スポンサードリンク

 

私の旦那は、個人事業主です。

なので出会ったときから、毎年2月~3月に確定申告の話をしていて、
親も自分もずーっとサラリーマン私は別世界の話のように聞いていました。

そして結婚して、長男を出産して初めて、
医療費控除のために確定申告をしました。

どこで、何の書類をもらうのかさえ知らず、
旦那に馬鹿にされながら、やりました。

 

それから数年、以来毎年確定申告をしています。

先日の確定申告では、初めてFXの収入の申告をし、その分の所得税も納めました。

リアルな友人にも言っているんですが、

 

確定申告、すごく面白いよ!

 

個人事業主の方とかは、事業報告書とかもあるので
大変だと思いますが、
サラリーマンの確定申告は、
源泉徴収からの書き写しがほとんどだし、

なにより、

自分がどれだけ

文句を言わない馬鹿な納税マシーンだったか

思い知らされますよ。

 

なにを隠そう、いや、
誰も隠してないけど、当人が気づいていないんです。

サラリーマンて無知な納税マシーン以外の何者でもありません。
(そうじゃない人もいるかもだけど)

 

自分もそうだったのでよくわかるんですが、
自分が何にいくら払っているか/納めているか、
無関心で、何も知りませんでした。

 

この話を聞けば、それがよくわかるんですが、

個人事業主や無職者が加入している【国民健康保険】は、

既に破綻しています

加入者の払う国民健康保険料では、
加入者の医療費は、負担し切れていません。

では誰が負担しているか。

 

サラリーマンの社会保険料、そして税金です。

 

サラリーマンの社会保険料、最近毎年ちょっとずつ上がっています。

それすらも、サラリーマン当人たちは、知らないし、興味もありません。

 

サラリーマンの社会保険料は会社も半分負担している、
というところが、隠れ蓑になっていますね。

国民年金に加入している有職者たちは、
サラリーマンではないので、自分の払う保険料や税金には敏感です。

 

しかし、サラリーマンは鈍感です。

国としたら、お金は取りやすいところから取りたいものです。

だからサラリーマンの保険料を気づかない程度に
ちょっとずつ、ちょっとずつ上げるんです。

先日の確定申告で、知人の申告を手伝いました。
彼女も無事、申告を完了しましたが、

「え!私、こんなに保険料払ってんの?」

と言っていました。

 

そうです!払ってるんです!

 

確定申告、

別世界の、ただただ面倒で関わりたくないものだと思っていませんか?

 

医療費控除
ふるさと納税
株、投資信託やFXでの収入

ローン控除や生命保険控除は会社がやってくれますが、
サラリーマンでも確定申告デビューをするきっかけはあります。

 

そんなときはぜひ、面倒なことだと思わず、
お金のことを学べるチャンスだと思って、
あなたの抱える「なんで?」を掘り下げて調べながら、
チャレンジしてみてください。

税金が複雑なのは、いろんな人の思惑が複雑に絡み合っているからです。

実際やってみると、意外に面白いですよ!

 

にほんブログ村テーマ ワーキングマザーへ
ワーキングマザー

↓のバナーをクリックいただけるとブログランキングのポイントが入ります。

登録がなくても、どなたのクリックも対象です。よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

いつも応援いただき本当にありがとうございます。

みなさんの役に立つ記事を書けるよう頑張ります。

 

RECOMMEND