もうすぐ5歳長男の暴力の件

 

もうすぐ長男の5回目の誕生日です。

夫や姉と、お誕生日会の計画を練っています。

 

関係ないようですが、私の誕生日はクリスマスイブです。

街はクリスマス時期なので、スーパーにローストチキンが並ぶからでしょう。

子供のころ12月24日の夕ご飯にはローストチキンレッグがあったのを覚えています。

特にケーキはあったりなかったり。

 

でも私は、息子たちの誕生日はできるだけ、

【ザ・バースデーパーティ】をやってあげたいと思っています。

自分はこの家族(パパ、ママだけではなくじーちゃん、ばーちゃんや叔母も含めて)に望まれて生まれてきた、

って実感させてあげるのに、わかりやすい日じゃないかな、と思って。

まー、あとは単純に、自分が出産した日としても感慨深いですし。

 

そんな長男、最近少し、暴力的な行動が目立ってきました。

お友達にやることは絶対ないと保育士さんが言っていたのですが、弟と私に対してだけ、

①癇癪を起してパンチをするときと、

②弟にちょっかいを出すとき、そして

③その引っ込みがつかなくて私にまで及ぶとき。

①癇癪を起してパンチ

これは私や夫に何か叱られたとき、我慢を強いられたとき、落ち着いて静かに説明しても、

【我慢】という小さな怪獣が彼の小さな体の中で暴れているように、癇癪を起します。

そして私や夫にパンチをしますが、これはこの前記事にしたような対応で、すぐに収まります。


②弟に乱暴にちょっかいを出す

ちょっとした暇を持て余したときなどに、その辺にあるオモチャなどで弟をぶってみたりします。

弟はもう慣れているので、痛くなければスルーするし、痛ければ泣きます。

でも、弟→兄へのこの類のちょっかいはなくて、

弟は誰にやるかと言うと猫にやろうとするので(それで私に叱られる)、

やはり自分より小さいものへ向かう関心なんでしょうか。

これは危なくないとき以外は、できるだけ介入せず、本人たちに任せるようにしています。

でもちゃんと見ています。

 

③引っ込みがつかなくなった時

②で、「それはさすがに痛いだろう」というちょっかいを出したときは、私が制止するわけです。

そうするとターゲットが私にまで及びます。

私の制止が、乱暴なちょっかい⇒暴力に移行させてしまっているような気がします。

でも次男が痛くて泣いているので止めないわけにもいきません。

先日は、手足に磁石の入ったぬいぐるみを振り回して、頭を叩くという行動だったので、

普通に痛いし、次男は当然泣くし、「うーぬ…」となりました。

 

繰り返しになりますが、暴力がお友達に向いているわけではないので、そんなに深刻には捉えていません。

保育士さんは、長男が弟を叩いたりするなんて想像もつかない、と言います。

「いやいや、もうブッ叩いてますよ…」

対処しようと思います。

(1)引き続き言い聞かせる

これはずっと続けていることですが、もう腹を括ってわかるまで言い聞かせるしかないんですよね。

  • 暴力はいけないということ。
  • 叩いたら誰でも痛いのだということ。
  • やり返すのではなく口で言うこと。
  • 大きく、強く、そして優しくなって欲しいということ。

(2)子供らともっと遊ぶ

私自身、正直あまり子供が好きではありません。

我が子は鼻血が出るほどかわいいですが、子供と遊ぶのが得意ではありません。

でも、そこを『私は苦手』と放置していたことを反省し始めています。

しかし何をして遊ぼう…と部屋を見渡していて、これを見つけました。

「ペーパークラフト…?もしや…」

と検索してみるとあった!

うちの子らが好きそうなものをDLして出力して、一緒にやってみます。

(ペーパークラフトのネタはまた後日…)

児童館に行っても、プールに行っても、もっともっと積極的に遊ぼうと思いました。

(3)君が大好きだ、大切だ、と伝え続ける

最近長男は、「ママがいちばん好きなのは誰?」と頻繁に聞くようになってきました。

「長男くんと、次男くん」

と答えますが、

「いちばんは?」

何度聞かれても、ふたりともがいちばんである、以外に答えはありません。

『半分こ』とは違うのか。

『いちばん』はひとりだけじゃないのか。

兄弟ってどういう存在であり、関係なのか。

そんなところを、彼なりに咀嚼し始めたのでしょう。

 

いずれにしても、長男の暴力的な行動はつまり、彼が成長したということ。

アリを踏み殺すことで何かを学んでいるように、

弟や母親に痛みを与えることで、彼が何かを学んでいるのは、見ていればわかります。

長男の表情は、明らかにそれが悪いことだと知っているものです。

言うは易しで、実際に何年も何年も気長に言い聞かせるのは大変ですし、

時に怒鳴り散らしもしますが、私も母として、日々成長していくしかありません。

 

年長のお子さんをお持ちの方、もし何かアドバイスあれば、教えてください。

 

 

↓のバナーをクリックいただけるとブログランキングのポイントが入ります。

更新の励みにさせていただきます。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

いつも応援いただき、本当にありがとうございます。

本当は不安でたまりません。

 

【お知らせ】

『ワーキングマザー3.0』有料会員募集中です。

お金相談やメルマガ、ワークショップにイベントなど、ワイワイしてますのでぜひ寄ってみてください。

詳細・ご登録はこちら

 

コメント一覧
  1. 通りすがりですが より:

    上の子は他人にやらなくても
    下の子はやるようになりますよ
    お友達に暴力が出る子は
    上の子から普段やられていて
    それを止めてもらえない子でした…
    難しいですね

    • みゆき より:

      なるほど~…
      上の子のことばかり気にしていましたが、下の子のことも考えなきゃですね。
      確かに難しいです。

      でもほかの読者さんからメッセージをいただき、上の子に関してはおそらく、4歳児に特有の反抗期らしいことがわかりました。
      教えていただいた記事には長男がやる行動が細かく書いてあり、納得いきました。
      おっしゃるとおり、下の子のこと、もっと考えてみます!ありがとうございます。

  2. ようこ より:

    人は二足歩行をするようになったときに、骨盤が小さくなって、赤ちゃんの脳みそを小さくしないと出産できなくなったそうです。だから、我慢ができないのも脳みそが足りないから仕方ないんですって。長男くんも経験を積んで段々と納得できるようになると思うんです。

    あと、長男くんは、愛情の器が大きいんでしょうね
    みゆきさん、ファイトー!って何の解決にもなりませんが(笑)

    すぐ壊されちゃうのに工作に励むみゆきさん、えらいなと思います。

    • みゆき より:

      ようこさん、なるほど。脳みそがまだ未発達なまま生まれて、4歳5歳ではまだまだ足りないんですね。
      でもなら、待っていれば足りるようになるってことなんですよね。
      終わりがあると思えば、待ってあげられそうです。
      ありがとうございます。ファイトですっ!
      ようこさんのように、子供と遊ぶのが上手になりたい、って思ったんです。
      工作なら私にもできるかな、と。

コメントを残す

Twitterでフォローしよう

RECOMMEND