Sponsored

 

ブロッコリーが好きです。

美味しいし、栄養価が高いらしいし、必ず冷蔵庫にあります。

我が家の食べ方はこれ。

茹でずに、レンチンして、

そしてケンタロウ氏の『ブロッコリーのカレーマヨ和え』というレシピです。

写真の器はこれ↓です。

 

いまは子供らはカレーが辛いと言って食べないのでもっぱら大人用ですが、

もう少し大きくなったら食べれるでしょう。

 

無数に芽吹いた蕾を食らうという、よく考えたらむごい行為に、

命をいただきながら生きながらえる命に、しばし思いを馳せます。

虫を皮切りに、長男もそろそろ興味が芽生え始め、

虫が虫を食べること、私たち自身も生きている動物や魚、野菜を食べることを、

徐々に話し始めています。

子供の成長に合わせ、経験して欲しいこともレベルアップしていきます。

 

姉の話です。

姉はとにかく、気づいたらいつも何かを作っている子供だったと、母が言っていました。

お菓子の空き箱とハサミとテープを渡せば、ひとりで黙々と何時間も遊んでいたそうです。

しかし母にとっては初めての子。

姉が育つうちに、あまりにも外で友達と遊ばないことが心配になりました。

放っておくずーっと家でひとり、工作をしていた姉を、

母はしばし、「お友達と遊んできなさい」と家から追い出したそうです。

 

追い出された姉がどうしたかというと、

友達の家に行くのではなく、

自分の家の周りをひとり、ぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐる、走り回って時間をつぶしたそうです。

しばらくして家に帰って、また作ったり描いたり。

ある時は、嫌がる姉を「きっと楽しいから」とボーイスカウトのキャンプへ行かせました。

小学校高学年だった姉は、「早く帰りたい」という思いしか覚えていないそうです。

小さい頃は友達付き合いに興味がなかった姉も、

放っておいても普通に友人のいる、まともな大人になっています。

 

大学受験に際しては、100万オーバーの大学受験教材が、姉に買い与えられました。

それをよそに姉は、教材には手を付けず、指定校推薦で私立6大学のひとつに受験をせずに進学しました。

 

対して次女である私には、両親は特に干渉しませんでした。

しつけはちゃんとされました。

しかし、こちらの要望なしに何かをさせたり与えたり、ということはありませんでした。

 

何が言いたいかというと、

長子に対する親の『サポート』の空回り具合です。

 

いまになると、母の気持ちはよーくわかります。

長男はとにかく、なにもかもが、親として初めての経験です。

 

『あくびを3回する前に寝かせたいところです』という本の内容を真に受けて、

長男があくびを1回しようもんなら、

「ね、ね、ね、ね、寝かせないとっっ!!!」

と鬼の形相で寝かせようとしていた私がいます。

長男の寝そうな時間に合わせてお出かけができないと、

それだけで焦りが生じました。

次男なんて、勝手に寝るまで放っておきます。

というか、長男もいるので必然的にそうなります。

 

長男の時は、離乳食のために白菜まで裏ごししていました。

『白身魚』と言われたので、自分たちのためにも買わないような高い値段の

白身のタイの切り身を買っていました。

次男はよく食べるサツマイモをつぶして、あとは長男のを分け与えたり、

市販のものを混ぜたり、適当でよく覚えてもいません。

 

あっという間に長男も、再来年には小学生です。

私もきっと、母のように空回りするでしょう。

でも、これだけは気を付けようと思っています。

 

良かれと思って無理強いしないこと。

自然体験は無条件に子供に良いと信じて無理にやらせる。

友達と遊ぶことは無条件に良いと信じて無理に遊ばせる。

気を付けないとついやりそうです。

 

失敗や後悔をすることも子供の権利。

その時に必要な最低限の助言をしながら、

できるだけ本人に選ばせようと思っています。

余談ですが、【選択】は【アート】だそうです。(=The Art of Choosing)

選択すること、それ自体が【アート=芸術】であり、

【アート】には目的も何もなくて、【アート】それ自体が目的です。

 

しかし、いくつになればどの程度わかるのか、

それが長男の時にはわからないので、

これからも空回りはいずれにしてもするんでしょうな。

 

 

↓のバナーをクリックいただけるとブログランキングのポイントが入ります。

登録がなくても、どなたのクリックも対象です。よろしくお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

いつも応援いただき、本当にありがとうございます。

本当は不安でたまりません。

 

【お知らせ】

『ワーキングマザー3.0』有料会員募集中です。

お金相談やメルマガ、ワークショップにイベントなど、ワイワイしてますのでぜひ寄ってみてください。

詳細・ご登録はこちら

 

コメント一覧
  1. とら より:

    私も長子ですが、三人子供がいて親も余裕がなかったのか、ことごとく放置されて育ちました。結果なんとかなってるんでそれで良かったのかもしれませんが、もっと色々アドバイスなり、関与してくれたらっていつも思ってました。

    二人目以降は上がいるので参考事例があり、親が関与しなくてもなんとかなります。でも長子は全く情報がないなか、自分で解決しなくちゃいけない。ぼーっとした子どもだったので、いつもひとりで対応するのが大変でした。

    とはいえ、私も都合のよいように記憶を差し替えてる可能性もあり、経験談って怪しいんですがね…

    • みゆき より:

      とらさん、あれあれ、そうですかー。
      確かに結果は大抵の場合なんとかなるんでしょうね。
      でも、子供のころの親からの【アドバイス】で心底ためになったものって、あんまりない気が…
      親のアドバイスは成人してから効くって言いますしね。
      確かに第二子以降は、上の兄弟がある程度基準にはなってくれますよね。比較対象というか。
      いや~でも、人それぞれ、子供もそれぞれですね。

  2. mitade より:

    一人しか子供がいない一人っ子はどうしても過干渉になってしまいますかね。。
    うちは一人っ子ですが、なにかと、ちょっとしたことで、「ひとりっ子だから~、」「ひとりはね~、これだからわがままに…」とか、「あの子もひとりっ子だし(甥っ子のこと)、やっぱりひとりっ子は…」など、両家からことごとく言われて、ものすごくストレスで、またそれが子供にむいてきているみたいで、自分で気を付けてはいるんですが。
    ひとりっ子だからと言われないように、ほらあれしなさい、こうできるようになりなさい、また言われるよ!など、やっぱり子供のくびをしめているようで、自分の育児を見失いそうです。
    悪循環。。

    • みゆき より:

      mitadeさん、このコメントをきっかけに、記事が書けそうです。
      ひとりっ子だからどうなるって、立証されてないそうですよ。
      ひとりっ子だからどうというよりも、mitadeさんだから、mitadeさんのお子さんだから、ということですよ。
      気にしない、気にしない。
      都市伝説には惑わされないことが大事ですー

コメントを残す

RECOMMEND