    また、長男さんにも取り合い直後に話して、あとは明るいお母さんでいるのが返って効果的な気もします。鉄は熱いうちに打てと保育の現場ではよく言われます。

    ②「Aちゃんは今どういう気持ちかな」
    取り合いをした直後に、みんなから離れた場所で伝えます。優しさは想像力、ですね。
    また、①と重なってしまいますが、小学生でも長文理解はかなり難しい作業です。廊下などを「走らないで」と言うと、始めの「走る」だけが頭に入って、より走ってしまうなどという事象まで起こることがあります。

    子育ては本当に手探りで、ケースバイケースで、人間関係なので正解がないところが最高に難しく、またそこが楽しいところなのかもしれませんね。少しでもお役に立てれば幸いです。長文失礼いたしました。

    • みゆき より:

      れふこさん、コメントありがとうございます。
      いろんな子と触れる保育士さんや学校の先生たちなんて、それこそ難しいんでしょうね。
      すごいなー

      我が子だってその子によって違うし、その時にもよるし、自分の機嫌にもよるのに、
      それが仕事というのが尊敬です。
      言葉で伝わる子も、伝わらない子もいて、もー・・・さっぱりわかりませんっっ(笑)

コメントを残す

Twitterでフォローしよう

RECOMMEND