スポンサードリンク

 

昨日の記事で、
正面から旦那に訴えて、結果とりあえず正解だったことを書きました。

 

しかし私の周りの既婚女性で、

私ほど旦那と正面から戦っている人って少ないなぁ、と思います。

 

いやいやもっと戦っている人もいるんでしょうが、

旦那に遠慮したり、話しても聞く耳を持ってもらえないとか、逆ギレされるとか、
そういう理由で諦めている人が多い気がします。
その『うっぷん』は同性相手に愚痴って晴らす、みたいな。

先日読んだ、↓この本にも書いてあったんです。

 

 

夫婦は男女とも、葛藤を避ける傾向にある。

夫を懐柔しようとはしても、正面きって戦うのは避ける。
(※懐柔=うまく手なずけ従わせること)

 

旦那をうまく褒めておだてましょう、とか
手の上で転がすとか、
そういう指南はよく耳にするけど、

『正面きって堂々と訴えよ』

というのはあまり聞かないです。

 

でも、↑の本でも書いてあったんですが、

子供が小さいうち、子育ての一番テンぱっているときに

夫ときちんと向き合わなければ、夫は子育ての戦友にはならない。

自分が一番大変だったときに助けてくれなかったと、

その先一生根に持って生きていくことになる。

ずっと夫を許すことができなくて、後悔をすることになる。

 

そうなんですよね。

いま、いまこの時期に旦那とやりあわないと、
私は絶対将来離婚することになりそうな気がして、
パートナーとしてずっと助け合って生きていくために、
いま戦いをして、お互いの妥協点のすりあわせをしておきたいんです。

 

もちろん旦那は、私が黙って我慢してひとりでなんでもこなして、
それでも将来もずっと旦那が好きで、寄り添ってくれる、
それが一番都合が良いと思っているんですが、

そんな都合の良い話、

世の中にあるもんではない。

 

しかし、
私が冷静に何かを訴えればちゃんと聞いてくれて、
そして納得できれば素直に受け入れてくれる、
それはうちの旦那のいいところです。

その素直さは、私の見習うべき、くらい素直なヤツです。

人生は、修行ですなぁ・・・

にほんブログ村テーマ ワーキングマザーへ
ワーキングマザー

↓のバナーをクリックいただけると、ポイントが入ります。

そのポイントでランキングが上がる仕組みです。

もはや私のというよりも、読んでくださっているみなさんのブログ。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ  

 

RECOMMEND