親という絶対的な『権力者』 『毒』親とは

 

おはようございます。ワーキングマザー・サバイバルのみゆきです。

6歳と4歳の息子ふたりを育てています。

最初に自慢したいんですが、

親になる前も、親になってからも、

私は本当に、良き親に育ててもらったと思っています。

 

育ててもらっている時には意識もしていませんでしたが、

いざ自分が社会に出てみると、

親に不満を抱えている友人

「こ、この人も親なの?マジで?」と思うような大人に会ったりして、

自分がとても恵まれた環境に生まれたことを知りました。

父も母も、普通の人ですが、

ふたりともとにかく温厚です。

「あなたの好きなようにしなさい。」

と言いながら、

できる限りのサポートをしてくれて、

放任なのに『信頼されている感』がビシビシ伝わってきて、

 

私としてはいろいろな挑戦、経験ができたと思っています。

 

アメリカに留学していた時、

当時はまだメールもあまり普及していなくて、

ウォールマートで長距離電話用のカードを買って、

大学の公衆電話から時差を考えて父親に電話して、

 

「次の学期の学費、80万円くらい~。

お願いします~。」

 

と言うと、

 

「はいは~い。

元気でやってるの?」

 

と二つ返事で大金を振り込んでくれて、

そんなことされたら単位落とすわけにもいかなくて、

 

だから私は寝る間を惜しんで勉強して、

そして寝る間を惜しんで遊んでいました(笑)

つまり全然寝ていませんでした(笑)

 

いろんなことを考えさせられた本でしたが、

『親であること』について特にいろいろ思いました。

 

created by Rinker
¥759 (2020/04/08 17:04:29時点 Amazon調べ-詳細)

 

もうね、アルテイシアさんLOVE過ぎて、

この人の言うことは一生追いかけると決めました(3人目)。

 

 

重い話題で、ここまで人を笑わせることができるって、

やっぱり『言葉』の力ってすごいな~と。

 

血だらけでもカラカラと笑っているような強さと、

いつでも一緒に泣いてくれるような包容力と、

救いようがないほどの状況の中でも必ず(笑)を生む表現力と、

 

あー・・・もう、好き。

 

この本の目の付け所は無数にありますが、

私はまず、『親ならではの圧』について思いました。

 

私がいま両親に会う時には必ず子供たちが一緒で、

両親はもはや『じーちゃん、ばーちゃん』の顔です。

私の『お父さん、お母さん』の顔はどうしても隠れます。

 

そんなとき私はその『圧』をあまり感じませんが、

『親と子』だけでいる場合、

どんなに『良い親』であっても、

 

親特有の『圧』ってあるなと。

私は今、6歳と4歳の息子たちの親で、

彼らにとってはもうどうしたって、

絶対的な『権力者』になってしまうということ、

忘れずにいないといけないと、改めて思いました。

 

子供たちは、幼く未熟で、経験値と知識が無いだけで、

親である私と対等な人間です。

 

確かに私のお腹から生まれましたが、

彼ら自体にも、彼らの人生にも、

私には『所有権』は1ミリもなく、

あくまでサポート役を引き受けただけ。

 

そこには従属関係も上下関係もなく、必ず対等なのだと、

ちゃんといつも頭に置いておきたいと、思いました。

 

悪名高い『囚人と看守の実験』ご存知ですか?

 

普通の学生に

『あなたは囚人』

『あなたは看守』

と役を与えると、

それぞれが囚人らしく、看守らしく振る舞うようになり、

 

揚げ句の果てに暴行まで起きたという実験は、

途中で中止されたとか。

 

それと同じなんだろうなと。

 

親という『役』を与えられると、

つい『親っぽく』というか、

自分の中の『親のイメージ』を演じてしまって、

 

つい

子供以外には言わないような

『支配的』『抑圧的』な言動をしてしまったりします。

 

私はそういう意味で、

『しつけ』という名目で子供を叩くという行為は、

絶対に間違っていると思っています。

小突く、強くつかむ、押す、揺する、も全部、

大人にしないことを子供にしていい訳ないと思います。

 

『教える』という行為にはなぜか、

『圧力』『権力』が付いて回ります。

 

「危ないからダメ。」

と言う時、

 

「ママはあなたのことが大事だから、

あなたが痛い目に遭うのは嫌だから。

やめて、と言っている。」

 

と忘れずに付け加えることや、

 

「それ、ママもできなかった~。

ヤだよね~。わかる。」

 

友人に何かを教える時のことを思って話してみたり。

 

いろいろ工夫はするものの、

当然時に私もイライラして、

 

「うるさ~いっっ!もうママ知らない!」

 

と脅迫したりしてしまいます。

 

愛おしさと、権力が、

時にまぜこぜになってしまうような、

そんな気がします。

 

子供にとって『毒っけ』を持たない親は存在しないわけで、

せめて私のその『毒』が

少しでも彼らの翼を傷めないように。

 

購入本。

両親、父親、母親

++育児の穴++

 

↓のバナーをクリックいただけるとブログランキングのポイントが入ります。

応援クリックいただけると喜びます。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

最後までお読みいただきありがとうございます。

ひとりでできることには限りがある。

Twitterでフォローしよう

RECOMMEND