スポンサードリンク

 

赤ちゃんが生まれた友人の家にお邪魔してきました。

行くまで忘れていたのですが、この彼女、

もともとグラフィックデザイナーだったりして、

いまは仕事は辞めているということでしたが、

直近の仕事も〇ッピーセットのパッケージをデザインしていたそうです。

 

つまり、我が姉と同じ、美術畑の出身。

ズボラ村のセンス&興味なし畑出身の私とは、

やはり別の世界の住人でした。

 

お宅は、文京区の東京大学キャンパス目の前にある、

閑静なマンションの1階でした。

一見広いお宅ではなかったですが(地下室があったらしい)、

もう一見にして、【センス】を感じました。

 

あれは、お客さんが来るから、と昨日今日で片付けた感じではありませんでした。

姉がよく言うとおり、

生活感を感じるものは徹底的に隠し、

厳選されたカワイイ物だけが、ちょこっと飾ってありました。

 

あ~…なるほどね…

と、またしても思いました。

 

美術畑出身の人に、敵うわけがないんです。

別に張り合ってるわけでもないんですが、圧倒的な差を見せつけられると

悔しくもなります。

 

方や、我が家、センスもなければ興味もない。

なんでも出して並べておきたがる旦那と、

ズボラなのかせっかちなのか、自分で整理して仕舞うことができない私。

(言われればできます!)

でも、それでも家は、キレイにしておきたい。

 

そんな我が家の現状。

どうにかこーにか、リビングだけはキレイにしました。(姉が)

私的には、人生でいちばん部屋がキレイな状態なんですが、

姉の部屋と言い、友人の部屋と言い、なんかやる気なくすのよねー。

 

私だって頑張っているのに、その差は圧倒的。

(姉の部屋の様子は↓記事で公開しています)

 

でもね、友人の家に行って話しながら、彼女がお茶をいれてくれたり、

カーテンを閉めたりしているのを見ていて気づいたんですが、

やっぱり違いはね、

 

部屋や、部屋にある物を扱うときの所作から、だなと。

 

彼女がカワイイ缶からお茶を取り出して、

ポットに入れて、お茶をまた缶に戻して、

ポットにお湯を入れて、お茶をついで…

と見ているとやはり、

それぞれの物に対して愛情や愛着があるのだな、

と思いました。

 

我が家のように、機能性や費用対効果だけで物を選ぶのと、

その物の美しさに魅了されて手に入れるのとでは、

そりゃ、物の扱いも変わるわけで、

部屋のキレイさも、結果その延長線上にあるのだな、と

実体験を通じて噛みしめました。

 

なので私もこれからは、

『キレイ』『美しい』『カワイイ』

という自分の感覚に素直に

物を選んでいきたいな、と思った次第です。

 

多少デザインが気に入らなくとも、

機能的に申し分なければそちらを優先していましたが、

きっと逆のほうが、部屋はキレイに美しくなるんだろうな、と。

とはいえ自分のセンスに自信はないので、

姉のアドバイスを聞きながら、

時間をかけて、その時々に必要なものを揃えていきたいな、

と思いました。

 

↑の写真の端のほうに写っている、猫トイレの柵も、

やむを得ずこれを使っていますが、

子供たちが育ったら撤去したい。

 

姉がつけてくれたコルクボード(家具のガラス面を守るため)にも、

そろそろ何か素敵なものを貼りたい。

 

トランポリンと化しているソファも、数年後には買い替えたい。

 

やりたいこと多すぎ。

 

にほんブログ村テーマ ワーキングマザーへ
ワーキングマザー

↓のバナーをクリックいただけるとブログランキングのポイントが入ります。

登録がなくても、どなたのクリックも対象です。よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

いつも応援いただき本当にありがとうございます。

みなさんの役に立つ記事を書けるよう頑張ります。

 

コメント一覧
  1. とら より:

    一瞬うちかと思うくらい、部屋の感じが似てました~。広さは全然違いますが。
    そうそう、センスある人ってデザイン優先で揃えてますよね。私もだいぶ勉強して、とりあえず、のものを買わないようにしてます。でも選んだり探してる時間が勿体無い、と妥協しがち。せっかちには修行です。

    • みゆき より:

      とらさん、そうそう、そうなんですー!
      選んでる時間がもったいなくなって、我慢できなくて、とりあえずの変なものを買っちゃうんですよ。
      だから部屋がなんか統一感無いというか、決して「オシャレ」な状態にはならないんですよね~
      姉もそうですが、焦らず時間をかけて、気に入ったものを探し続ける、という状態も大切なんですよね、きっと。
      修行ですwww

  2. miminosuke31 より:

    好きなメーカー、店を決めると統一感が出ますよ!
    たとえば家具はここ、家電はここ、細々収納はここみたいな…
    そうするとあれこれ悩まず、時間もかけず欲しいものを絞られます。
    後はそれぞれのメーカーの相性。
    テイストが似てると、違うお店のモノでも統一感がでます。

    好きなメーカーやお店を見つけるのが大変ですが、何となくここの店が好き、そういえばこの店のモノ多いな~っていうのありますか?

    • みゆき より:

      miminosuke31さん、コメントありがとうございます。
      そうんでしょうね~、お店やブランドを決めれば統一感出そうですね。
      だがしかしね、そういうのが決まるほど、好きでもなければ興味もない、っていうところが、いちばん難しいんですよ。
      好きな人からしたら信じられないかもしれないんですが、そういうブランドやお店を選ぶところから、既に大変なのです…
      好きなことだったら、選ぶ作業自体が楽しいんですよね、きっと…
      こんなんなので、もう私の姉に一任している次第ですwww

  3. miminosuke31 より:

    なるほど~!!
    好きでもなけば興味がない(笑)
    だと、みゆきさんがされてるように、第3者に一任するのが一番ですね~
    姉妹だと自分のことをよくわかってるので、全てを伝えなくてもわかってくれるのが良いですよね!

    • みゆき より:

      そうなんですよ~!インテリアや雑貨が好きな方には信じられないかもしれないんですが、
      雑貨とかを見たり、収納やらインテリアとか、そういうのを見てるだけならいいんですが、
      自分の家に、と思って選ぼうとすると、訳が分からなくなって結局「うー…どれでもいい!」ってなってしまうのです。
      なので結局、見るのすら苦痛になる、という。。情けない話です…

コメントを残す

家のことの関連記事
RECOMMEND