乳がん検診でひっかかった

 

年に1回、会社で健康診断を受けます。

すでにオバチャン枠なので、若者よりも検査項目が多いです。

婦人科系検査(子宮頸がん、乳がん)も、受けられるようになってからは
毎年受けるようにしています。

そして今年、乳がん検査でひっかかりました。

【要精密検査】

正直、ビビりました。
旦那も、ビビっていました。

 

やはり、これまで乳がんを公表している有名人のおかげでしょう。

すぐにちゃんとした乳腺外来へ行きました。

 

そこで再度、超音波とマンモグラフィーをやり、
しこりを作らないタイプの乳がんもある、ということを知って驚いたりして、

結果、特に所見なし、となり安心しました。

 

でもやっぱり、少しビビっていたので、
恐ろしいシミュレーションしました。

 

この子たちを残して死ねるわけがない、と思いました。
なんとしても生きてやる、と思いました。


数年前、クライアントの会社の方がひとり、産休に入りました。

「出産がんばってください~」
なんて見送ったら数日後、

亡くなったと連絡がありました。

 

なぜそんなに急に亡くなってしまったのか、理由は聞けませんでしたし、
あの時お腹にいた赤ちゃんがどうなったのかもわかりません。

でもとにかく、社内の数名でお葬式には出席しました。
その帰り、同僚の女性が小さな声で言いました。

「すごく月並みですけど、毎日一生懸命生きようと思いました。」

大切なことは大抵、とてもシンプルなことだと思いました。

 

 

 

↓のバナーをクリックいただけるとブログランキングのポイントが入ります。

応援クリックいただけると喜びます。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

最後までお読みいただきありがとうございます。

ひとりでできることには限りがある。

コメント一覧
  1. mitade より:

    私毎年乳ガン検診ひっかかってました。いつも専門の乳腺クリニックに行って、水たまってる。これがガン化することもあるから必ず年一の検診をと言われて、しかし妊娠してからもう二年受けてないですね。(母乳で受けられない)
    この春ようやく断乳しましたが、授乳中からトラブル多い乳でしてのでずっと桶谷式通い、断乳もしっかりケアついてもらいました。一回3~4000円+交通費を月3回を1年ほど。かなり費用かかりましたが、将来のリスクと引き換えにと言い聞かせました(涙)
    無職なので痛い出資。
    今年はようやく検診受けられるけど、今の市町村では市民検診の補助対象じゃなく!無職のため職場の検診もなく!実費になりそうで躊躇(え?)
    職場の検診ってありがたいですよね~。去年から胃の検診もバリウムじゃなく血液検診になったし。市町村はバリウムさじゃないですか~。
    私は胃も何度もひっかかってまして、毎年専門医で胃カメラ年一なんです。。が、こりももう妊娠から二年受けてないなぁ~。
    バリウムも胃カメラも超苦手(´;ω;`)

  2. みゆき より:

    mitadeさん、みなさんそんなもんなんですね。。
    私乳がん検診なんて引っかかったの初めてで、結構ビビりましたよ。。
    でも実費でも躊躇しちゃだめですよ。わかってると思いますが。
    うちの会社は今年は全員有無を言わさず胃カメラでした。
    鼻からだったけど苦しかった~

コメントを残す

自分の関連記事

Twitterでフォローしよう

RECOMMEND