Sponsored

 

キョエエエエエェェェェェーーーー

武者震い武者震い。

 

当初から、ぼんやりとしたイメージはあったのですが、うんうん考えてやっと、

なんか形?的な?概念?みたいな?ものができました。

できてしまえば大したことはないんですが、できるまでがなんか、

産みの苦しみ?子供は2回産んだことはあるけど、

精神的にこれほどの物を産んだのは自分的には初めてです。

 

始動、します。

これから、長い上り坂がしばらく続きますが、仲間と一緒に楽しみながら登っていきたいと思います。

戦前、日本はまだ工業化の前。

日本人のほとんどは、農業に従事していました。

そのころの日本人は、男だろうが、母だろうが、父だろうが婆さんだろうが、

子供だろうが、とにかくみんなが土と共に働いていました。

みんなが働いている中で共に働いていた【母】たちを、

あえてワーキングマザーと定義する必要はありませんでした。

だってとにかくみんながいつも働いていたから。

その時代の【母】たちを、『ワーキングマザー0.0』

 

戦後になり、工業化が進むにつれ、様相は変わってきます。

男や父たちは勝手に仕事やお金儲けに夢中になり、

妻も子供も放ってがむしゃらに働き始めます。

貨幣社会が加速し、お金を稼ぐ、お金を使う、ことで世の中が回り始めます。

その当時の【母】たち。

24時間働く男と、24時間家庭を守る女という組み合わせが大多数の中、

家族を顧みない夫に不満を言うこともできず、

女性の地位どころではない混乱の時代の中で、

それでも働いている女性はいました。

『保育園に子供を預けてまで働くなんてかわいそう』

『3歳児神話』が横行し、

家庭以外で働く母への風当たりはいまよりもずっと厳しいものでした。

文字通り歯を食いしばり、人知れず汗と涙にまみれて、それでも自己実現を諦めずに

仕事を離さなかった女性、母たち。

そんな時代の【働く母】たちを、『ワーキングマザー1.0』

女性が会社や社会で働くこともずいぶん一般的になってきて、

日本社会、経済も落ち着きというか成熟というか、いわゆる停滞期に入り、

【母】たちはどうしていたかというと、

やはりここでも、歯を食いしばって踏ん張っています。

世の中は徐々に、専業主婦が贅沢の一種になる時代。

この時代にもなると、働く母の中にもエリートの存在がチラホラ。

ベビーシッター、両親のサポート、家事代行を総動員し、

でも旦那には期待できず、働く母ひとりの力にアウトソーシングを加えて

最大限にレバレッジを利かせて、ただでさえ優秀な女性がものすっごい頑張って、

『男性並み』に働くことで自己実現を果たす人が出てきます。

そんなごく一部の優秀、かつ頑張り屋さんの女性が母になったバージョンを、

『ワーキングマザー2.0』

 

もうすぐ東京オリンピック。

『セクハラ』『パワハラ』『マタハラ』

言葉の力を得て、弱い立場が虐げられる現状が露になり、

弱い立場にいる本人たちも声を上げ始め、働く母の認知度は確固たるものに。

しかしここへきて、『男並み』に働くことに、

女も、そして当の男たちでさえも疑問を感じ始めています。

スーパーウーマンのようには頑張れないし、頑張りたくもない、

でも、子育ても、仕事も、両方諦めたくない。

そんな『普通の』女性である母たちの存在感が増す中で、

働く母像も多様化が進みます。

頑張りたい人が、頑張りたいだけ、好きなように頑張れればいい。

専業主婦がしたいならそれもよし。

バリバリ働きたいならそれもよし。

どっちも程よく楽しみたいならそれもよし。

そんな風潮にはなっているのに、社会や人々の意識が追い付いていないので、

働く母たち個々の状況を見ると、それぞれに大きなジレンマを抱えています。

そんな『いま』を生きる働く母たちを

『ワーキングマザー3.0』とさせていただき、

ともにより良い、より快適な近い未来のために、

問題や障壁をひとつずつつぶりしたり、単純に楽しいことを一緒にしたり、

そのためのネットワークというか、クラブのようなものを立ち上げようと思っています。

 

この『ワーキングマザー3.0』という概念の元、

いろんなプログラムや催し、情報交換を、グルグルグルグルと回して、

ま、とにかく母ちゃんと子供たちが、もっと楽しく元気に、幸せに、

そして自由に暮らしていければと考えた次第です。

 

ひとりの問題は社会の問題。

子供を産んだのは自己責任だと突っぱねられて、

でももっと産めとプレッシャーをかけられて、

でも労働力が足りないから働けと言われたと思ったら

保育園はないけどね、と言われて、

もうどうにでもして、と思いながらも、

でも日々の子供たちの可愛さは目の前にリアルに存在し、

ときにその子供たちがストレスの元凶となる。

そんなモミクチャの母ちゃんたちと、一緒に何かしたい。

そんな思いが溢れてしまって、ついに会社を辞めてしまいました。

 

これを書いている横では、お熱を出した次男が昼寝をしています。

私には私の、望む子育てと仕事のバランスがあり、それを実現するための退社でもありました。

 

そして7月初旬、最初のワークショップを開催予定です。

これを皮切りに、参加者の声を聞きながら、ワークショップや、このクラブ自体を

どんどんブラッシュアップしていって、途中からなんだかシッチャカメッチャカになっても、

ま、みんながハッピーならいっかな、みたいな気分です。

拠り所はこの理念。

母ちゃんと子供たちが、もっと楽しく元気に、幸せに、

そして自由に暮らしていければいいな。そんだけ。

いまはまだ、お伝えできることはここまでです。

日々計画を練って、発表できるタイミングでどんどん発表していきます。

途中コケても、うまくいくまで諦めません。

ひとり、ふたり、と人を雇えるように頑張っていくつもりです。

ときに不安にもなりますが、なんとかなるっしょ。

 

また寄ってね~

 

 

↓のバナーをクリックいただけるとブログランキングのポイントが入ります。

登録がなくても、どなたのクリックも対象です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

最後までお読みいただきありがとうございます。

ひとりでできることには限りがある。

 

【お知らせ】

『ワーキングマザー3.0』有料会員募集中です。

お金相談やメルマガ、ワークショップにイベントなど、ワイワイしてますのでぜひ寄ってみてください。

詳細・ご登録はこちら

 

コメント一覧
  1. はっつん より:

    相変わらず、毎朝通勤の電車で見るのを楽しみにしてます。
    説得力があり、働くお母さんとこどもへの愛に満ちたみゆきさんのブログにいつも力もらってます。

    今仕事で行き詰まりを感じてます。
    上長が変わり、干されてるわけではないけど、期待されてないのを感じ、新しく責任ある仕事を振ってもらえず評価もされない、、的な。

    そろそろ2人目考えてるし淡々と自分の役割をこなせばいい、という気持ちと、つまらない気持ちで悶々としてます。
    今は悩みながらも、与えられた仕事を期待以上に応えられるよう、頑張りつつ、自己啓発にも取り組む時かな、と考えたりしてます。

    コメント欄で悩みぶつけてすみません(笑)

    7月のワークショップ、どんなワークショップなんだろう、と今から楽しみにしてます!

    • みゆき より:

      はっつんさん、ありがとうございます!私だって、はっつんさんをはじめ、みなさんのコメントにどれだけ力をもらっているか。
      こういう双方向の『力』を、ネットワーク化したいと思ったんです。

      行き詰まり…なるほど、なるほど。すっごくよくわかります、その感じ。
      仕事はしたいんですよね、ガリガリ。でも残業はできないし、ブラックに働きたいわけじゃない。
      でもやっぱり、『やりがい』ってベタだけど欠かせないものなんですよ。
      「その仕事が好き」×「その仕事が得意」×「その仕事が求められている」=「やりがい」という方程式だそうですよ。

      7月のワークショップは、今晩の臨時更新で告知しますので、はっつんさんもお時間あればぜひ会いに来てください。
      私の「会いたい人リスト」にいらっしゃるので、いつかは…

  2. mco より:

    拠り所の理念、素晴らしいですね。
    四月より次男を保育園に預けて働き始め疲れとストレスがピークなのか昨日録画したプロフェショナル、仕事の流儀の家政婦の方の話を見ていたら何故かボロボロ涙が止まらなくなっていました。
    (恐らくその中でも働く母に寄り添って…、みたいな内容だったからだと思いますが…、というか父親の存在は番組の中で全然出てこないんですよね。)
    ワークショップ、報告楽しみにしています。

    • みゆき より:

      mcoさん、ありがとうございます!そう言っていただけるととても嬉しいです。
      プロフェッショナルの話、ほかの皆さんにもなんだか話題ですね。。(み、見逃した…)
      ふたり目(?)で復帰、ってまた大変ですよね…ひとり目とも違う、前に一度復帰したことがあるから大丈夫、と思っていたのに、
      んー…なんだか…という感じでした、私のときは。
      忙しいというか、せわしなくてクルクルしていました。
      ワークショップ、こちらもお会いできるの楽しみにしていますね。

  3. megumeguta より:

    このままの働き方でいいのか?と疑問を持ち始めていた矢先(というか昨日)みゆきさんのブログに出会いました!
    率直な物言いと、絶えず勉強する姿勢、行動力、どれも心に響きます。すっかりファンになってしまいました。
    これからワーママ3.0始動されるとのこと、
    めっちゃ応援します!
    私もできることから、いろいろやってみよっと。

    • みゆき より:

      megumegutaさん、おお、こういうタイミングで当ブログの存在を知っていただくとは。。何かの運命ですかな…(ニヤリ…)
      しかもTwitterもフォローしていただいて、ありがとうございます。
      Twitterではまた違う性格(?)だと思いますので、いずれもお楽しみいただけると幸いです。

      このままの働き方でいいのか?と疑問を持ち始めているということは、
      なんだかつい数年前に自分が思っていたことなので、とても親近感がわきます。
      いまの職場でポジションを変えるなり、転職するなり、同じポジションでも心持を変えるなり、
      そろそろ定年=子供たちが大きくなるころを見据えたりし始めますよね。かと言ってお金も必要だし。
      できることから、ですね。私はそういう場合、どうしても本を読み始めちゃう人なんですが、
      そういうのももっとブログで紹介していこうかな、働き方を変えたい人がそんなにいるとは思っていなかったので、そこまで積極的に紹介はしていなかったのですが。

      また引き続き、お時間あるとき寄っていただけたら嬉しいです。

  4. little.pig より:

    毎日更新されてるので、仕事のある日もない日も欠かさずブログチェックしていました。
    今までコメントしたことはなかったのですが、遂にワーキングマザー3.0を始動させるとのこと。
    楽しみと不安でいっぱいだと思いますが、頑張って軌道に乗せて下さい!応援しています!

    • みゆき より:

      little.pigさん、コメントありがとうございます。
      そして毎日ブログをチェックいただいていたとは、嬉しいです。ありがとうございます。
      そうなんです、楽しみと不安でいっぱいなんです。応援いただけるとは光栄です。
      力の限り頑張ります。
      そうなのです。楽しみと不安でいっぱいです。自分でも書いたのですが、「やる必要ないのにやっていること」
      これがまさにその最たるもので。こんなことしなくたって、会社員として普通に働いていれば毎月定期収入があったものを、
      自分で始めちゃったなー、とたまにふと思います。
      でもここに私はやっぱりいるし、これがやりたかったんだよな、とまたすぐ思って、楽しくなって、そんで不安になって、
      という感じです。刺激的で、やっぱり楽しいです!

  5. あや より:

    はじめまして!
    都内在住、8▪5▪2歳の子育て真っ最中のワーママです。

    共感できる記事や、フムフムと勉強になる内容が多く、会社の昼休みにこちらのブログにお邪魔しています。

    我が家はほぼワンオペ育児で日々モヤモヤ…
    上の子の学習フォローやPTA活動、習い事の送迎、週末の過ごし方の提案も私ばかりです。

    今の状況に慣れと夫への期待をやめて、時間が解決してくれるのを待つしか無いのかと半ば諦め気味です。

    みゆきさんの新たなスタート、応援しています!
    7月のワークショップ、詳細告知を心待ちしております。

    • みゆき より:

      あやさん、コメントありがとうございます。
      3人ですかぁ…すごいなぁ…子育ては3人目からが本番、と聞いたことがあります。
      お昼休みに寄っていただけているとは、あやさんのランチのお供ができているとは光栄です。
      なるほどワンオペですな…パパになって8年経っても、なかなか難しいものなのですね。
      でも諦められるのもまたすごくて、旦那さんにはそれをしのぐなにか魅力だったり、良いところだったりが、あったりするのかもしれませんね。
      なかったらこれまた大変なのですが、あやさんからそこまで険悪な空気は出ていないので、うまくいっている部分も大いにあるのかな、と勝手に推測しております。
      私のスタート、応援いただいてとても心強いです。
      ワークショップも、もしご都合つけば、お会いできると嬉しいです。
      引き続き、お忙しいと思いますが、お手すきの際にはまた寄ってください。

  6. ようこ より:

    ワークショップ何するのだろう❗
    期待‼
    楽しみ‼

    退職されたらランチでもと思ってたけど、みゆきさん、忙しそうですねー⁉
    子連れで我が家で飲みでもしたいとこです(笑)
    色々話したい➰

    他の方のコメントにあるドキュメント番組 仕事の流儀、私も見て泣きました
    泣いちゃうワーママ多いと思うんですよね

    みゆきさんは、わたしたちワーママの泣いてしまうような思いを社会に届けてくれる人だと思います
    起業の準備、頑張ってください

    • みゆき より:

      ようこさん、ランチ、ぜひ行きましょう!と思って私もなかなかお声がけするタイミングを逃していました。
      私もそれなりに忙しいですが、ようこさんも忙しいだろうとも思ったり。
      子連れで家飲みも相当に魅力的ですな、でも男子だからなー…獣のようだからな…ようこさん宅のお嬢様たちとでは、大丈夫かな…

      ワーママの泣いてしまうような思いを社会に届ける、ってなんだか重要な任務ですね。
      でもまさしく、私がやりたいことのような気がしています。
      頑張ります!ありがとうございます!

  7. つむぎ より:

    みゆきさん、いよいよ始動なのですね!PC画面越しに拍手を送ります。
    私はワーママになって10年ですが、その間に仕事も働き方も変えてきましたが、ずーっと心のどこかで抱えている「望んでいるのはコレジャナイ感」。
    かといって、自分が何を望んでるのか、本当はどうしたいのか、日々の忙しさに紛れてしまって立ち止まって考える時間もなく。
    そんなことを見つけるヒントとか機会とかがもらえるかも?と思い、素晴らしい行動力で起業されたみゆきさんの、ワーキングマザー3.0の活動に勝手に期待させていただきます。
    「モミクチャの母ちゃん」の一人として、応援しています!

    • みゆき より:

      つむぎさん、ありがとうございます。画面越しの拍手、確かにいただきました。
      「望んでいるのはコレジャナイ感」わかるような気がします。
      それぞれ状況は違うと思いますし、ワーママ歴10年の猛者と比較するのは心苦しいですが、私にも似たような感覚があります、というか、ありました。
      いまは確かに、それはないですが…
      つむぎさんなりの、本当はどうしたいのか、何を望んでいるのか、もし近いうちに見つけられたら、見つけるお手伝いができたら、
      それはそれは私にとっても素晴らしいものになると思います。
      モミクチャもモミクチャだと思いますので、ぜひ一緒に、何か心の中での動きを起こせるようなことを、起こしてみませんか。

  8. さつこ より:

    ずっとずっと、どんな仕事で独立されるんだろう…とワクワクしておりました!
    きっと、私たち3.0が足跡を残せることってあると思います!
    私も昨日、会社の子育て両立ダイバーシティのキックオフミーティングにTV会議で参加しました。
    私も今年はもがきます‼︎
    みなさんコメントされている仕事の流儀、私も見ました!
    何だか震えました、そして録画を保存しました。
    遠く四国から応援してます、そしてネット環境で参加できる機会があったら絶対参加しはます‼︎

    • みゆき より:

      さつこさん、ありがとうございます!
      そうなんです、私たち3.0なんですよ。
      そうでした、そうでした。両立ダイーバーシティのムーブメントに参加されると伺っていましたね。
      今年はもがきます、か…すごいですね。熱を感じます、熱を。
      そういう熱が、たまらなく好きです。鳥肌が立ちます。
      ネット環境で遠方から参加できる仕組み、きっと導入します。
      そして東京以外での開催もします。その際はぜひお会いしたいです。
      さつこさんのもがき、そしてきらめきも、きっと素晴らしいものになるんでしょう。
      お互い頑張りましょう。

  9. さと より:

    少し前に、なんか毎日綱渡りだなぁと思って「ワーママ 毎日が綱渡り」で検索した際、こちらのブログに出会いました。それ以来、んあ”ー!ということがあると、自分の気持ちを代弁してくれるみゆきさんの言葉にスクショを連発しながら、いつも助けられています。
    ワーキングマザー3.0 地方からですが応援しています。

    • みゆき より:

      さと様、コメントありがとうございます。
      さとさんのように、検索いただくキーワードもたまにチェックしております。
      さとさんの気持ちを代弁できているかわからないのですが、みなさんのなんらかのお役に立つような記事が書けたらいいな、と思いながら日々書いております。
      応援ありがとうございます。頑張ります!

コメントを残す

RECOMMEND