スポンサードリンク

 

ドキドキ、ドキドキ、ドキドキ、ドキドキしながら、

上司に退職の意を伝えました~!キャーッ!

 

ちょうど新しい担当決めの話を振られたので、

 

「あの~ちょっとだけお時間いいですか?デヘヘ…」

 

と個室へ誘い出し、伝えました。

 

この上司は、↓の記事でも書いた、

相性はそんなによくないけど、素晴らしく有能な女性ボスです。

 

話せばわかる人なので、

退職したい理由や、今後どうする予定なのか、について聞かれて、

7割は本当のことを話しました。

 

すると、

 

「うーん…でもなぁ、いまはまだ難しいなぁ…人いないしなぁ…

3月末ころまでは無理かなぁ…」

 

 

 

 

 

 

 

 

ガビョーン…

 

 

3月末は、長すぎるwww

 

 

 

 

ま、一度決めてしまえば判断の早い人なので、

もう少ししたらまた、

 

「あの~…デヘヘ…」

 

と声をかけて、なんとか2月のどこかで抜け出したいと思っています。

 

 

この時上司が言っていたのが、

いま30歳前後の社員の育ち具合次第だということでした。

 

私の円満退社は一旦置いておきますが、

私がいまの会社に入社したのがちょうど30歳頃でした。

 

今のチームとは違うチームで、違うお客さん相手に、

違う上司と仕事をしていました。

 

そしてこの上司が、格別に相性の良い上司でした。

いまは別の会社へ移ってしまいましたが、いまでもたまに連絡を取ります。

 

日本人なんだけど外人のような、女性上司でした。

いわゆる、『言いにくいアドバイス』を愛情を持ってしてくれる人でした。

 

部下である私との間に信頼関係を築いてくれていて、

その上で、本当に私のためになるアドバイスをしてくれました。

 

言葉遣いのこと

服装のこと

お客さんに謝るタイミングのこと(早いに越したことはない)

真摯に逃げずに仕事をする姿勢(でも適当に手を抜いて良いところも)

 

いま考えると、いまの私の仕事のやり方は、

彼女の影響がかなり強い気がします。

 

30歳くらいってちょうど、

 

『私ってば、それなりに仕事できちゃうし~

責任感だって強いし~』

 

天狗になっている時期です。

 

そんな時に心に届く『言いにくい』アドバイスをしてくれる上司の存在って、

すんごくありがたいというか、運が良いことで、

 

いま30歳ころの彼女たちにとって

私がそんな存在になってあげられないのが、

オバチャンとしては心苦しいところもあります。

 

私はそんな度量もないし、愛情もない。

そして役職もないwww

 

仕事って、一度どこかで、

 

『私なんか、まだまだなんだな~

この人すごいな~

この人に言われるとすんなり聞けるな~』

 

と思える人に出会って、いろいろ教わって、

そんでやっと一人前への階段を昇るというか。

 

それが30歳頃なのが、遅いのか、早いのかはわかりませんが、

20代のころは許されていたことが

30代にもなると許されなくなって、

 

『まだ若いから』

 

では片付けてもらえなくなって、

 

『仕事できない人』

 

のレッテルを貼られてしまうのか、そんな感じで。

業界によって違うもんなのかな。

 

 

 

いや~…いずれにしても、

会社を辞めたのは10年前が最後なので、

 

『会社って、どうやって辞めるんだっけ…』

 

って感じです。

 

心は決まってしまったので、なるべく早くおいとましたいです。

 

【お知らせ】

『ワーキングマザー3.0』有料会員募集中です。

お金相談やメルマガ、ワークショップにイベントなど、ワイワイしてますのでぜひ寄ってみてください。

詳細・ご登録はこちら

7/21(土)『ワーキングマザー的 お金と人生に効くワークショップ』

まだ残席ございますので、こちらもぜひのぞいてみてください。

詳細・ご登録はこちら

 

 

↓のバナーをクリックいただけるとブログランキングのポイントが入ります。

登録がなくても、どなたのクリックも対象です。よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

いつも応援いただき本当にありがとうございます。

みなさんの役に立つ記事を書けるよう頑張ります。

 

RECOMMEND