おはようございます。ワーキングマザー・サバイバルのみゆきです。

 

公園で遊ぶうちの息子たちの写真を見て、お気づきの方はいらっしゃると思いますが、

夫も含めて我ながらいつも思っています。

 

いやはや・・・

 

靴がボロイなぁ・・・(汗)

いやね、言い訳をさせてください。言い訳を。

何って結局はアレなんです。

 

ストライダー

そして

キックボード

 

そのふたつが大好きな息子たち、もうね、靴を引きずる引きずる。ガガガガッとね

文字通り穴が開くほどに引きずります。

 

「靴引きずらないで!」

 

と言うんですが、やっぱり引きずりたくなる気持ちもわかります。

特にストライダーなんて。

次男もストライダーがうまくなってきて、靴を引きずりながらバランスをとったり止まったりしています。

ブレーキがないストライダーは、足で止まるしかありませんからね。


最初にまず、お下がりでもらって履いていた長男のボロボロの靴に、穴が開きました。

もう靴下が外から見えるほどに。

「さすがにヒドイ・・・」

と思っていたところに、たまたま開催されていた自治体のフリーマーケット。

終わり間際に滑り込んだら、たまたまあった、長男サイズのスニーカー。

お値段・・・

 

500円なり。

スパイダーマン・モデルだそうです。

失礼を承知で言わせていただくと、決して気に入ってはいません(←失礼!)。

でもサイズがぴったりで、長男が気に入っていて、その場で穴の開いたボロボロのスニーカーを捨てられたこと、500円という値段、など状況が揃い、購入させていただきました。

もう次男までお下がりできなくても、これなら諦めもつくというものです。

新品の5,000円もするスニーカーを買って、数ヶ月で穴を開けられるなんて、考えただけで寒気がします。

かと言って、1,000円台の安い新品を買う気にもなれず。

 

次に次男、こちらもさすがにボロボロさが目に余るようになってきました。

「さすがにボロボロすぎだね・・・(汗)」

 

と夫も言うようになりました。

覚えたてのストライダーで引きずり、転び・・・ヨシ

 

とこういう場合、最近はアチラを多用しています。

 

ご存知、 メルカリ 

自分で出品することはほぼなくなってきましたが、買うほうはやはり、なかなか理にかなっています。

子供って特に靴なんてハードに使うので、すぐにボロボロになったり、

ボロボロにはならないにしてもサイズアウトしたり、

『新品買うのはモッタイナイ』という人と、

『まだ使えるのに捨てるのはモッタイナイ』という人をマッチングさせているという、

いやはや、なんでいままでなかったかねー、という仕組みですよね。

 

我が家なんて、こんなことがあるので、保育園登園用の靴と、週末の公園用の靴は分けているんです。

登園用は自分で履けるNIKEのダイナモフリー。(長男はもうなんでも自分で履けますが)

 

公園用はお下がりやメルカリなどの中古、にしています。

そして次男用にメルカリで見つけたのが、このお得な3足セット。

子供 メルカリ

16.5㎝×3足

 

右端のニューバランスは、写真では残念な感じに写ってしまうのですが、実物はもっときれいです。

残りのイフミーの2足なんてほぼ新品。

お値段なんと、3足セット送料込みで1,980円。

満足じゃ~、余は満足じゃ~。

このお値段なら、履きつぶされても本望です。

子供 用品、靴は特に、 メルカリ やお下がりを多用しています。

靴は足に合うとか合わないとか、そういうご意見も見たり聞いたりするんですが、

お下がり履いたから足が変形したとか、そこまで致命的なことではないかと思い、私は割と気にならないタイプなので、割り切っています。

靴とひと口に言ってもいろいろ用途もありますがね、ストライダーや公園用としては、汚れを気にせず元気に遊んでもらうことのほうを優先させています。

年齢が進んだら、また違う方法になるかもしれません。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

にほんブログ村テーマ 子供のおもちゃと洋服はキリがない。へ
子供のおもちゃと洋服はキリがない。

にほんブログ村テーマ メルカリ・ラクマ楽しんでますか?へ
メルカリ・ラクマ楽しんでますか?

 

↓のバナーをクリックいただけるとブログランキングのポイントが入ります。

応援クリックいただけると喜びます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

最後までお読みいただきありがとうございます。

ひとりでできることには限りがある。

 

【お知らせ】

『ワーキングマザー3.0』有料会員募集中です。

お金相談やメルマガ、ワークショップにイベントなど、ワイワイしてますのでぜひ寄ってみてください。

詳細・ご登録はこちら

 

Twitterでフォローしよう

RECOMMEND