スポンサードリンク

 

仕事の引継ぎのため、30歳女子と話す機会が増えました。

普段私は、仕事の移動時間はわざとひとりで移動します。

一緒にミーティングに行く同僚がいても、

「ちょっと買い物してから行くので先に行きます」

と言って、ひとりで行きます。

 

なぜかというと、移動時間を有効に使いたいから。

つまり、本が読みたいから、です。

移動時間は片道で1時間。

同僚と移動すると、特に話したくもない話をして1時間が無為に過ぎてしまいます。

しかし1時間もあると、結構本が読めます。

 

もともと好きな同僚、話していて楽しい同僚なら、一緒に移動するんですが、

そうでもない人、話が合わない年代の人もいます。

そういう人と無理に一緒に行く必要はないんだな、とワーママになってからは

この方式を取っています。

 

しかしいま引継ぎをしている女性は、うーん…お話し好きなのかな。

移動中にいろいろ質問させてください、という感じで、別行動を言い出せず…

 

結局なんだか、一方的に彼女の人生に対するモヤモヤを聞かされることに。

仕事ばかりしていてはいけない気がする。

子供が生まれたら仕事より子供に比重を置きたい。

主にそのふたつの間をぐるぐると行ったり来たりしながら話していました。

 

いま34歳彼氏なしの彼女に、

「産むなら早めに…」と口をはさむ隙がありませんでした。

 

彼女のことはちょっと置いておいて、

30代独身、子なし女性のことを【負け犬】とした↓の本が出たのが2003年。

 

15年がたったいま、私は既婚40代子持ち女となりました。

 

となるとですね、こんな問いが浮かびます。

 

 

30代未婚子なし女性が【負け犬】なら、

私は勝ち組なのか?

どうですか?そこのあなた。あなたもお子さんいますか?

勝ち組の自覚、ありますか?

 

人は、ひとり残らず【お母さん】から生まれるのに、

私たちの前には何代も何代も、【お母さん】がたくさんいたのに、

【お母さんの型】は決まって私たちに、

『子供のために自分を犠牲にする美しい母性愛』を求めてくるのだということ、

今回の『あたしおかあさんだから騒動』からも思い知りました。

 

『#あたしおかあさんだけど』に始まり、

『#あなたおとうさんなのに』に派生し、

『#おまえおとうさんだろ』といじくり倒されているのがリアルタイムで追えて、

興味深かったです。(Twitter初心者)

 

子供がいたり、いなかったり、

結婚したり、しなかったり、

日本人だったり、外国人だったり、

LGBTQだったり、

多様化が進めば【型】はどんどん曖昧になって行くんだろうけどね。

(酒井順子さんは2003年時点に、そういう意味で問題提起するために、

あえて【負け犬】と辛らつに表現することで認知度を高めたんですな。すごいな~かっこいいな~)

 

 

↓のバナーをクリックいただけるとブログランキングのポイントが入ります。

登録がなくても、どなたのクリックも対象です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

最後までお読みいただきありがとうございます。

ひとりでできることには限りがある。

 

【お知らせ】

『ワーキングマザー3.0』有料会員募集中です。

お金相談やメルマガ、ワークショップにイベントなど、ワイワイしてますのでぜひ寄ってみてください。

詳細・ご登録はこちら

 

コメント一覧
  1. ひな より:

    2人の子持ちワーママです。
    私は内勤なので移動時間は無いですが、ランチは専ら1人で取って読書や家の雑用の時間に当ててますよ!
    (前におススメされてた 入門本を読んでFXも始めたのでその時間にもあててます)

    子持ちが勝ち組か、、難しい所ですが
    私は欲張りなので、仕事も家庭も子供も全て手に入れたかった、そして、現在 全て手に入れてます。
    とりあえずは、満足です。
    でも、子育てをしながらの仕事で自分の時間も体力も精神力も削られてるのも現状ですね(笑)

    まぁ、個人的には自分の望む物を手に入れてる方が勝ち組なのかな、、っていう結論です!

    • みゆき より:

      ひなさん、コメントありがとうございます。
      FXも始めたとのこと、スバラシイ!!!でもくれぐれも、ルールは守ってくださいね。あの方法は、ルールを守らないと一瞬で死んでしまいますからね。

      私もひなさんと同じで欲張りなので全部手に入れたくて手に入れたのですが、やってみるといまはこっちのほうが負け組だと思っています。
      時間がなさすぎで、保育園入れない人とかもいて、かつ働いているのだから家計も相応に負担して、自己犠牲はなはだしくて罰ゲームみたいです。
      本来であれば、どっちが負けでも勝ちでもおかしくて、どう生きても勝てる社会でないとおかしいんですよね、と思っているのです。

  2. ようこ より:

    わたしも、欲張りなのかなぁと思いますが勝ち組だとは思いません。
    でも、本当は欲張りなんかでなく当たり前なんですよねぇ。だって、全部ほしいもの。国も産めよ働けよって、それを推奨してるはず。

    今日放送の深きょんのドラマがそんな題材ですね

    • みゆき より:

      ようこさん、ですよね。当たり前のことをしているだけなので、勝ちも負けもないはずなんですよね。
      それは未婚だろうが、子供いなかろうが同じで、したいように生きるだけで、勝ちとか負けがある時点でなんか違うんですよね。

  3. とら より:

    少なくとも勝った気持ちは全然しないですねぇ。
    結婚した時は単に可能性が広がったようでうれしかったのですが、
    妊娠した後は身体の不自由さに弱者の気持ちを嫌というほど味わいましたし、
    出産した後はもうずっと自分が後回しですね。
    いろんな選択肢がありましたが、
    どっちもありなんだなとわかったことが、収穫のひとつでしょうか。
    勝ち負けどうでもよくなってきますね、確かに。

    • みゆき より:

      とらさん、そうなんです。私は実は独身時代、若干負けてると感じていたんですが、いざ結婚して産んでみると、ぜんぜんそんなことないな、というか、
      そういう問題じゃないのね、と気づいたんです。
      確かにおっしゃる通り、どっちもありだと実感できたことは収穫のひとつかもしれませんね。
      結婚するまでは少なくとも、そこは分かりませんでしたね。

コメントを残す

RECOMMEND