スポンサードリンク

 

お出かけ好きじゃない旦那と、

お出かけ好きな私と、でモヤモヤする、という記事を書き、

それならキャンプは?というコメントをいただき、

キャンプなら行く!と旦那が喰いつき、

どこへ行ったらいい?と書いたらいくつか教えていただき、

その中のひとつ、マザー牧場へ行ってきました!!!

えーっと!全部みなさんからのコメント頼りです!はい!!!

 

メインゲート、【まきばゲート】を入ってカフェや売店を超えると、この景色。

天気も良くて気持ちよかった。

私だけでしょうか。

子供と犬には芝生がよく似合う、と思っているのは。

牧場と言えばこれ!

乳搾り体験、してきましたよ~

長男も次男も、おそるおそる牛さんのお乳へ手を伸ばし、

私と一緒にチューッと絞りました。

おっぱいは柔らかくて暖かくて、できることならモミモミしたい感触でした。

乳搾り体験に参加するには、決められた時間に来て、並ばなければなりません。

とはいえ、後のほうに並んだからと言ってできないわけではないので、

なにも早くから並ぶ必要なかったんだ、と後から気づきました。

タイムスケジュールなどはコチラ⇒

 

次男がいちばん気に入ったのは、この子↓

まきばゲートから入ってわりとすぐにある、『ふれあい牧場』という場所に、やぎさんやうさぎさん、羊さんやらと触れあえる場所があり、大きなカメさんがいます。

係りの人が常に、『優しく触ってください』とアナウンスしていて、子供たちも恐る恐る近づき、ペタペタと甲羅を触り、ツンツンと足を触っていました。

次男なんて、カメさんの回りで30分ほど過ごしたでしょうか。2日連続で。

↑カメさんの全速力は意外と速かった!

 

広い園内をえっちらおっちら歩き、小さな遊園地エリアにも行きましたが、アトラクション的なものはほとんどやらず。

羊さんの小屋は入り口からはかなり遠く、坂道もきつかったですがやっとたどり着き、おやつをあげました。

↓の写真の右側に写っているのが羊さんのいる小屋。

そして笑顔の羊さん。

そう、こうやっていろんな動物に直に触るんですが、園内のいたるところに子供の高さの水道があり、石けんも置いてあって、手洗いが楽でした。いっぱい手を洗いました。

そしてそして、スーパーでイチゴを買って食べさせて、どうやって出来るんだろう???

と子供らに想像させて…と、イチゴ狩りへ行く準備を周到に進めていたにもかかわらず、

なんとなんと!

実が少ないということで、イチゴ狩りはやっていませんでした!というオチ!!!

ガチョーン。

 

まだまだ書きたいことはたくさんあるので、また別の記事にも書きますが、

こんな↓良い景色を拝みながら、子供の名前を何度も何度も何度も何度も呼びながら、

ゆっくりゆーっくり歩いて回りました。

山自体が『マザー牧場』なので、けっこうな上り坂があり、帰りはムリー、ってことで、

こんなバスに乗りました(有料)。犬さんバスとブタさんバスがありました。

この『マザー牧場』は何気に歴史があって、なんと開園55周年!

その歴史のなせる技なのか、すべての施設がなんとも、”ちょうどよく”行き届いているのです。

先ほどの手洗い場もそうですが、お手洗いの数が多いこと、ドッグランがあるのでワンさん連れにも嬉しいこと、自動販売機も多いこと、動物にエサをあげられること、参加型のアトラクション(別記事にします!)があることなど、そしてあくまで【牧場】なので、キレイすぎず、かと言って都会っ子が来ても大丈夫なようにはキレイで、とにかく【洗練】されていました。

子連れももちろん多いのですが、ワンさん連れ、カップルや男だけ集団、お年寄りなど、

ありとあらゆる年代の人が遊びに来ていました。

 

そして、なぜ【マザー】牧場なのかというと、

開設者の前田久吉さんという実業家、政治家の方が、亡きお母さんへ捧げるために作ったから、

【マザー】牧場なんだそうです。

この前田さんという方、産経新聞を作った方だったり、東京タワー建設に大きく貢献していたりという、

とにかくたくさんのことを成し遂げた方。

うーん、それにしても、亡き母に【牧場】を捧げられる、って時点で

並大抵の人じゃないですな。

 

自宅から車で約1時間半ほどで着いたマザー牧場。

コテージのことなどはまた別の記事で書きますが、いずれにしてもとにかく、

超楽しかった!

行って良かった!

また行きたい!

 

お出かけサイコー。

 

にほんブログ村テーマ ワーキングマザーへ
ワーキングマザー

↓のバナーをクリックいただけるとブログランキングのポイントが入ります。

登録がなくても、どなたのクリックも対象です。よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

いつも応援いただき本当にありがとうございます。

みなさんの役に立つ記事を書けるよう頑張ります。

RECOMMEND