母親になったこと後悔していますか?

 

おはようございます。みゆきです。

9歳と6歳の息子ふたりを育てています。

 

親発の習い事はさせないと決めています。

「あれやってみる?」「これは?」

と親が率先して勧めることはしないと夫と話し、

長男にも話しました。

 

子供たちは『今の生活=無理しすぎない範囲』の中で

出会ったものに自分で反応してくれればいいと思っています。

子供発があった場合には全力でサンポートします。

 

 

そんな中長男、自ら『やりたい!』と言って始めた習い事(習い事というかチーム)

夢中で通っています。

始めたばかりなのでまだ五里霧中という感じですが、

まっしぐらです。

この習い事の話はまた後日詳しく書きたいと思っていますが、

それがまたなんと、驚きの週6でやっています。

 

来られる範囲で参加すればいいのですが、

夢中な長男は連日参加しています。

 

そして最初は手続きの関係で親同伴です。

仕事を調整し、夕方16時ころから同行します。

 

長男が楽しそうなのはもう最高なのですが、

にしても、

にしても。

 

親業ハンパない。

 

無理しなくても最低限を提供するだけで

やっぱり時間と労力をかなり持っていかれます。

 

ちょっとこだわりを持ったら際限なく持っていかれます。

 

それすらも『楽しむべし』と社会に言われている気もします。

 

本当は幸せなはずの子育てという大事業、

窮屈に感じたりもします。

 

子供を産むということすら、

社会的プレッシャーを感じましたし、今も感じます。

 

created by Rinker
¥1,980 (2023/01/29 23:57:03時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

日本よりももっと、

女性は子供を産むべし

とされている国での

『母親になって後悔してる』という声。

 

日本でだって

『母親になって後悔してる』

と言うことはタブー視されています。

それでもやっぱり、母親だって人間だもの。

ただの不完全な人間だもの。

 

 

貯金してなくて後悔してるのと同じように、

母親になって後悔したっておかしくないはず。

 

もちろんね、それで生まれた新たな人間がいるわけで、

声高に言うのとは違うと思うんですが。

 

『あなたを生んで後悔してる』

と言って子供を傷つけるのと、

 

『母親になって後悔してる』

と母親が独り言を言うのとはまた別の問題ですよね。

 

 

合わせてこの本も読んだんです。

created by Rinker
ポプラ社
¥1,368 (2023/01/29 23:57:03時点 Amazon調べ-詳細)

 

この本、独身時代に出会いたかったな~

 

そうしたら私も、また違う道を選んでいたかもしれない。

 

だから、若い女性に読んで欲しいなと思いました。

 

 

子供を産むことは確かに素敵なことだけど、

産まない人生だって同じくらい素敵です。

子供を産まない選択をした女性たち、

私たちと同じように楽しみ苦しみ暮らしています。

 

 

私が例えばこの本を20代で読んでいたら、

果たして子供を産んだかしら。

 

そう考えてみたんです。

 

私は30歳で『子供が欲しい』と思ったけど、

その心の半分くらいはやっぱり社会的プレッシャーだったといま思います。

子供産んでおけばなんか『合格』みたいな。

いろんな免罪符になるんだろうな、みたいな。

 

 

でも多分、やっぱり私は産むことを選んだと思います。

 

子供が好き

 

とかではなく、

他に趣味や没頭できるものもなかったので、

他の誰でもない私だけを求めてくれて

同じくらいこちらからも返せる対象としての

子供や家族を求めていたと思います。

 

 

だから結果、私は母親になったことは後悔していないんですが、

(大変だからブチブチ文句は言いますよ?)

後悔する人がいてもおかしくないな、

とは思うわけですよ。

 

 

目の前にいるキラキラの小さくて暖かい人を見ると、

『後悔』なんて言うのは間違えているような気もしてしまうものの、

やっぱり私は、産む人も同じくらいにキラキラと暖かい命なわけで、

 

流れに身を任せて歩む道としては、

子育ての道はなかなかに険しいので、

ちゃんと自分で決められたらいいなと、

そう思うのです。

 

 

だから子育て中の方々、今日もお疲れ様です。

 

 

 

#本の話

 

#後悔

 

#子育て

 

↓のバナーをクリックいただけるとブログランキングのポイントが入ります。

更新の励みにさせていただきます。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

いつも応援いただき、本当にありがとうございます。

本当は不安でたまりません。

 

 

Twitterでフォローしよう

RECOMMEND